学生のブログ

  • Guidance on Scholarships

    2020/05/20
    新入生の皆さん、こんにちは。 今回は奨学金についての解説動画です。うちは裕福だから関係ない、という人は恐らく観ないでしょうからひとつだけ説明しておきます。 家計を支える方が「病気・死亡・死別または火災・風水害による被災等」で家計を支えることが急に出来なくなることを「家計急変」と言います。そうなったら、直ぐに学生センター経済支援担当に相談して下さい。事務室は2号館1階にあります。 電話番号:03-3238-3523 また、大学公式サイトの「奨学金情報」のコーナーに様々な情報が出ているので必要な人は観て下さい。 https://www.sophia.ac.jp/jpn/studentlife/scholarship/index.html 通常、奨学金に関する連絡は全て Loyola の掲示板で行なわれるのですが、今年はガイダンスが遅れていて新入生の皆さんが Loyola を使えない状態が続いているので、取り敢えずは大学公式サイトに出るお知らせに気をつけていて下さい。相談がある方は上記、学生センター経済支援担当に連絡して下さい。 Please watch the video here: Here is the copy of the PDF. 奨学金について(英語学科)2   英語学科新入生広報担当教員 東郷公徳 email hidden; JavaScript is required<続きを読む>
  • Announcing Issue 5 of Angles: A Journal of New Writing

    2020/05/19
    The Department of English Studies is excited to announce the fifth issue of Angles, a student journal of new writing, published in March of 2020. Over the course of five issues, the editorial team at Angles has published more than 100 pieces of student writing. During that time, a dedicated group of student editors worked to gather material, consult with writers, and design and layout the journal for printing. The fifth issue is our largest, most ambitious issue yet! It contains more than twenty pieces of writing that span a variety of writing genres, including personal essays, senior thesis excerpts, as well as fiction and poetry. Angles endeavors to be <続きを読む>
  • Guidance on Class Registration

    2020/05/12
    履修登録ガイダンス動画 英語学科新入生の皆さん、こんにちは! 必修クラスも決まり、時間割を色々と考えているところかと思います。 今回は履修登録の際に気を付けて欲しいことなどをお話しした動画を作成しました。     動画の中でも触れましたが、登録最終日は Loyola へのアクセスが集中して繋がりにくくなります。Loyola にログイン出来なかったので履修登録出来ませんでした、ということになったとしても、それは本人の責任として救済の対象にはなりませんのでご注意下さい。必ず、最終日の前日には登録を終わらせるようにしましょう。 動画で使ったスライドのPDFを下記の上げておきますので、参考になさって下さい。 Link to the PDF 2020英語学科新入生履修登録ガイダンス 不明な点などは、東郷までメールでお問い合わせ下さい。TwitterのDMではなく、メールで問い合せて頂けると助かります。 履修登録はとても重要なので、心配なことがあったら遠慮なく連絡して下さい。 英語学科新入生広報担当教員 東郷公徳 email hidden; JavaScript is required  <続きを読む>
  • Guidance: What to Study-Aim & Area Studies

    2020/05/01
    大学で何を学ぶか 英語学科の東郷公徳です。 今回は「大学で何を学ぶか」というタイトルで、大学で授業を受ける前に是非とも知っておいて頂きたいことをお話しします。 ちょっと長くなりそうだったので、2回に分けてお話ししています。 1回目は、大学で学ぶ目的は何なのか、について東郷の考えをお話ししました。 2回目は、「地域研究とは?」というテーマでお話ししました。外国語学部共通のカリキュラムでは第二主専攻として9つのコースが開設されていますが、そのうち幾つかは特定の地域について総合的に研究することを目指す地域研究のコースです。 多くの英語学科生が履修する北米研究コースやヨーロッパ研究コースもその中に含まれます。それらのコースを目指す人はもちろんのこと、そうではない人たちにも是非、お伝えしたことをお話ししたので、お時間ある時にご覧下さい。両方とも長さは10分以内です。   Here is the PDF for Part I 大学で何を学ぶかA目的 Here is the PDF for Part II 大学で何を学ぶかB地域研究 何か質問などありましたら、東郷までメールを下さい。email hidden; JavaScript is required では、また!<続きを読む>
  • Writing Exercise: Starting Words II

