出版物

PUBLICATIONS

出版物

※画像をクリックすると拡大します。

湯浅 剛

【2007年】
『アジアに接近するロシア ――その実態と意味』
木村汎、袴田茂樹 編著(共著)
北海道大学出版会

【2007年】
"Eager Eyes Fixed on Slavic Eurasia: Volume 1, Russia and Its Neighbors in Crisis"
Akihiro Iwashita ed.(共著)
Slavic Research Center, Hokkaido University

【2009年】
『日本の中央アジア外交 ――試される地域戦略』(北海道大学スラブ研究センター スラブ・ユーラシア叢書)
宇山智彦、クリストファー・レン、廣瀬徹也 編著(共著)
北海道大学出版会

【2010年】
『対テロ国際協力の構図 ――多国間連携の成果と課題』
広瀬佳一、宮坂直史 編著(共著)
ミネルヴァ書房

【2010年】
『現代中央アジア・ロシア移民論』
堀江典生 編集(共著)
ミネルヴァ書房

【2012年】
『ロシア新戦略 ――ユーラシアの大変動を読み解く』
ドミートリ―・トレーニン 著;河東哲夫、湯浅剛、小泉悠 翻訳(共訳)
作品社

【2012年】
『ユーラシア世界5 ――国家と国際関係』
塩川伸明、小松久男、沼野充義 編集(共著)
東京大学出版会

【2013年】
『平和構築へのアプローチ ――ユーラシア紛争研究の最前線』
伊藤孝之 監修;広瀬佳一、湯浅剛 編集(共著)
吉田書店

【2015年】
『現代中央アジアの国際政治 ――ロシア・米欧・中国の介入と新独立国の自立』
明石書房

【2017年】
『ロシア革命とソ連の世紀3 ――冷戦と平和共存』
松戸清裕ほか 編集(共著)
岩波書店

【2018年】
『現代中央アジア ――政治・経済・社会』
宇山智彦、樋渡雅人 編集(共著)
日本評論社

【2019年】
『現代ヨーロッパの安全保障 ――ポスト2014: パワーバランスの構図を読む』
広瀨佳一 編集(共著)
ミネルヴァ書房

著者一覧へ戻る