シンポジウム・講演会

今年度のシンポジウム・講演会

2016年度

No. 11 資料展「グローバルな人の移動を読み解く」が2016年11月14日(月)〜12月16日(金)に開催されます。

主催日本貿易振興機構アジア経済研究所図書館
上智大学アジア文化研究所
協力:上智大学図書館
日時2016年11月14日(月)〜12月16日(金)
テーマ資料展「グローバルな人の移動を読み解く〜アジア経済研究所図書館の所蔵資料から〜」
会場上智大学四ツ谷キャンパス 
図書館1階
http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_Yotsuya http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya 
申込無料
どなたでもご参加いただけます。
上智大学図書館の入館証をお持ちでない方は、入場の際に1F受付にお声がけください。

No. 10 講演会「看護師の国際移動- アフリカの事例を中心に」が2016年12月8日(木)に開催されます。

主催日本貿易振興機構アジア経済研究所図書館
上智大学アジア文化研究所
協力:上智大学図書館
日時2016年12月8日(木)17:30〜19:00(17:00 開場)
テーマ看護師の国際移動- アフリカの事例を中心に
講師佐藤千鶴子(アジア経済研究所 地域研究センター アフリカ研究グループ)
会場上智大学四ツ谷キャンパス 
図書館地下1 階 ラーニング・コモンズ
http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_Yotsuya http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya 
学外の方は図書館入館の際、講演会参加の旨受付でおっしゃってください。
申込無料・定員50名(一般の方も参加可)
参加申し込み方法
【上智大学の学生】
申込受付期間:10 月24 日(月)〜 12 月7 日(水)
以下の申込フォームよりお申込みください。
http://www.sophia.ac.jp/srm/form/index.php?id=sophia49
【学外の方】
上智大学アジア文化研究所宛にお申込みください。
FAX:03-3238-3690 / Email:i-asianc@sophia.ac.jp(事務室)

No. 9 映画上映会+講演会「女を修理する男」が2016年11月17日(木)に開催されます。

主催主催:上智大学アジア文化研究所
共催:コンゴの性暴力と紛争を考える会 
   上智学院男女共同参画推進室
日時2016年11月17日(木)17:00〜20:00
(16:45〜開場)   映画上映は17:00〜 を予定 
テーマ映画上映会+講演会「女を修理する男」
THE MAN WHO MENDS WOMEN

監督:ティエリー・ミシェル/作者:コレット・ブラックマン、ティエリー・ミシェル/脚本:ティエリー・ミシェル、コレット・ブラックマン、クリスティーン・ピロ/
編集:イドゥリス・ガベ/製作 :ティエリー・ミシェル/2015年/112分/原題:L’HOMME QUI REPARE LES FEMMES/字幕:八角幸雄/監修:米川正子
後援:特定非営利活動法人アフリカ日本協議会、公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本、女たちの戦争と平和資料館、日本アフリカ学会関東支部、日本学生平和学プラットフォーム、ヒューマン・ライツ・ウォッチ、ビジネス・人権資料センター、認定NPO法人テラ・ルネッサンス、毎日新聞社
当映画上映会は、アフリカ協会、大竹財団と国連広報センターから資金協力をいただいています。
総括:コンゴの性暴力と紛争を考える会
講師米川正子 氏 (立教大学特任准教授)19:00〜(予定)
会場上智大学四ツ谷キャンパス 
図書館8F821号会議室
http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_Yotsuya http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya 
学外の方は図書館入館時に映画上映会参加の旨受付でおっしゃってください。
申込無料 定員:100名
お申し込みは、上智大学アジア文化研究所
(i-asianc@sophia.ac.jp)まで
お願いします。(事前申し込みの方を優先させていただきます)

No. 8  Sophia Open Research Weeks2016シンポジウム 「未来への文化遺産: マニラ・沖縄・プノンペン 戦争の記憶を継ぐために」が2016年11月13日(日)に開催されます。

主催上智大学アジア文化研究所
日時2016年11月13日(日)13:00-16:30(12:40開場)
テーマ未来への文化遺産:マニラ・沖縄・プノンペン
戦争の記憶を継ぐために
講師アンベス・R・オカンポ 
(歴史学者・ジャーナリスト・作家 アテネオ・デ・マニラ大学)
* 英語による講演(日本語逐次通訳)
「マニラそしてフィリピンの歴史記憶」(仮)