    2020/04/29
    Hello everyone! We’re back with a new list of Starting Words. This exercise, again, comes from Professor Marc Kaufman’s Creative Writing class. Thanks to all of the students who reached out to us, who responded to the first exercise and took the time to write. Starting Words: A 15-minute writing exercise For this exercise, take a look at this list of random words. Which words are you most drawn to? Choose any of the words you see and use them to create a short piece of writing in English. You can write about a single word, or you can write about several words. Maybe one word connects to a memory <続きを読む>
  • Curriculum Explanation For Incoming Students

    2020/04/23
    新入生の皆さん、お待たせしました。 通常であればオリエンテーションキャンプで行なっている英語学科のカリキュラムについての説明を普段よりもより詳しく行なった動画を作成しました。PowerPointのスライドが画面だと見難いところもあるかと思いますが、PDFでスライドのデータも同時にアップしますので、参考にして下さい。   1点、動画の中で説明不足だったことがあります。9つある研究コースから一つを選ぶのは2年生の冬です。それまでは、是非、自分の良く知らない分野も含めて、様々な分野の科目を取ってみることをお薦めします。自分が知らないことを学ぶために大学に来たのだと思いますので、自分にとって未知のことに果敢に挑戦して頂きたいと教員は願っています。 また動画でも紹介している2020年度版の「履修要覧」が上智大学公式サイトにアップされました。 https://www.sophia.ac.jp/jpn/studentlife/risyu/g_youran/index.html こちらも是非、参考にして下さい。 この中で英語学科の新入生に関係するのは、 *履修要覧[ガイド・資料編]全部 *履修要覧[学部科目編]の中の、1、2、3、4、5、12、17です。 皆さんが実際に履修を組むことが出来るのはクラス分けが確定してからになりますが、それまでに学科のカリキュラムについて大まかな理解を共有出来たら幸いです。どうかよろしくお願いいたします。質問があったら、講師の東郷までいつでもメールを下さい。アドレスは、email hidden; JavaScript is required です。よろしくお願いいたします。 解説スライドのPDF 英語学科のカリキュラム Slides  <続きを読む>
  • 上智大学外国語学部英語学科 2020年度新入生向けよくある質問 FAQ

