新着情報

オリエンテーション・キャンプについて

2014年04月10日

FGS第1回目の記念すべきオリエンテーション・キャンプ(略してオリキャン)が
2014年4月4日と5日の2日間、1泊2日の泊りがけで開催されました。

オリキャンはこれから4年間に及ぶ上智大学での学生生活を始めるにあたって、新入生が教員・先輩・そして同級生と最初に深く関わり合う貴重な機会です。

 

[出発前]

R0011281

R0011292

1966年から続くこの上智の伝統行事を簡単にご紹介しましょう。

オリキャンの目的ですが、これから学びを共にする仲間の親睦が第一に挙げられます。
加えて、上智大学とはどんな大学なのか、さらにFGSでは何をどのように学ぶことができるのか、これらを理解してもらうことがもうひとつのオリキャンの重要な目的です。

今回は、カリキュラム説明や4領域(国際政治論領域、市民社会・国際協力論領域、アジア研究領域、中東・アフリカ研究領域)の紹介(第1学科集会)、アドバイザーグループ及び領域毎の相談会(第2学科集会)、そして先輩による学生生活(留学、インターン、短期研修、サークル活動等)ガイダンス、さらにヘルパーによる外国語学習、留学の説明とレクリエーション等(第3学科集会)を実施しました。

第1学科集会では、教員から学部での履修のもっとも重要な点について説明がなされ、

第2学科集会ではこれを受けて、アドバイザーグループ(1年秋学期に始まる基礎演習のグループです)毎に少人数(7~8名)で履修や授業の疑問点を共有し確認し合うことができました。
また、今自分が興味を持っていることが、実際にどの領域にあてはまるのかについて教員との対話を通じてヒントを得た学生もたくさんいたようです。

 

noname (1)

 

さて、今年はFGSには約200名の新入生が入学し、今回のオリキャンに参加しました。

これだけ大人数をまとめあげてくれたのは「ヘルパー」と呼ばれる先輩たちです。
但し、FGSには先輩はいませんので、今年のヘルパーは皆他学部他学科から応援に駆け付けてくれた30名の在校生たちです。
同じソフィアンとして、FGSの新入生が楽しく安心して学生生活を開始できるよう、そして上智大学とFGSに愛着を持ってもらえるよう、ヘルパーたちは昨年11月から何度も集まりミーティングを重ねてきました。

 

 

[新入生のために頑張ってくれました]

R0011278

 

4月最初に実施するこのオリキャンは、新入生にとっての「上智大学およびFGSの第一印象」を決定づける重要な行事です。
そのためヘルパーたちにも相当のプレッシャーがあったことは想像にかたくありません。
しかし皆とても献身的に尽くしてくれました。
ヘルパーの皆にはあらためて心からの「ありがとう」を伝えたいです。

オリキャンが終わり、早速履修登録期間に入りました。
今年1年、どのように自分の学びを組み立てていくのでしょうか。
オリキャンでの出会いや対話が、1年生の皆を勇気づけ、かつ挑戦する気持ちを応援するものになればいいですね。

 

 

[頑張れ!1年生!]

noname (4)for HP

一覧へ戻る
© SOPHIA UNIVERSITY, ALL RIGHTS RESERVED.
Sophia Program for Sustainable Futures