所員プロフィール

准教授

眞城 百華 (まき・ももか)

Back
専門地域 アフリカ
専門分野 アフリカ史、アフリカ研究、エチオピア研究、エリトリア研究、国際関係学
プロフィール

エチオピアで80年代に起こった飢饉ならびに内戦に関心を持ちアフリカ研究を始めました。特にエチオピア北部に居住するティグライ人に注目して19世紀後半以後のエチオピア史を研究してきました。エチオピアは植民地支配をほとんど受けていない国ですが、他のアフリカと同じく多数の民族を抱えています。エチオピアの現在の政治を分析するうえでも国家と民族の関係を歴史的に研究する意義は大きいと考えています。近年は、1993年にエチオピアから独立したエリトリア政治史の研究も行っています。第二次世界大戦後のエリトリアの脱植民地化の過程は隣国エチオピアの国益ならびに国際関係、特に冷戦の構図が深く影響しています。脱植民地化の過程だけではなく、エリトリアの独立運動、現在のエリトリアとエチオピアの関係悪化を理解するためには両国関係だけでなく、両国を取り巻く国際関係も非常に重要な分析対象だと考えています。北東アフリカのエリトリアやソマリアの脱植民地化の研究を通じて、アフリカと国際関係、アフリカの脱植民地化と国連といったテーマも視野に研究を進めています。

その他、70年代、80年代にエチオピア内戦を戦った女性兵士や戦後に結成された女性組合の活動の分析を通じてエチオピアにおける女性解放思想の浸透、ローカルNGOの活動についても研究をおこなっています。

主な出版物
眞城百華「エリトリアにおける脱植民地化と政党対立の萌芽―連合国4か国調査団報告の検討―」『総合研究』第6号 2013年 62-79頁
眞城百華「民族の分断と地域再編―ティグライから見たエチオピアとエリトリアの100年」小倉充夫編著『現代アフリカ社会と国際関係―国際社会学の地平―』2012年 13-47頁
眞城百華「女性兵士が歩んだ道:エチオピア内戦と戦後20年」『フィールド+』no.6 2011年 6-7頁
眞城百華「エチオピアの民衆反乱に対するイギリス軍の空爆」季刊『戦争責任研究』 第63号 2009年 20-28頁
教員教育研究情報データベースへ:
https://rscdb.cc.sophia.ac.jp/Profiles/12/0001193/profile.html