研究会・セミナー等

研究会「植民地期アルジェリアにおけるウラマーとスーフィー教団再考:社会経済的変容と政治文化的思想」が2019年1月20日(日)に開催されます。

植民地期アルジェリアにおけるウラマー(イスラーム知識人)とスーフィー教団の関係を再考するワークショップを開催します。アーネスト・ゲルナーの『イスラム社会』(原著1981年)および『民族とナショナリズム』(同1983年)におけるウラマー/聖者の二項対立的な図式化への批判、アルジェリアのイスラーム改革主義運動の都市と農村における展開や、スーフィー教団内部の改革主義やナショナリズムの台頭を議論します。ナショナリズム、イスラーム改革主義、植民地主義の問題に敷衍しつつ、アルジェリアの歴史的事例を検討する貴重な機会ですのでぜひお越しください。

主催上智大学イスラーム研究センター
共催:上智大学アジア文化研究所
日本学術振興会科学研究費16K16928「イスラーム改革主義の大衆的基盤についての研究:20世紀半ばのアルジェリアを事例に」(研究代表者:渡邊祥子)、同17K03143「ザーウィヤのイスラーム教育とアルジェリア独立運動へのイデオロギー的影響の研究」(研究代表者:私市正年)
日時2019年1月20日(日) 13時〜18時30分
テーマ「植民地期アルジェリアにおけるウラマーとスーフィー教団再考:社会経済的変容と政治文化的思想(Reconsidérer les ‘ulama’ et les confréries religieuses en Algérie à l’époque coloniale: Les transformations socioéconomiques et les idées politico-culturelles)」
報告者1.渡邊祥子(アジア経済研究所)« La dichotomie ‘ulama’/ marabouts en question: Peut-on appliquer la théorie d’Ernest Gellner du nationalisme et du réformisme à l’Algérie coloniale? »
2.Kamel Chachoua (IREMAM, France), « Le projet de réforme des Zawiyas kabyle, par le cheikh Ibnou Zakri ( 1852-1914), Mufti de la grande mosquée d’Alger, auteur d’une épitre sur « awdhah al dalail ala wujub islah al zawaya bi bilad al qabaïl » publiée à Alger en 1902 »
3.Afaf Zekkour ( Université Hassiba Benbouali, Chlef, Algérie), « Les enjeux socio-économique des islahistes du département d’Alger : une confrontation entre centres urbains et zones rurales 1931-1956 »
4.私市正年 (上智大学), « L’établissement de l’état-nation algérien: l’alliance et de la convergence des deux nationalismes -- le mouvement nationaliste culturel et le mouvement nationaliste politique -- »
会場上智大学四谷キャンパス 6号館4階406号教室
https://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya.html
言語フランス語(通訳なし)
申込準備の都合上、ご出席を希望される方は、上智大学・イスラーム研究センターまでEメール等でお名前とご所属をお知らせください。
宛先: ias-iac@sophia.ac.jp