    2020/04/21
    上智大学外国語学部英語学科 2020年度新入生向け よくある質問 FAQ 文責:東郷公德 <授業について> 質問1 英語で行うものと日本語のものはどのくらいの割合ですか? 回答:英語学科の開講科目や英語学科の教員が開講している研究コース科目の大部分は英語で行われています。履修要覧の科目リストをご覧下さい。科目のタイトルが英語で書かれているものは、英語で行われている授業です。 全学共通科目や他学部他学科の授業の多くは、日本語で開講されています。 国際教養学部(FLA)の授業は全て英語で行われていますが、それらの授業が取りたい場合は、指定されている履修要件を満たしていることが必要になります。 質問2 自分は帰国子女ではなく英語を話したり聴いたりすることに慣れていないので、授業についていけるのか心配です。大丈夫でしょうか? 回答:海外体験がない学生もスムーズに授業に馴染むことが出来るようにリスニング力に基づいたクラス分けを行なっています。英語の授業に慣れていない人は春学期がいちばん大変かも知れません。授業が始まる前から、春学期、そして夏休みの間に継続して、教室外でも出来るだけ沢山英語を聴くように心がけていれば、秋学期には問題なく聴き取れるようになれます。ポイントは、聞き流す(“hear”)のではなく、しっかりと集中して聴くこと(“listen”)です。全てわからなくても、要所要所を聴き取れるよう心がけるといいでしょう。話す力を伸ばすのは、もう少し時間がかかることが多いです。思うように話せないことに委縮しないで、伝えたいことをどうしたら伝えられるかに集中することが大切です。これまでの英語学習と使用経験に関わらず、「ネイティブ並み」を目指さない方が良いでしょう。我々が目指すべきは、日本語でも英語でも薄っぺらい内容をただ「ペラペラ」と話せる人間ではなく、幅広い教養を身に付けた知性のあるバイリンガル・マルチリンガルの人材となることです。 <留学について> 質問3 留学に必要なTOEFLのスコアはどれくらいですか? 回答:大学によってかなりのばらつきがあります。基準が高いところではiBTで100点以上が必要なところもあります。いちばん低いところで60点です。TOEFL iBTで80点以上取ると、留学先大学の選択肢がかなり広くなります。英語を使った留学が出来る協定校と、それぞれに必要なTOEFL iBT などの点数の一覧表を下記に添付しますので、参考にして下さい ⇒ 英語圏交換留学要件 学内選考は、①GPA(成績の平均値)②TOEFL iBTの点数 ③面接の結果 の総合的な評価で行われます。GPAが2.8以上が出願資格です。 質問4 GPAとは何ですか? GPA はGrade Point Averageの略で、日本語にすれば「成績平均値」です。成績のAを4点、Bを3点、Cを2点、Dを1点、Fを0点とし、単位数を考慮して平均を出します。満点(いわゆるオールA)は4.0になります。計算式は下記の通りです。 (4×Aの修得単位数 + 3×Bの修得単位数 + 2×Cの修得単位数 + 1×Dの修得単位数) ÷ (履修登録科目の総単位数<W,N,P,Xは除く>) *Wは履修中止、Nは認定科目、Pは合格、Xは不合格。これらの成績が付いた科目は計算に入れません。 質問5 入学後から留学に行き着くまでの流れを教えて下さい。 回答:もともと留学は3年の秋学期から4年の春学期に掛けて出かける人が多かったのですが、最近は、就職活動と被るのを避けて、2年の秋から出発したり、半年(1学期)だけに短くする人も多くなっています。オーストラリアなどは2月に出発です。留学の選考は出発時期よりも約半年から1年前に行われますので、いつ留学したいかを考えて、そこから逆算して計画を立てることが必要です。例えば、3年次の秋から北米留学を考えている場合は、2年次の秋に留学選考が行われます。そうすると、2年次の春学期までの学業成績とそれまでに取得したTOEFLの点数が選考の評価対象となります。  交換留学を希望する場合はGPA を下げないように気を付けることが必要です。ただ、留学だけが目的になって、高い成績が取りやすい、評価の甘い授業ばかり探して受講することはお勧めしません。それでは大学でするべき勉強をしっかり出来ないことになって仕舞い、充実した勉強をすることを妨げてしまいます。あくまでも勉学の意義と目的を忘れずに、バランスを失わないようにすることが大切です。  現在、上智大学から交換留学が出来る協定校は世界中に300校以上あります。英語圏に限らず、様々な可能性があるので、どこに留学するのか、自分で良く調べて、考えて決めて欲しいと思います。学部留学の意義・目的には、英語力を伸ばすことや異文化体験をすることに限らず、「冒険」、「苦難を乗り越える経験」、「自分の知らない自分を見つける」ということがあります。そのため、他の人と歩調を合わせようと考えるのではなく、自分らしい留学のあり方を探す気持ちを持つといいでしょう。 <クラス分けについて> 質問6 クラス分けはどのように行なわれるのですか? 回答:TEAPの Listening の試験の点数によって、クラス分けを行います。試験の実施に関する詳しい情報や結果の発表方法については別途お伝えします。 質問7 クラスはどのようなレベル分けになっていますか? 回答:上記、プレイスメント・テストのリスニング試験の結果で、新入生を3つのレベルに分けます。クラスはA から H の8クラスです。レベルはA/B  C/D  E/F/G/H の3つです。AとB、CとD、EとFとGとHはそれぞれ同じレベルです。リスニングの結果で分けるので、必然的に上のレベルのクラスほど英語圏での生活体験が長い学生の割合が高くなります。このクラスで1~2年の間の必修クラスを受講します。ひとクラス大体23~25名くらいです。あくまでもリスニング力に基づいたクラス分けですので、A/Bクラスの学生が全て総合的な英語力が優れている訳ではないし、E/F/G/Hクラスの学生が総合的な英語力で必ずしも劣っているという訳ではありません。また大学で学ぶべきこと、身に付けるべき力は英語力だけでもありません。他にも重要な能力として、柔軟な思考力、判断力、協調性、幅広い知識など多々あり、これらも英語運用能力と同時に伸ばしていくことが大事です。その点を充分理解した上で、各自に割り当てられたクラスでの勉強に取り組んで下さい。 <学校生活> 質問8 勉強とサークルやアルバイトとの両立は難しいですか? 回答:この質問に対する答えは、自分でどのようにバランスを取るか(取れるか)、時間をどこまで上手く使えるか、どれだけの体力があるか、といった条件で変わります。学生生活の送り方は人によって様々です。大学の勉強も大変でありつつも、いちばん忙しいサークルに入り、さらに兼部もしていて、アルバイトもしている、といった学生もいれば、授業だけで精一杯でサークルもバイトもしないという学生もいます。大学時代は大学の勉強だけでなく、他の様々なことにも積極的にかかわって自分の世界を広げる機会がたくさんあります。自分にあった勉強と他活動のバランスを見つけていってください。自分の得手不得手を発見したり、これまでに知らなかった新たな自分を発掘することができるのも、大学生活の醍醐味です。 質問9 サークルはどのようなものがありますか? 回答:これは上智大学の公式サイトにある情報を見て下さい。 公式サイト⇒キャンパスライフ⇒(右側の)課外活動⇒課外活動団体一覧 ⇒ 2019大学公式HP_団体一覧.pdf (1.01 MB) <続きを読む>
  • Writing Exercise: Starting Words

