『Occasional Papers』(旧『Monograph Series』)タイトル一覧&電子版

No.27 (2019年)Oman Fathurahman, Kawashima Midori, and Labi Sarip Riwarung(編)「The Library of an Islamic Scholar of Mindanao: The Collection of Sheik Muhammad Said bin Imam sa Bayang at the Al-Imam As-Sadiq(A.S.) Library, Marawi City, Philippines: An Annotated Catalogue with Essays」
No.26 (2019年)寺田 勇文(編)「フィリピン出身者を迎え入れて:3/11被災後のカトリック大船渡教会を中心に」電子版
No.25 (2018年)藤村 瞳「19世紀ビルマにおける「自給のカレン宣教」の歴史的位相―スゴー・カレン語史料の検討をつうじたバセイン地域宣教の実態の解明」電子版
No.24 (2018年)Antony Susairaj「Religious Co-existence and the Vision of Vivekananda towards Religious Harmony in the Indian Context」電子版
No.23 (2017年)Megha Wadhwa「Opportunities and Challenges in a Foreign Land: A Study of the Indian Resident Community in Tokyo and its vicinity」電子版
No.22 (2017年)三沢 伸生「Verification for the Achievements of a Japanese Merchant in Istanbul: Personal History of Torajiro Yamada」電子版
No.21 (2016年)Edited by: TERADA Takefumi「The Faces of Being Church Among Migrant Filipinos in Japan」電子版
No.20 (2016年)根本敬(編)梶村美紀、宣元錫(共著)「 在外ビルマ人コミュニティの形成と課題―日本と韓国を事例に― 」電子版
No.19 (2016年)柳谷あゆみ「 現代シリアの短編小説:ザカリーヤー・ターミル著『酸っぱいブドウ』」
No.18 (2015年)久保 真紀子「 タ・ソムの出入口に施された図像表現とその配置構成―プレア・カン及びジャヤ タターカ周辺の寺院群に関する調査報告―」電子版
No.17 (2014年)川島 緑「The “White Man’s Burden” and the Islamic Movement in the Philippines: The Petition of Zamboanga Muslim Leaders to the Ottoman Empire in 1912」
No.16 (2014年)登利谷 正人「19世紀後半におけるアフガニスタン情勢と英領インド関係―第二次アフガン戦争期を中心に―」電子版
No.15 (2014年)坂井 隆、 大橋康二「インドネシア、トロウラン遺跡出土の陶磁器」電子版
No.14 (2014年)Ria Fitoria「Indonesian Diaspora Communities of Migrant Domestic Workers: Life History of Their Struggles and Social and Spiritual Satisfaction through Networking and Print Media」電子版
No.13 (2013年)岡田紅理子「都市原住民の生活誌―台北に移住したアミの「都市」、「故郷」、「共同体」」
No.12 (2013年)Alec LeMay「Inculturating Inculturation: Considering Multiculturalism within the Roman Catholic Church of Japan amongst Japanese, Filipinos, and Filipino-Japanese」電子版
No.11 (2012年)池田一人「日本占領期ビルマにおけるカレン=タキン関係―ミャウンミャ事件と抗日蜂起をめぐって」電子版
No.10 (2012年)Edited by: Kawashima Midori 「The Qur'an and Islamic Manuscripts of Mindanao」
No.9 (2012年)岡戸真幸「エジプト都市部における出稼ぎ労働者の社会的ネットワークと場をめぐる生活誌」電子版
No.8 (2011年)飛内悠子「「国内避難民」とは誰か―スーダン共和国ハルツームにおけるククの人々の歴史・生活・アイデンティティ」
No.7 (2011年)鈴木佑記「資源化される海―先住民族モーケンと特殊海産物をめぐる生態史―」
No.6 (2011年)Compiled by: Labi Riwarung, Primo Salivio, Kawashima Midori, Edited by: Kawashima Midori, 「A Catalogue of the Maisie Van Vactor Collection of Maranao Materials in the Arabic Script at the Gowing Memorial Research Center」
No.5 (2010年)原著:アフマド・バシール、邦訳:斎藤美津子、解説:川島緑「アフマド・バシール著『フィリピン・イスラーム史』」
No.4 (2009年)山田裕史「カンボジア人民党の特質とその変容(1979〜2008年)」電子版
No.3 (2009年)茂木明石「イマーム・シャーフィイー(767-820)の「聖者」イメージの形成と変容―聖者伝史料の分析から―」電子版
No.2 (2008年)溝渕正季「イスラーム主義運動研究と社会運動理論―資源動員論とその前後の理論史展開を中心に―」電子版
No.1 (2005年)佐伯奈津子「アチェ:恐怖と不信の中で暮らす人々」電子版