EU i

EU i

EU iとは

EU情報センター(EU i: European Info)は、 欧州連合(EU)が作成する官報・委員会ドキュメント・報告書・調査資料・統計などEU公式刊行物を提供する機関として、 欧州委員会が定めた規則に基づいて設置されたものです。ヨーロッパ研究の発展を促進し、地域社会にEUの情報を提供することを目的としています。 現在、世界各地の約500の大学に設けられており、日本国内には18大学にセンターがあります。 また、国立国会図書館は寄託図書館(全ての公式出版物が寄贈される図書館)となっています。

上智大学では、1985年に中央図書館がEU資料センター(EDC: European Documentation Center)に指定されましたが、 2006年11月にEU iとしてドイツ語圏文化研究所に移設され、2007年4月1日よりヨーロッパ研究所がサービスを行っています。 EU公式刊行物は、ヨーロッパ研究所内にて閲覧可能、また”EUを知るための12章(パスカル・フォンテーヌ著)”、”Let’s Explore Europe -英語で学ぶEU(日本語訳付き)”などの広報パンフレットは随時無料配布しています。EUに関する図書は、中央図書館7階「ヨーロッパ文庫」にて閲覧でき、OPAC検索も可能です。

利用資格・利用時間・連絡先などはヨーロッパ研究所と同様です。

*上智大学EU情報センターで所属していないEU資料は、寄託図書館に指定されている国立国会図書館や他のEU情報センターで閲覧可能です。また下記「EU関連リンク」から参照できます。

EU関連リンク

EUROPA(ヨーロッパ・サーバー) EU公式サイト
駐日欧州連合代表部  駐日欧州連合代表部の公式サイト
EUR-Lex 最近のCOM Documents、1998年以降のOfficial Journal(官報)、EU基本条約・法令・判例など
TED: Tenders Electronic Diary EU Official Journal Supplementの検索サイト
EUROSTAT 欧州連合統計局のホームページ
Rapid EUプレスリリース検索サイト

2019 EU-Japan Friendship Week 開催しました

 

日・EUフレンドシップウィークは、日本と欧州連合(EU)の人と人の交流を深めるため、駐日EU代表部の協力の下、毎年5月を中心に全国各地で開催されています。

上智大学EU情報センターでは、2019年5月22日にベルリン在住著述家の明石政紀氏による講演「ドイツ音楽はいかに世界の音楽となったかーベートーヴェンからクラフトワークまで」を開催しました。講演会では、ウィーン古典派からクラウトロックまで、世界の音楽界に旋風を巻き起こしたドイツ音楽について、映像資料を交えてお話し頂きました。また来場者には抽選で駐日EU代表部提供によるEUオリジナルグッズをプレゼントしました。

→講演の様子はこちら

【過去の催し】

・2018年5月15日 講演会 「オペラをつくろう、オペラ創作の実践」および木版画展 講演の様子

・2017年5月18日 講演会 「ユーロヴィジョンから見たヨーロッパ EUを超える音楽番組」 講演の様子
・2016年5月9〜21日 パネル展 「ドイツ統一への道」 展示の様子 5月10日 講演「ドイツーヨーロッパにおける日本のパートナー」
・2015年5月12〜28日 ポスター展示 「極限の時代における独裁と民主主義 〜20世紀ヨーロッパ史を照らし出す光〜」 展示の様子
・2014年5月13~29日 ポスター展示 「日・EU関係を知ろう—クイズで当てようEUグッズ—」 展示の様子
・2013年5月15日 講演 「日本とEU:通商摩擦から戦略的協力関係へ」 5月13~29日 ポスター展示 「今、あらためてEUを知る」
・2012年6月27日・7月4日 映画上映会 「現代ヨーロッパ映画 -6つの場合」
・2011年6月18日 シンポジウム「東日本大震災とヨーロッパ -社会・生活・政治・法律の視点から」
・2010年6月4~5日 シンポジウム 「ヨーロッパとアジアにおける地域共同体の将来」
・2009年5月19日 講演会 「EUから学ぶこと、学んではいけないこと:東アジア共同体建設のために」
・2008年5月19日 講演会 “European integration, pacifism and politics – a Japanese perspective”

第34回EUiセミナー(2013年10月)

 

<2019.4.1更新>