~ようこそ、英語学科ウェブサイトへ~

上智大学外国語学部
英語学科
学科長 和泉 伸一(いずみ しんいち)
Untitled 2

現代のグローバル化した社会で、国際語・共通語としての英語の重要性は計り知れません。以前は日本で英語を学ぶというと、「外国語としての英語」(English as a Foreign Language: EFL)として捉えられ、アメリカなどの英語圏で学ぶ「第2言語としての英語」(English as a Second Language: ESL)とは違うなどと言われてきました。その結果、とかく文法の勉強や単語の暗記ばかりが強調され、何の為に、どう英語を使っていきたいのかという大事な問題が後回しにされてきました。しかし、時代は急速に移り変わり、こういったEFL対ESLといった二項対立的な捉え方は相応しくなくなってきました。日本では、ESL環境なら毎日英語に触れるので、“自然と”英語が上達すると言われたりしますが、アメリカのような英語圏に行っても、インターネットなどで日本語ばかりに浸って暮らせる現実を考えると、外国に行けば自然と英語が“ペラペラ”になるといったことはもはやなくなってきました。逆に、日本にいてもやる気さえあれば、英語はいくらでも触れることができ、しっかりとした実力を養うことが可能です。EFLとESLの違いをことさら強調して、英語学習の方法を考えることは、今や時代遅れの考え方となってきたのです。

現代の世界における英語の役割は、EFL/ESLの両方を包含した「国際語としての英語」(English as an International Language: EIL)や「共通語としての英語」(English as a Lingua Franca: ELF)、もしくは「グローバル英語」(Global English: GE)となっています。日本でもインターネットやメディアを通じて英語に触れる機会は格段に増えましたし、海外旅行で外国に行ったり、外国から日本に来たりする人の数も、圧倒的に増えました。英語圏でない国に行っても、英語を使わなければならないことが多くなっています。話す相手はいつも英語のネイティブとは限らず、日本語や様々な国の言葉に影響を受けたアクセントの英語に触れることも当たり前になっています。昨今では、ノン・ネイティブ間の英語での交流が、ネイティブとの交流よりも多くあるというデータもあります。そういった観点から言えば、英語はもはや「外国語」の枠を超えて、今我々の住む世界に存在しており、「第二言語」とは言わずとも、「世界とつながるために必要な必須言語」として捉えられなければなりません。英語を使うニーズは、実は日常生活の中のすぐ近くにあります。しかし、そのようなニーズは、待っていれば勝手にやって来るものではなく、自ら積極的に開拓していかなければなりません。これも、選択肢の多くなった現代世界の一つの特徴と言えるでしょう。そういった英語の捉え方から見ると、従来型の英語学習や教育の範疇を越えた、もっとダイナミックな学びの姿が浮かび上がってきます。

英語学科では、学生たちに実践的な英語力と幅広い教養を身に付けさせ、どこに行っても活躍できる人材として世界に送り出すことをその使命としています。無限大の可能性を秘めて入学して来る学生さんたちを、最大限の力を発揮できる人材に育て上げていくのです。その目的の為に、我々は専門的な知識と英語を統合して教える「内容言語統合型学習」(Content and Language Integrated Learning: CLIL)の原則に沿って、日々の教育に取り組んでいます。言葉の学習だけを一人歩きさせるのではなく、かといって言葉の学びを無視して内容学習だけを推し進めるのでなく、両者がバランスよく相乗効果を発揮しながら、効果的且つ効率的な習得を可能にすることを目指しています。EILの世界では、英語ができなければ世界とは繋がっていけない。しかし、ただ英語をペラペラ話せればいいというわけではありません。大事なのは、何を学び、何を考え、どう判断し、どう語るのか、そしてどう行動していくのかという人間性につながっていきます。世界で通じる、世界で信頼される、縦横無尽に活躍していける人材を陸続と輩出していくことが英語学科の使命であり、英語学科教員はその目的の為に一丸となって日々働いています。

このウェブサイトを見た方々の1人でも多くの人が、上智大学外国語学部英語学科の教育に興味を持ち、ここに集って下さることを心から願っています。四ツ谷のキャンパスで、皆さんとお会いできる日を、心から楽しみにしています。