所員プロフィール

教授

田中 雅子(たなか・まさこ)

Back
専門地域 南アジア、特にネパール
専門分野 南アジア地域研究、開発学/国際協力論、NGO/NPO論、ジェンダー論、移民研究
プロフィール
神戸大学で日本近世史を専攻した後、会社員を経て留学したイギリスの大学院で「開発とジェンダー」を学びました。1993年から2009年まで国内外のNGOやJICA、赤十字などを通じて南アジアと西アフリカで開発援助の実務や社会運動に関わりました。日本に帰国後の2010年からは、緊急人道支援や日本で暮らす移民の社会統合に関心をもち、社会福祉士や市民ボランティアとして様々なNGOやNPOの活動に参加しています。研究者としては、人の移動が移民の出身国にもたらす正負の影響や、移住女性のセクシュアル・リプロダクティブ・ヘルスをめぐる課題、社会的スティグマを負った人々の当事者団体と支援団体のパートナーシップの在り方に関する調査に取り組んでいます。
主な出版物
田中雅子「「移民」たちの現在−ネパール:定住化を支える在日ネパール人組織」、宮島喬ほか編『別冊 環24 開かれた移民社会へ』藤原書店、2019年
田中雅子「ジェンダー平等、女性と女の子のエンパワーメント―SDGs5」、高柳彰夫・大橋正明編『SDGsを学ぶ―国際開発・国際協力入門』法律文化社、2018年
田中雅子『ネパールの人身売買サバイバーの当事者団体から学ぶ−家族、社会からの排除を越えて』ぎょうせい、2017年
田中雅子「テーマ・コミュニティにおける「排除」の経験と「包摂」への取り組み:人身売買サバイバーの当事者団体を事例に」、名和克郎編『体制転換期ネパールにおける「包摂」の諸相 言説政治・社会実践・生活世界』三元社、2017年
“Self-help Organisations as Interfaces for the Integration of Nepali Migrants: A Case Study in Ota and Oizumi, Gunma Prefecture, Japan”, Juliawan, Benny Hari, SJ, ed. Settling Down: The Struggles of Migrant Workers to Adapt, Yogyakarta:PENERBIT PT KANISIUS and The Jesuit conference of Asia Pacific, 2017. pp5-41.
佐野麻由子・田中雅子『移住によって潜在能力は発揮できるか?−ジェンダーの視点で見た滞日ネパール人の特徴』公益財団法人アジア女性研究フォーラム、2016年
"A Women's NGO as an Incubator: Promoting Identity-Based Associations in Civil Society of Nepal", Schwabenland. C., Lange. C., Onyx, J. and Nakagawa, S. eds. Women's Emancipation and Civil Society Organisations: Challenging or Supporting the Status Quo?, Bristol: Policy Press, 2016. pp.185-207.
教員教育研究情報データベースへ:
https://rscdb.cc.sophia.ac.jp/Profiles/12/0001194/profile.html