学科紹介

  • 特色と目的

    In the Department of English Studies at Sophia University: THINK IN ENGLISH,DREAM IN ENGLISH,ACT IN ENGLISH Think in English – The department has a strong focus on CRITICAL THINKING skills ? students will learn how to interpret and evaluate the arguments of others and argue and present their own opinions in a logical and persuasive manner. Dream in English – The department has a strong focus on developing students’ visions of themselves and vision of the world. We encourage our students to expand their internal and external mental horizons through creative projects and research projects in English. Act in English – In accordance with the overall mission and vision of <続きを読む>
  • ~ようこそ、英語学科ウェブサイトへ~

    Untitled 2
    現代のグローバル化した社会で、国際語・共通語としての英語の重要性は計り知れません。以前は日本で英語を学ぶというと、「外国語としての英語」(English as a Foreign Language: EFL)として捉えられ、アメリカなどの英語圏で学ぶ「第2言語としての英語」(English as a Second Language: ESL)とは違うなどと言われてきました。その結果、とかく文法の勉強や単語の暗記ばかりが強調され、何の為に、どう英語を使っていきたいのかという大事な問題が後回しにされてきました。しかし、時代は急速に移り変わり、こういったEFL対ESLといった二項対立的な捉え方は相応しくなくなってきました。日本では、ESL環境なら毎日英語に触れるので、“自然と”英語が上達すると言われたりしますが、アメリカのような英語圏に行っても、インターネットなどで日本語ばかりに浸って暮らせる現実を考えると、外国に行けば自然と英語が“ペラペラ”になるといったことはもはやなくなってきました。逆に、日本にいてもやる気さえあれば、英語はいくらでも触れることができ、しっかりとした実力を養うことが可能です。EFLとESLの違いをことさら強調して、英語学習の方法を考えることは、今や時代遅れの考え方となってきたのです。 現代の世界における英語の役割は、EFL/ESLの両方を包含した「国際語としての英語」(English as an International Language: EIL)や「共通語としての英語」(English as a Lingua Franca: ELF)、もしくは「グローバル英語」(Global English: GE)となっています。日本でもインターネットやメディアを通じて英語に触れる機会は格段に増えましたし、海外旅行で外国に行ったり、外国から日本に来たりする人の数も、圧倒的に増えました。英語圏でない国に行っても、英語を使わなければならないことが多くなっています。話す相手はいつも英語のネイティブとは限らず、日本語や様々な国の言葉に影響を受けたアクセントの英語に触れることも当たり前になっています。昨今では、ノン・ネイティブ間の英語での交流が、ネイティブとの交流よりも多くあるというデータもあります。そういった観点から言えば、英語はもはや「外国語」の枠を超えて、今我々の住む世界に存在しており、「第二言語」とは言わずとも、「世界とつながるために必要な必須言語」として捉えられなければなりません。英語を使うニーズは、実は日常生活の中のすぐ近くにあります。しかし、そのようなニーズは、待っていれば勝手にやって来るものではなく、自ら積極的に開拓していかなければなりません。これも、選択肢の多くなった現代世界の一つの特徴と言えるでしょう。そういった英語の捉え方から見ると、従来型の英語学習や教育の範疇を越えた、もっとダイナミックな学びの姿が浮かび上がってきます。 英語学科では、学生たちに実践的な英語力と幅広い教養を身に付けさせ、どこに行っても活躍できる人材として世界に送り出すことをその使命としています。無限大の可能性を秘めて入学して来る学生さんたちを、最大限の力を発揮できる人材に育て上げていくのです。その目的の為に、我々は専門的な知識と英語を統合して教える「内容言語統合型学習」(Content and Language Integrated Learning: CLIL)の原則に沿って、日々の教育に取り組んでいます。言葉の学習だけを一人歩きさせるのではなく、かといって言葉の学びを無視して内容学習だけを推し進めるのでなく、両者がバランスよく相乗効果を発揮しながら、効果的且つ効率的な習得を可能にすることを目指しています。EILの世界では、英語ができなければ世界とは繋がっていけない。しかし、ただ英語をペラペラ話せればいいというわけではありません。大事なのは、何を学び、何を考え、どう判断し、どう語るのか、そしてどう行動していくのかという人間性につながっていきます。世界で通じる、世界で信頼される、縦横無尽に活躍していける人材を陸続と輩出していくことが英語学科の使命であり、英語学科教員はその目的の為に一丸となって日々働いています。 このウェブサイトを見た方々の1人でも多くの人が、上智大学外国語学部英語学科の教育に興味を持ち、ここに集って下さることを心から願っています。四ツ谷のキャンパスで、皆さんとお会いできる日を、心から楽しみにしています。<続きを読む>
  • 学科の歴史

