研究会・セミナー等

今後の研究会

2018年度

No. 5 研究会「植民地期アルジェリアにおけるウラマーとスーフィー教団再考:社会経済的変容と政治文化的思想」が2019年1月20日(日)に開催されます。

主催上智大学イスラーム研究センター
共催:上智大学アジア文化研究所
日本学術振興会科学研究費16K16928「イスラーム改革主義の大衆的基盤についての研究:20世紀半ばのアルジェリアを事例に」(研究代表者:渡邊祥子)、同17K03143「ザーウィヤのイスラーム教育とアルジェリア独立運動へのイデオロギー的影響の研究」(研究代表者:私市正年)
日時2019年1月20日(日) 13時〜18時30分
テーマ「植民地期アルジェリアにおけるウラマーとスーフィー教団再考:社会経済的変容と政治文化的思想(Reconsidérer les ‘ulama’ et les confréries religieuses en Algérie à l’époque coloniale: Les transformations socioéconomiques et les idées politico-culturelles)」
報告者1.渡邊祥子(アジア経済研究所)« La dichotomie ‘ulama’/ marabouts en question: Peut-on appliquer la théorie d’Ernest Gellner du nationalisme et du réformisme à l’Algérie coloniale? »
2.Kamel Chachoua (IREMAM, France), « Le projet de réforme des Zawiyas kabyle, par le cheikh Ibnou Zakri ( 1852-1914), Mufti de la grande mosquée d’Alger, auteur d’une épitre sur « awdhah al dalail ala wujub islah al zawaya bi bilad al qabaïl » publiée à Alger en 1902 »
3.Afaf Zekkour ( Université Hassiba Benbouali, Chlef, Algérie), « Les enjeux socio-économique des islahistes du département d’Alger : une confrontation entre centres urbains et zones rurales 1931-1956 »
4.私市正年 (上智大学), « L’établissement de l’état-nation algérien: l’alliance et de la convergence des deux nationalismes -- le mouvement nationaliste culturel et le mouvement nationaliste politique -- »
会場上智大学四谷キャンパス 6号館4階406号教室
https://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya.html
言語フランス語(通訳なし)
申込準備の都合上、ご出席を希望される方は、上智大学・イスラーム研究センターまでEメール等でお名前とご所属をお知らせください。
宛先: ias-iac@sophia.ac.jp

No. 4 <カンボジア連続セミナー>“カンボジアのいま −2018年7月「総選挙」後、どうなる、どうする” 〜1993年UNTAC総選挙から25年、現在のカンボジア政治・人権状況を検証する〜

主催主催:カンボジア市民フォーラム
共催:上智大学アジア文化研究所、アーユス仏教国際協力ネットワーク
撮影記録協力:日本映画大学
助成:公益財団法人庭野平和財団
日時2018年10月13日(土)12:15-17:00(11:45開場、受付開始)
会場上智大学(四谷キャンパス)6号館3F301教室
https://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya.html
プログラム〈プログラム〉

開会の辞: 丸井雅子所員(上智大学アジア文化研究所)
第一部
・ 12:30〜 基調講演: 「総選挙、政治・人権状況とこれからのNGO」トゥン・サライ氏(ADHOC)
・ 13:15〜 2018年「総選挙」前後の状況報告:
・ 13:40〜15:20パネル・ディスカッション:「カンボジア政治状況と、日本の協力のあり方」
司会 宇井志緒利(フォーラム共同代表/立教大学教員)
杉浦正俊課長(外務省総合外交政策局人権人道課)
高橋智史氏(フォト・ジャーナリスト)
米倉雪子氏(昭和女子大学教員)
     佐藤安信(フォーラム世話人)
第二部 15:30-17:00 東南アジア、アジアの中のカンボジア
司会: 熊岡路矢(フォーラム共同代表/日本映画大学教員)
      浅見靖仁氏(法政大学教員 タイ政治)
中野亜里氏(大東文化大学教員 ベトナム政治)
ペン・セタリン氏(プノンペン大学教員。東南アジア文化支援プロジェクト代表)
佐藤安信(フォーラム世話人/東京大学大学院教員/元UNTAC人権担当官)
閉会の辞: 枝木美香事務局長(認定NPO法人アーユス仏教国際協力ネットワーク)
言語 日本語。 基調講演は英語で行います。(日本語翻訳配付)
参加費会員無料、一般1000円、学生700円(資料代として)
申込みカンボジア市民フォーラムのホームページ(www.pefocj.org)の参加フォームからお申込みください。*事前申込制
問い合わせカンボジア市民フォーラム事務局 E-mail: pefocj@hotmail.co.jp
電話03-3834-2407(水曜日のみ対応可能)/FAX 03-3835-0519

