シンポジウム・講演会

<旅するアジア2017>第2回 川上泰徳氏による講演会「中東激動の背景にあるもの アラブの春からシリア内戦、イスラム国へ」が2017年5月25日(木)に開催されます。

主催上智大学アジア文化研究所
日時2017年5月25日(木)17:00-18:30
テーマ中東激動の背景にあるもの アラブの春からシリア内戦、イスラム国へ
講師川上泰徳氏(中東ジャーナリスト、元朝日新聞中東アフリカ総局長 )
中東ジャーナリスト。フリーランスとして中東を拠点に活動。1956年生まれ。元朝日新聞記者。大阪外国語大学アラビア語科卒。特派員として カイロ、エルサレム、バグダッドに駐在。中東報道でボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『「イスラム国」はテロの元凶ではない』(集英社 新書)、『中東の現場を歩く』(合同出版)、『イスラムを生きる人びと』(岩波書店)、『イラク零年』(朝日新聞)、共著『ジャーナリストは なぜ「戦場」へ行くのか』(集英社新書)
会場上智大学 四谷キャンパス 中央図書館 8階L-821
*図書館1階正面玄関からお入りの際、担当職員に講演会出席の旨をお知らせ願います。
http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_Yotsuya http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya
申込参加費無料。Email: i-asianc@sophia.ac.jp までお申し込みください。 (定員100名)