園原 謙 (沖縄県立博物館・美術館)
「戦争体験を起点とする平和創造−沖縄戦体験を基底にした沖縄県の平和思想−」

丸井 雅子 (上智大学アジア文化研究所)
「記憶遺産としてのカンボジア内戦資料−体験の共感をめざして−」
会場上智大学四ツ谷キャンパス 2号館5階 508号教室
http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_Yotsuya http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya 
申込無料、事前登録不要。直接会場にお越しください。どなたでもご参加いただけます。

No. 7 アジア研究セミナー2016年度第2回 「第5回東南アジアのキターブ比較研究国際ワークショップ:マレ ーシアとヴェトナムのキターブの研究」が2016年10月15日(土)に開催されます。

主催上智大学アジア文化研究所
日時2016年10月15日(土)10:00〜13:00
テーマ第5回東南アジアのキターブ比較研究国際ワークショップ:マレ
ーシアとヴェトナムのキターブの研究
The Fifth International Workshop on Comparative Study of Southeast Asian Kitabs: Studies on Kitabs from Malaysia and Vietnam
プログラム10:00-12:30
報告:
1)塩崎悠輝(早稲田大学国際学術院・特別研究員)
The Shafi‘i School and Kitab Learning in Contemporary Malaysia:
The Shift of Connections for Knowledge Transmission.
2)吉本康子(京都大学東南アジア研究所連携研究員、アジア文化研究所・客員所員)
Kitap Du-A Muk Kei of Cham Bani

討論者:Dr. R. Michael Feener(オックスフォード大学)
司会:川島緑 (上智大学)
言語:英語(通訳なし)

12:30-13:00:上智大学アジア文化研究所東南アジアキターブ・
コレクション閲覧(中央図書館6階612号室)
会場上智大学四ツ谷キャンパス 
2号館2階207a会議室(*6階603号会議室から変更になりました)
http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_Yotsuya http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya 
言語英語(通訳なし)
申込無料
どなたでもご参加いただけますが、出席人数把握のため、ご出席予定の方は以下にご一報ください。
連絡先:midori-k@sophia.ac.jp
アブストラクト(塩崎 悠輝)The Shafi‘i School and Kitab Learning in Contemporary Malaysia:
The Shift of Connections for Knowledge Transmission

Yuki Shiozaki

The Shafi‘i School is powerfully protected as the official school of Islamic jurisprudence in Malaysia. According to enactments legislated in all states except Perlis, Islamic education and official fatwas should be in line with the generally accepted theories of the Shafi‘i School. The origin of the kitab (Islamic text) learning tradition in Southeast Asia was mainly Mecca. Even though the main geographical origin of kitab learning was Mecca, the people who committed the transmission of Islamic knowledge came from a variety of geographical backgrounds. The kitab tradition in Southeast Asia was formed through various connections such as Kurdish, Egyptian, Yemeni, and East Indian (Malabar) connections.
In contemporary Malaysia, the traditional kitab learning which developed the presence of the Shafi‘i School is changing. One of the main reasons for this is the expansion of the Salafi stream or Kaum Muda in the Malay Peninsula since the early twentieth century. Another main reason is the shift of the learning center from Mecca to Cairo, especially al-Azhar. The modernization of Islamic education is also a factor in the disappearance of traditional kitab learning. The objective of this study is to consider the relationship between the changes in kitab learning in Malaysia and the shift of connections for knowledge transmission.
This study is a comparison of Shafi‘i School kitabs read in traditional pondoks, “Azharized” Islamic educational institutes under the government, and newly rising madrasahs. In this study, “rising madrasahs” refers to private institutes established in Kelantan and Terengganu in the twenty-first century. Among such madrasahs, one madrasah passes down the pondok tradition of Patani in Southern Thailand. There are madrasahas affiliated with Tabligh Jiamaat, which sends students to South Asia. Some madrasahs have Yemeni-Hadhrami connections. The common characteristic of these madrasahs is the revitalization of kitab learning.
Through a comparison of kitabs read in Islamic educational institutes, new trends of the Shafi‘i School can be observed, in terms of the bibliographical source. In general, the tradition of kitab Jawi learning declined in Malaysia. Even in the newly rising madrasahs, the Arabic classical texts are considered superior to kitab Jawi written by Malay ulama and classics written by Indian ulama.
アブストラクト(吉本 康子)Kitap Du-A Muk Kei of Cham Bani

