twitter facebook instgram

2019/01/29更新

「人づくり革命」に対してどのような人と社会を求めるか-子ども・若者・グローバル化

膨張する教育市場と空洞化する労働市場において推進される、安倍政権の「人づくり革命」。そのもとで、学びと労働は数値で査定され、差別され、排除されて、人としての尊厳が奪われています。この現実から、政策転換の必要性と緊急性を議論し、私たちの考える社会を展望します。

[日時] 2019年3月23日(土)13:30~16:30(13:00開場)
[場所] 上智大学四谷キャンパス 6号館307教室
[対象者] どなたでもご参加いただけます。
[参加費] 無料、予約不要
[主催] 上智大学グローバル・コンサーン研究所
[共催] 安保保障関連法に反対する学者の会、立憲デモクラシーと平和を考える上智大学有志の会
[お問合わせ] anpogakusya@gmail.com

【報告者】 <教育>       佐藤学(学習院大学)
      <雇用>       上西充子(法政大学)
      <外国人労働者>   安田浩一(ジャーナリスト)
      <女性・ジェンダー> 是恒香琳(大学院生)
      <若者>       諏訪原健(市民連合)
【シンポジウム】 佐藤、上西、安田、是恒、諏訪原
【コーディネーター】 中野晃一(上智大学)
【あいさつ】 広渡清吾(東京大学名誉教授)

2018/12/12更新

臨時閉室のお知らせ

グローバル・コンサーン研究所は、2月26日(火)午後12時半~16時半の間、臨時閉室いたします。
よろしくお願いいたします。

グローバル・コンサーン研究所