語劇

上智大学イスパニア語劇facebookページ

外国語で演じる劇を「語劇」と言います。

「イスパニア語劇」の第1回公演は1957年なので、その伝統は学科が専攻科であった時代にさかのぼります。初演目はスペインの伝統的な音楽劇サルスエラのLa viejecita『おばあちゃん』でした。それから半世紀。この間、イスパ語劇は何度か途絶えましたが、それでも、地中で沈黙している球根が春になると芽を吹くように何度も蘇り、現在まで歴史をつないできました。語劇は課外活動なので単位にはなりませんが、それでも、イスパニア語を磨き、作品を通して遠い国の文化を知り、思想を知り、人の心を知りたいと思う学生が参加してきました。

現在はロシア語学科、ポルトガル語学科の語劇団とともに毎年「外国語学部語劇祭」を催しています。

卒業生のみなさまからご提供いただいた資料は作品が上演された年度ごとに掲載しております。60年以上続く語劇の歴史を形に残し、新しい世代へ繋いでいくため卒業生のみなさまから思い出の詰まったパンフレット、お写真、エッセイなどを随時募集しております。(掲載後、資料は返却いたします。)

※語劇担当:吉川恵美子  emiko-y★sophia.ac.jp (★を@に変えてください。)