Yoshimoto Yasuko

This study aims to conduct a preliminary investigation of the debate concerning the development of religious Islamic practices in mainland Southeast Asia. The present-day provinces of Ninh Thuan and Binh Thuan were once known as the home of Panduranga, which was one of the last Champa territories in central Vietnam. They are thought to be the center of early Islam in Southeast Asia Arabic epitaphs dating back to the 11th century have been found in these regions. According to some previous historical studies, in the 17th century, the Champa king encouraged people to construct masjids and convert to Islam. The Chams, the majority of the Champa people, including their kings, were Muslim. However, today, the Chams in this region, as well as in Vietnam, live as an ethnic and religious minority.
In this presentation, I will examine the manuscripts used by the Cham Bani people, inhabitants of the Ninh Thuan and Binh Thuan provinces of south-central Vietnam, who are officially recognized as Muslims or tin do Hoi giao. First, I will outline the Cham Bani’s society, their religious practices, and their traditional texts by comparing the three other religious groups of the Chams in Vietnam: the Cham Balamon, the Cham Islam, and the Cham Hroi. Second, I will outline the Cham Bani’s “Islamic manuscripts,” which are passed down through generations by acars, the Cham Bani’s religious priests. Third, I will examine the “Kitap Du-A Muk Kei,” which means the ancestors’ prayer book. Incorporating some phrases of the Qur’an, the “Kitap Du-A Muk Kei” is one of the few manuscripts written and edited for the ordinary Cham Bani people in recent years. In conclusion, examining the text by comparing other similar manuscripts will enable me to consider the meaning as well as the various aspects of introducing Islamic elements into the Cham Bani’s society.

問い合わせ上智大学アジア文化研究所 
Email: i-asianc@sophia.ac.jp

No. 6 講演会「Pre-Islamic Heritage in Muslim Southeast Asia」が2016年10月15日(土)に開催されます。

主催上智大学アジア文化研究所
日時2016年10月15日(土)15:00〜17:00
テーマPre-Islamic Heritage in Muslim Southeast Asia
講師Dr. R. Michael Feener (Sultan of Oman Fellow at the Oxford Centre for Islamic Studies at the University of Oxford)

Profile of the Lecturer
R. Michael Feener is the Sultan of Oman Fellow at the Oxford Centre for Islamic Studies, and a member of the History Faculty at the University of Oxford. He was formerly Research Leader of the Religion and Globalisation Research Cluster at the Asia Research Institute, and Associate Professor in the Department of History at the National University of Singapore. He has also taught at Reed College and the University of California, Riverside, and held visiting professor positions and research fellowships at Harvard, Kyoto University, École des Hautes Études en Sciences Sociales (Paris), the University of Copenhagen, The Doris Duke Foundation for Islamic Art (Honolulu), and the International Institute for Asian Studies (IIAS) in Leiden, the Netherlands. He has published extensively in the fields of Islamic studies and Southeast Asian history, as well as on post-disaster reconstruction, religion and development.

Major works by the lecturer
1) Muslim Legal Thought in Modern Indonesia, Cambridge University Press, 2007.
2) Shari'a and Social Engineering: The Implementation of Islamic Law in Contemporary Aceh, Indonesia, Oxford University Press, 2013.

討論者:青山亨(東京外国語大学)、私市正年(上智大学)
司会:川島緑(上智大学)
会場上智大学四ツ谷キャンパス 
2号館2階207a会議室(*6階603号会議室から変更になりました)
http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_Yotsuya http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya 
言語英語(通訳なし)
申込無料
どなたでもご参加いただけますが、出席人数把握のため、ご出席予定の方は以下にご一報ください。
連絡先:研究所事務室 i-asianc@sophia.ac.jp
アブストラクトThis paper will explore some of the major contours of historic Muslim experiences with diverse forms of pre-Islamic cultural legacies. After some introduction to tropes from the Qur’an in which believers are prompted to reflect on the ruins of and re-tellings of stories from the ancient past, the discussion turns to specific examples of medieval and early modern encounters of Muslims with the remains of pre-Islamic civilizations with particular attention to the comparative cases of Egypt and Java. Exploring such historical vignettes presents an opportunity to critically reflect on a number of currently dominant assumptions about the ways in which Muslims regard the legacies of the pre-Islamic past. Given contemporary concerns over the destruction of heritage sites in Syria and elsewhere, these issues have a clear contemporary relevance that extends well beyond the boundaries of specialist scholarship in Islamic Area Studies.