    2020/04/16
    During this time while we’re at home, here is a short language exercise to try that comes from our department’s Creative Writing class. Starting Words: A 15-minute writing exercise For this exercise, take a look at this list of random words. Which words are you most drawn to? Choose any of the words you see and use them to create a short piece of writing in English. You can write about a single word, or you can write about several words. Maybe one word connects to a memory you want to write about, or perhaps several words inspire you to write a short story or a poem. You can write <続きを読む>
  • Guidance on Numbering System

    2020/04/15
    英語学科新入生の皆さん、こんにちは! 今回は履修要覧の各科目の科目名に前に付けられている「ナンバリング」についてご説明します。 このナンバリングの仕組みを良く理解しておけば、これを見ただけで、その科目がどの分野のどんなレベルの内容で、どこが開講元で、使用言語は何か、といったことが分かります。 それでは、ご覧下さい。 ナンバリング解説動画 https://youtu.be/tc6ILXPryMM 動画の中で使用したスライドのPDFはこちらから↓ ナンバリングについて(英語学科) 2020年4月13日(月) 英語学科新入生広報担当教員 東郷公德 email hidden; JavaScript is required<続きを読む>
  • Guidance on Student Numbers

    2020/04/13
    新入生の皆さん、こんにちは! 今回は「ガイダンス番外編:第1弾」ということで、学生番号の仕組みについて解説しました。自分の学生番号を何十年も覚えている卒業生が沢山います。東郷の学生番号は、83-5084 でした。今とは全く学生番号のスタイルが違いますね。 さて、兎に角動画を見て下さい。今回のは短いです。 学生番号の仕組解説動画 https://youtu.be/lrIl-tVfKH4 緊急事態宣言が出てからも、政治も社会も迷走しています。が、今、僕たちは歴史的な瞬間を生きています。答えがない未曾有の危機の中で、何が起きていて、自分はどう行動するべきなのか、目を見開いて見守り続け、考え続けることはとても大切なことです。生き延びて、この経験を未来に活かしましょう。 Here is the PDF: 学生番号について(英語学科) 英語学科新入生広報担当教員 東郷公德 email hidden; JavaScript is required<続きを読む>