教員BLOG

  • Faculty Study Recommendations III

    2020/05/20
    To All of Our Students, While we are away from class, our faculty members have put together another list of materials that can help you continue to study. Today’s selections include favorite films, novels, and short stories. Marc Kaufman’s Reading Recommendations: 2 Novels and 3 Short Stories that explore American life from a variety of perspectives, during different periods of time. 1. The Absolutely True Diary of a Part-Time Indian by Sherman Alexie– The novel chronicles the life of 14-year old Arnold Spirit, also known as Junior, a Spokane Native American growing up in Washington state. Based on Alexie’s own experience, the action centers around Junior and the challenges he <続きを読む>
  • Mini Lecture Series I: Shakespeare’s Theatre

    2020/05/20
    英語学科の皆さん、こんにちは! 英語学科教員の東郷公德です。 今回は私の専門であるシェイクスピアが仲間たちと一体どんな劇場でお芝居をやっていたのか、についてお話しします。   動画では言いそびれましたが、グローブ座で上演されたシェイクスピアのお芝居は、通常、平日午後2時頃から屋根のない半分屋外の舞台で上演されました。舞台装置も殆どありませんでした。ですから、役者は、今が夜なのか昼なのか、場所が森なのか宮廷なのか、必要な場合は全て説明する必要がありました。それで当時、芝居を観ることを “to hear a play”と言いました。お芝居は「観る」よりも「聴く」ものだったのです。 そんな「聴くための芝居」が上演されていた劇場はどんな構造で、そこで何が起こっていたか、10分で可能な限りかいつまんでご説明します。どうかお楽しみ下さい。 スライドのPDFはこちら shの劇場 質問などありましたら、下記までメールを下さい。 よろしくお願いいたします。 英語学科新入生広報担当教員 東郷公德 email hidden; JavaScript is required<続きを読む>
  • Faculty Spotlight: Interview with Professor John Williams, Filmmaker and specialist in European Cinema, Film Studies

    2020/05/20
    Professor John Williams was born in St. Albans, England and grew up in Wales.He received his BA and MA in Modern Languages ​​from Trinity College, Cambridge, where he studied French and German Literature and then taught French and German in a Comprehensive School in London.From the time he was a teenager, hehad an intense interest in films and making films, so after two years of working as a teacher, he moved to Japan with the idea of ​​teaching and saving money to go to film school in America After early fateful encounters with young filmmakers in Nagoya , Professor Williams began to make films in Japan has now lived here <続きを読む>
  • Mini Lecture: Sociolinguistics and Intercultural Interaction

    2020/05/20
    Here is a message and short lecture from Professor Lisa Fairbrother, a specialist in Sociolinguistics and Intercultural Interaction. Hello everyone and welcome (back) to the Department of English Studies! Although these are very difficult times, I hope you are all trying to stay positive and looking forward to the start of classes. As a specialist in Sociolinguistics and Intercultural Interaction, I’m primarily interested in how people communicate with each other, whatever language(s) they choose to use. When we learn a foreign language, we often spend a lot of time learning the grammar, vocabulary and pronunciation of the language and we also put a lot of effort into practicing speaking, reading, <続きを読む>
  • Announcing Compulsory Course Introduction Sessions for 1st-Year Students

    2020/05/15
    Hello Everyone! The start of the semester is fast approaching, and the faculty is looking forward to welcoming you into our online classes very soon. We know it has been difficult for everyone without a traditional Orientation Camp, so we thought we would host Zoom sessions for our 1st-year students. This way, you can meet some of the faculty for your compulsory courses and get information about classes before the start of the semester. The sessions will take place on  Thursday, May 21st, and Friday, May 22nd and will last around 30 minutes. We will invite students to different sessions based on their assigned classes. Here is the schedule: A <続きを読む>
  • Mini Lecture:「英語病」にご用心 by Professor Takanori Togo