No. 5 講演会 「アルジェリア・ナショナリズム運動− 民族の形成と国家建設」が2016年7月14日(木)に開催されます。

主催上智大学アジア文化研究所
日時2016年7月14日(木) 17:15-19:30
講師(1) 私市正年 (上智大学・教授) 
Les évènements de Mai 1945 et changement du mouvement nationaliste algérien (1945年5月事件とアルジェリア・ナショナリズム運動の変化)
(2)Mohammed Bendara(Adrar大学・教授、アルジェリア)Réflexion autour du Mouvement National Algérien, 1920- 1962
(アルジェリア・ナショナリズム運動の再考1920-1962)
会場上智大学四谷キャンパス
2号館6F 603号会議室
言語フランス語(日本語通訳なし)
申し込み無料、事前登録不要

No. 4 講演会 “Prostitution in the history of Modern Burma”が2016年7月2日(土)に開催されます。

主催上智大学アジア文化研究所
日時2016年7月2日(土) 14:00-16:30
テーマProstitution in the history of Modern Burma
(売春に見る近現代のビルマ)
講師タラピータン博士
(北イリノイ大学外国語学部 専任講師)
専門: 女性史、ビルマ近現代史
司会根本 敬(上智大学総合グローバル学部教授、アジア文化研究所員)
言語英語(日本語通訳なし)
会場上智大学四ツ谷キャンパス 
12号館2階203号教室
http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_Yotsuya http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya 
申込み無料、事前登録不要。直接会場にお越しください。どなたでもご参加いただけます。
問い合わせ上智大学アジア文化研究所 
Email: i-asianc@sophia.ac.jp   

No. 3 日比国交正常化60周年記念講演会が2016年6月17日(金)に開催されます。

主催上智大学アジア文化研究所
在東京フィリピン大使館
The President Elpidio Quirino Foundation
日時2016年6月17日(金)17:30〜20:00
テーマElpidio Quirino and the Development of Philippines-Japan Relations 1948-1953
プログラムOpening Address
H.E. Manuel M. Lopez, Ambassador of the Philippines

Elpidio Quirino Revisited
Prof. Ambeth R. Ocampo (Ateneo de Manila University)

Elpidio Quiriino’s Role in Shaping Philippine Foreign Policy
Prof. Ricardo T. Jose (University of the Philippines)

Forgiveness Should be Accompanied by Remembrance:
War Memories and the Postwar Philippines-Japan Relations
Prof. Satoshi Nakano (Hitotsubashi University)

Open Forum
Moderator
Prof. Takefumi Terada (Sophia University)

Closing Address
Ms. Aleli Angela G. Quirino (President Elpidio Quirino Foundation)
言語英語(日本語通訳なし)
会場上智大学四ツ谷キャンパス 
12号館4階402号教室
http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_Yotsuya http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya 
申込み無料、事前登録不要。直接会場にお越しください。どなたでもご参加いただけます。
問い合わせ上智大学アジア文化研究所 
Email: i-asianc@sophia.ac.jp   

No. 2 <旅するアジア2016>第1回 中山中氏による講演会「NGO職員が語る、東ティモール初の学校保健制度構築への挑戦〜5年間の駐在を終えて〜」が2016年6月17日(金)に開催されます。

主催/協力主催:上智大学アジア文化研究所
協力:特定非営利活動法人 シェア=国際保健協力市民の会
日時2016年6月17日(金)18:00-19:30
テーマNGO職員が語る、東ティモール初の学校保健制度構築への挑戦〜5年間の駐在を終えて〜
講師中山 中氏(特定非営利活動法人 シェア=国際保健協力市民の会 東ティモール現地代表)
米国大学卒業 心理学専攻
民間企業勤務を経て、モザンビークやカンボジアでのNGO活動後、シェアに入職。5年間の勤務を経て6月に帰国。
会場上智大学 四谷キャンパス 中央図書館 8階L-821
*図書館1階正面玄関からお入りの際、担当職員に講演会出席の旨をお知らせ願います。
http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_Yotsuya http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya 
申込みhttp://bit.ly/27S5gZB (当日参加もOK)・無料

No. 1 アジア研究セミナー2016年度第1回「アンコール・ワットの歴史と人々のくらし」が2016年6月10日(金)に開催されます。

主催上智大学アジア文化研究所
日時2016年6月10日(金)17:40〜19:30
テーマアンコール・ワットの歴史と人々のくらし
講師ニム・ソティーブン(上智大学アジア文化研究所客員所員)
Nhim Sotheavin
カンボジア王立芸術大学考古学部卒業後、上智大学大学院へ進学。2014年博士号(地域研究)取得。2014年から本学にてカンボジア語中級を担当。専門は歴史学、カンボジア中世史。王立芸術大学学生を対象とした専門研修、人材養成にも従事。
会場上智大学四ツ谷キャンパス 
12号館2階201号教室
http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_Yotsuya http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya 
申込み無料、事前登録不要。直接会場にお越しください。どなたでもご参加いただけます。
問い合わせ上智大学アジア文化研究所 
Email: i-asianc@sophia.ac.jp