    英語学科の歴史 Timeline 1955年 文学部外国語学科創設(英・独・仏・西専攻) 1958年 外国語学部英語学科創設1959年 上智大学英語学科会(SELF)設立 (~1992年頃)1960年 学科卒業者数 45名1963年 SELF Drama Group 活動開始1965~1968年頃 SELF商業英語サークル活動開始  (~1983年頃)1968年頃 SELF フォークソングサークル活動開始 (~1974)1969年 Summer Teaching Program (STP) 開始 1969年 SELF 言語学サークル活動開始 (~1992年頃) 1969年 外国語学部に国際関係・人文の2副専攻新設 1970年 SELF Drama Group → Sophia English Theatrical Society (SETS) →     Sophia Model Production (SMP) 1970年 学科卒業者数 121名 累計1040名 1973年 外国語学部に言語学副専攻新設 1973年 SELF シーズンスポーツサークル(SSC)活動開始 1981年 男女混合クラス(ヒアリング試験結果によるクラス分け)開始 1981年 上智大学英語教員研究会(ASTE)設立 1983年 上智大学英語学科同窓会(SELDAA)設立 1984年 SELDAA女性セミナー開始 1991年 Back to the Future講座開講(~1994年) 1992年 SELDAA人材バンクシステム(SELNET)開設 (~1994年) 1993年 副専攻→5専門分野 (アメリカ研究、英国英語文化圏研究、言語コミュ             ニケーション研究、国際関係研究、アジア文化研究)2007年 副専攻 →7専門分野 (英語研究、アメリカ研究、英国英語文化圏研究、             ヨーロッパ研究、言語学研究、国際関係研究、アジア文化研究) 2009年 STPカンボジア開始  (室蘭、足利、盛岡、静岡、下関、小野田、カンボ             ジアの7地域) 2010年 学科卒業者数 167名 累計8230名 2012年 ソフィア・シェークスピア・カンパニー (SSC) 創設<続きを読む>
  • 英語演劇の伝統  

     英語学科には半世紀以上に及ぶ学生による英語演劇の歴史があり、その発祥は、イエズス会が古くから演劇を教育に取り入れてきたという伝統にあったと言われています。       イエズス会の神父が教員の過半数を占めていた時代以来、英語学科では教員と学生の間の距離が近く、まるで大きな家族のように親しく交わりながら、英語を学び、英語を通して人間の生き方について考える少人数教育の伝統が育まれてきました。その象徴的存在が英語演劇だったと言えるでしょう。 組織の流れとしてはSELF Drama Group (1963年)→SETS(Sophia English Theatrical Society, 1970年)→SMP(Sophia Model Production, 1981年)→SSC(Sophia Shakespeare Company, 2012年)のように継承されて来ました。最初はドナルド・メイスン神父(Father Donald Mason, 1955年―1986年在職)の英語学科の授業(「英語演劇論」)の一環として始まり、課外サークル活動へ発展、他学科の学生にも開放されるようになりました。メイスン神父が亡くなられた後はドナル・ドイル神父(Father Donal Doyle, 1978-2002年在職)がその遺志を引き継ぎ指導にあたっておられましたが2004年にいったんその歴史に幕を閉じます。そして2012年、東郷公徳教授の尽力によりSSCとして復活、現在に至ります。 ここではSMP発足初期の団員だった一人の卒業生の思い出をご紹介します。また英語演劇を復活させた東郷公徳先生にもその経緯と将来への展望も語っていただきました。最後に、卒業生のご協力により、1978年より2004年に上演された演目をリストアップいたしました。 エピソードをご提供下さいました方を始め、ご協力いただきました卒業生の皆様に深謝申し上げます。                               (文責、石井紀子) ~目次~卒業生の思い出 (by R.K.)SSC発足の経緯と今後の展望 (by 英語学科教授東郷公徳) 演目リスト 1978年~2004年 (by R.K)<続きを読む>
  • 言語マップ

