サーモンとワインだけじゃないチリ

大場祥子(おおば しょうこ)

こんにちは!
わたしはいま南米チリのサンティアゴに交換留学で来ています。

そうです、あの細長い国です。
ほかのラテンアメリカの国と比べると正直パッとしない印象の国ですよね(笑)
わたしもそうでした。でもだからこそチリを選びました。
実際に住んでみるとたくさんの発見があり、日本にいても勉強はできますが、本や授業だけではわからないことを身をもって勉強することができたと思います。

大学のキャンパスで。

大学のキャンパスで。

普段は教皇庁立チリ・カトリック大学というところで現地生徒と一緒の授業を受けています。スペイン語で授業やテストを受けるのは正直かなりつらいですが友達に何度となく助けられながらなんとかやってきました。チリ人はみんなやさしいです。

この大学は南米で二番目によい大学という評判で、学校の規模も大きいので授業の種類も豊富で自分の勉強したいことを勉強できると思います。留学生も多く、留学生や現地生徒が交流するようなイベントがあったり、グループワークがある授業もあるので、現地の友達もほかの国の友達を作りやすい環境だと思います。私はそこでできた友達からたくさんの刺激を受け、考えさせられ、ここで出会えた友達にとても感謝しています。教皇庁立チリ・カトリック大学は設備、システム、学力の高さなど含めて、留学するにはとてもよい大学だと思います。

家はホームステイで、チリ人の家族とほかの留学生と住んでいます。シェアハウスなどをしている友達もいますが、同年代ではない人と話したり、チリの家庭を知るうえでよい機会になっています。

友達と。

友達と。

南米というと治安が気になると思いますが、チリはとても落ち着いていて、私は危険と感じたことは一度もありません。(もちろんスリなどがないわけではないので、常に用心は必要ですが)

全部含めて、チリは留学先として穴場だと思います。きっと想像以上にいい経験がたくさんできるはずです!