twitter facebook instgram

2019/06/26更新

外国につながる子どもたちの進路保障―小中学校の支援を経て高校、大学へ

外国につながる子どもたちの教育保障の在り方に注目が集まっています。日本語指導が必要な子どもたちの高校中退率が高く、卒業後の進学率が低いなど、子どもたちをとりまく現状は教育支援のさらなる必要性を物語っています。一方でこうした現状に対応するため、各地で様々な取り組みがなされてきました。
本シンポジウムでは、外国につながる子どもたちの教育支援に関わる実践者、研究者などが集まり、とりわけ高校以降の進路保障について課題を共有し、今後の政策の方向性について議論を行います。どなたでもご参加いただけますので、ご関心のあるかたはぜひお越しください。

[挨拶] 浮島とも子文部科学副大臣

[報告・パネルディスカッション]
「外国人の受入れ・共生のための教育推進検討チーム」報告
文部科学省
「大阪府立高校の枠校の取り組みから見えてきた成果と課題」
森山玲子(大阪府立長吉高校)
「全国の高校進学格差と特別枠:ナショナルミニマム設定のために」
鍛冶到(大阪成蹊大学)
「外国につながる子どもたちの大学進学」
樋口直人(徳島大学)

ファシリテーター:金光敏((特活)コリアNGOセンター)

[問い合わせ] 高谷幸(E-mail: tkysachi@hus.osaka-u.ac.jp Tel: 06-6879-8091)

[日時] 2019年7月5日(金)18:00-20:00
[場所] 上智大学四谷キャンパス6号館410教室
[対象者] 申込不要
[参加費] 参加無料
[主催] 上智大学グローバル・コンサーン研究所

2019/06/17更新

ソフィア哲学カフェOPEN

哲学カフェには、 哲学の専門知識は必要ありません。
参加者みんなで、 聴いて話して考える、
どなたにも参加いただけるシンプルな集まりです。
わたしたちにとって、とても大切なことなのに、 ふだんはあまり考えないことを、
ゆっくり、 じっくり、 くつろいで言葉を交わしながら考えてみませんか。
     
今回のテーマは「自己責任」。

 「自己責任」って、どういうことだろう。

考えてもわからないかもしれない。
でも、 考える前と後とでは、 わたしたちは変わっているはず。

進行: 堀越耀介(グローバル・コンサーン研究所客員所員)

[日時] 2019年 7月 4日(木)17:30~19:00
[場所] グローバル・コンサーン研究所(図書館7 階南側713 号室)
[対象者] ※定員15名/要事前申込(〆切: 6/28(金))/参加費無料
[参加費] 参加費無料
[お申し込み] https://forms.gle/zKNjhmegy4fE1vFt6
[お問合わせ] 03-3238-3023 iglocon.sophia@gmail.com