No. 3 <カンボジア連続セミナー>カンボジアのいま―1993年UNTAC総選挙から25年、カンボジア和平を検証する― 2018年総選挙直前セミナー

主催主催:カンボジア市民フォーラム
共催:上智大学アジア文化研究所、アーユス仏教国際協力ネットワーク
助成:庭野平和財団
日時2018年7月8日(日)12:30〜17:00 (12:00開場) 
会場上智大学(四谷キャンパス)12号館201教室
https://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya.html
(※日曜日は北門が閉まっているため、正門から入場をお願いします)
プログラム 12:30 開会挨拶 丸井雅子氏(上智大学アジア文化研究所所員)

<第1部>
趣旨説明 宇井志緒利(カンボジア市民フォーラム共同代表。立教大学教員)
12:40 報告「社会アカウンタビリティ―カンボジアにおける教育・保健・地方分権分野の取組紹介」岡島克樹 (カンボジア市民フォーラム世話人 /C-Rights理事 /大阪大谷大学教員)
14:00-14:15 休憩

<第2部>
14:15 報告「カンボジアにおける最近の政治・人権状況と総選挙」熊岡路矢(カンボジア市民フォーラム共同代表/日本映画大学教員)
14:40 パネル・ディスカッション「2018総選挙に向けて、NGO、政府はどう考え、どう動こうとしているのか」
パネリスト: 
伊藤和子氏(ヒューマンライツナウ〔HRN〕事務局長
斉田幸雄氏(外務省南東アジア第一課課長) (交渉中)
米倉雪子氏(昭和女子大学教員)
佐藤安信(カンボジア市民フォーラム世話人/東京大学教員/UNTAC人権担当官)
岡島克樹 (カンボジア市民フォーラム世話人/C-Rights理事/大阪大谷大学教員)
16:20〜質疑応答の部
16:50 閉会挨拶  枝木美香氏(アーユス事務局長)
16:55 事務連絡 甲斐田万智子(カンボジア市民フォーラム世話人 /C-Rights代表理事 /文京学院大学教員)
参加費会員無料、一般1000円、学生500円(資料代として)
申込事前登録制
参加のお申し込みは、カンボジア市民フォーラムの専用フォーム(http://www.pefocj.org/contact/%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC%E5%8F%82%E5%8A%A0%E7%94%B3%E8%BE%BC/)にて受け付けております。
問い合わせカンボジア市民フォーラム事務局
E-mail: pefocj@hotmail.co.jp  FAX 03-3835-0519

No. 2 <地域研究セミナー 2018>第2回研究会「ジャワの影絵芝居、上演芸術のデジタル文献学、宗教的世界創作」The Shadowplay of Java, a Digital Philology of Performance, and Religious Worldmaking

主催上智大学アジア文化研究所
日時2018年7月3日(火)17:30-19:30
会場上智大学四谷キャンパス 
2号館17階1701会議室
http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_Yotsuya http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya
講師バーナード・アープス(Brnard Arps)博士(ライデン大学)

【プロフィール】
Dr. Bernard Arps, currently Professor of Indonesian and Javanese Language and Culture at Leiden University, is fascinated by performative and mediated worldmaking, particularly in religious contexts in Southeast Asia.
コメント・解説(日本語)青山 亨(東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授)

【プロフィール】
Dr. Toru Aoyama, Professor of Indonesian Studies at Graduate School of Global Studies, Tokyo University of Foreign Studies, has been interested in the historical process of religious interactions in Southeast Asia.
講演言語英語(通訳なし)
申込不要
参加費無料

No. 1 <地域研究セミナー2018>第1回「ラオスの不発弾除去支援活動とNGOの役割」

主催上智大学アジア文化研究所
日時2018年6月5日(火)11:00-12:30
テーマ「ラオスの不発弾除去支援活動とNGOの役割」
講師恩徳明仁氏(JICA専門家、アジア文化研究所共同研究所員)
会場上智大学四谷キャンパス 
2号館6階603会議室
http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_Yotsuya http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya
申込事前登録制
担当教授 福武(fukutake@sophia.ac.jp)までご連絡下さい。