    2020/05/11
    Here is a short lecture from Professor Takanori Togo. 「英語病」にご用心 今回は「英語病」についてお話しします。 「英語病」というのは東郷が創った造語で、英語が大好きで、大学でも英語を勉強したくて、卒業後も英語を使った仕事をしたくて、英語以外のことには余り関心がない、というのが症状の、結構厄介な病気です。 残念ながら英語学科にはこの英語病が昔から蔓延しています。 この病気を治すには、他の病気と同じで早期発見、早期治療開始が重要です。 お心辺りのある方も、そうではない方も、どうかご覧下さい。 Link to the PDF 英語病にご用心 質問、ご意見などありましたら、英語学科の東郷公徳までメールでお寄せ下さい。 アドレスは email hidden; JavaScript is required です。 では、また!<続きを読む>
  • プレイスメントテストとクラス分けについて

    2020/05/02
    プレイスメントテストとクラス分けについて 英語学科新入生の皆さん、学科から皆さんにプレイスメントテストとクラス分けに関する重要なお知らせです。 本来、入学式の翌日に行なわれる予定だった英語プレイスメントテストを英語学科の新入生も受験して、そのリスニング試験の点数を基に必修クラスのクラス分けを行なうことになっていました。しかし、新型コロナウィルス感染拡大に伴い、様々な日程や事情が変わる中で、感染拡大防止の観点からプレイスメントテストは外部のオンライン試験を利用して行なうことになりました。実施内容の詳細については、近日中に皆さんに大学から直接メールで連絡が発信されることになっていますので、そちらをお待ち下さい。 オンラインでプレイスメントテストを受験するためにはパソコンとインターネット環境が必要です。様々な事情により4月中に、パソコンおよびインターネット環境を用意出来ない学生は、必ず、早めに英語学科広報担当教員の東郷までメールでご連絡下さい。アドレスは email hidden; JavaScript is required です。 英語学科では、このオンライン試験の中のリスニング試験の点数を基に必修クラスのクラス分けを行ないます。既に公式サイトでご説明した通り、必修クラスは A から Hまでの8クラスありますが、実際のクラス分けは、A/B、C/D、E/F/G/H の3つのレベルに分けます。従って、AとBは同じレベル、CとDは同じレベル、EとFとGとHは同じレベルです。 この必修クラスは2年間変更しません。また、これはあくまでも教育的観点からリスニング力だけを基準にして行なうもので、総合的な英語力によるクラス分けではなく、ましてや総合的な学力によるクラス分けではなく、更に言えばそれぞれの学生の総合的な優秀さを基準にしたクラス分けでは決してないので、ご注意下さい。 この件に関して、或いはその他の件についても、何か不明な点や不安な点がありましたら、上記、東郷までメールでお問い合わせ下さい。 引き続きどうかよろしくお願いいたします。 2020年4月16日(木) 英語学科長 石井紀子(いしい のりこ)<続きを読む>
  • Mini Lecture Series: Bilingualism and Bilingual Education

    2020/04/27
    Here is a message and short lecture on Bilingualism and Bilingual Education, from Professor Mitsuyo Sakamoto, a specialist in Linguistics. Hello there, Given that you have chosen to major in English, you are all bilinguals if not multilinguals! Bilingualism is something very relevant for us, and I was hoping to get you to think a bit more of what it really means to be bilingual, and how we should perceive our linguistic abilities. The topic is dear to me, as I have grown up bilingually myself, and this topic is related not only to English teaching but also to Japanese language teaching as well. Many of you may recall that <続きを読む>
  • Important Message for DES Students

    2020/04/23
    全ての英語学科生の皆さんへ 英語学科に在籍する1年生から4年生、さらにその上の年次の皆さん全てに大事なお知らせを先程Loyola の学科・専攻掲示板に掲示しました。そこに書かれている指示に従って下さい。この情報を他の英語学科生に拡散して頂けるとありがたいです。どうかよろしくお願いいたします。 2020年4月23日(水) 英語学科教授 東郷公德<続きを読む>
  • Mini Lecture Series: Introduction to Second Language Acquisition

    2020/04/22
    Hello, incoming freshmen and returning students alike! I hope you are all doing fine and make the most of this time of crisis as positively and optimistically as you can. While we cannot go out and enjoy outside activities as much as we want to, this is in a way a great opportunity for us–not just students but also professors(!)–to do things and learn things that we may not normally have time or energy for. I hope my “mini-lecture” will give you a bit of an idea that you can take advantage of to make your learning life fruitful. What it says basically is “jump into communication without waiting!” And <続きを読む>