中東の「公共性と福祉」研究会のご案内(2021年9月26日(日) オンラインミーティング)

 NIHU地域研究推進事業「現代中東地域研究」上智大学拠点は、科研費基盤研究B「ムスリム社会におけるマスラハ(福利)の実践―弱者の権利をめぐる比較研究」との共催で、下記の要領で中東の「公共性と福祉」に関する研究会を開催いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。

中東イスラームにおける「公共性」を歴史のなかに探る試みとして、アラブ社会史をご専門とする長谷部史彦さん(慶応義塾大学文学部教授)に、中近世エジプトの諸都市を事例に、前近代のイスラーム世界における貧民とは誰か、貧民の救済と慈善の理念と実相についてお話を伺います。中近世イスラーム、地中海世界の社会史、現代中東の社会にご関心のある方は奮ってご参加ください。

【日時】2021年9月26日(日)14時00分~15時30分
【場所】Zoom
【プログラム】
14:00 – 14:05 趣旨説明
14:05 – 14:50長谷部 史彦(慶応大学文学部)「中近世エジプト都市の慈善と救貧」
14:50 – 15:30 ディスカッション

【参考文献】長谷部史彦編著『中世環地中海圏都市の救貧』慶応義塾大学出版会、2004年

ご参加くださる方は、こちらの登録フォームまでお申し込みください(締切9月23日(木))。ご希望される方には、ズーム参加手続き情報をお送りいたします。
イスラーム研究センター事務局EMAIL: ias-iac*sophia.ac.jp(*を@に置き換えて下さい)


*本研究会は、上智大学イスラーム研究センター、NIHU地域研究推進事業「現代中東地域研究」上智大学拠点 社会経済学班、科研費基盤研究B「ムスリム社会におけるマスラハ(福利)の実践―弱者の権利をめぐる比較研究」(代表:堀井聡江)を主催として実施されます。
  • ジャウィ文書研究会アーカイブ
  • 上智大学・早稲田大学共同研究 アジア・アフリカにおける諸宗教の関係の歴史と現状
  • 上智大学 イスラーム地域研究(2015)
  • 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
  • 国立民族学博物館現代中東地域研究拠点
  • 東京外国語大学拠点
  • 京都大学拠点
  • 秋田大学拠点
  • 早稲田大学 イスラーム地域研究機構
ページのトップへ戻る