    英語を「公用語」としている国や地域は上記のとおりですが、実際に英語はあらゆる場面で幅広く使われ、多くの人とコミュニケーションするための重要な言語となっています。話される国や地域によって英語のアクセントや語彙は多様ですが、お互いに考えや思いを伝えるためには欠かせない言語だと言えるでしょう。<続きを読む>
  • 奨学金

    奨学金のご案内  上智大学で取り扱っている奨学金は、大きく分けて「給付型」のものと、「貸与型」のものがあります。*詳細は上智大学公式ページをご覧ください 給付型奨学金 1. 上智大学修学奨励奨学金(旧名称 上智大学第2種奨学金)学業成績が良好であるにもかかわらず、経済的理由によって学業の継続が困難と認められる学部生または大学院生を対象としています。給付額は、授業料相当額、授業料半額相当額、授業料3分の1相当額のいずれか。 *出願書類はガイダンスで配布しており、ガイダンス欠席者は出願できないのでご注意ください。 2.上智大学篤志家奨学金【旧名称 上智大学第3種奨学金】国内外の篤志家から提供され、それぞれの篤志家の意向に適合すると認められる学部学生および大学院生に、学資金の一部として給付される奨学金です。 貸与型奨学金 日本学生支援機構奨学金人物・学業ともに優れ、かつ健康であって経済的理由により就学に困難があるある学生に対し、学資の貸与などを行っています。これには「第一種」と「第二種」があり、それぞれ成績基準を満たさなければ推薦されません。(たとえば、第一種希望の場合、2~4年次の場合、前年度までの成績が上位1/ 3以内でなければならないし、第二種希望の場合、同じく2~4年次の場合、前年度までの成績は平均水準以上でなければならない。) *併用貸与について日本学生支援機構奨学金の第一種奨学金の貸与を受けることによっても、なおその修学を維持することが困難であると認められるものについては、併せて第二種奨学金の貸与を受けることができます。 *緊急・応急採用について主たる家計支持者の失職・死亡、災害等によって家計が急変し、修学に困難が生じた場合、定期募集以外の時期に出願を認められ、採用となる場合があります。(このような場合は、速やかに学生センター経済支援担当まで申し出てください。)英語学科について<続きを読む>
  • 同窓会

    現在準備中です。しばらくお待ちください。 詳細は上智大学同窓会(S.E.L.D.A.A.)をご覧下さい<続きを読む>
  • Summer Teaching Program

    Summer Teaching Program(STP)は上智大学の教授である吉田研作先生が学生の頃に立ち上げた40年以上もの歴史をもつ外英限定のボランティアサークルです。夏休み期間を活用し、小中学生に英語を学ぶ楽しさを伝えるために活動しています。2016年度は、室蘭、盛岡、足利、下関、小野田、福岡、カンボジアの7地域で活動しています。   授業風景 昼食の風景(STPカンボジア) 各STPの紹介 STP室蘭 STP室蘭の活動は今年で45年目を迎え、小5~中3の生徒100名ほどを対象に1週間の活動を通し交流しています。オリジナルのテキストを用いたペア、トリオ授業に加え、選択授業に力をいれており、Big Paint, American Sign Languageなどの計12科目の多種多様な科目提供しています。どの科目もとても好評です。           2016年度のメンバーの集合写真 STP盛岡 こんにちは、STP盛岡です。私たちは毎年、岩手県盛岡市にある盛岡白百合学園中学校の生徒たちに英語の楽しさを伝えています。私たちの活動は、盛岡白百合学園中学校で正式な英語の授業のプログラムとして取り入れられています。 ティーチング風景。生徒たちも高い意識をもって授業に臨んでくれます。 STP足利 STP足利は今年11年目を迎え、毎年栃木県足利市の100人前後の小中学生に英語を教えています。市の教育委員会の方々と協力し、一丸となって英語教育の普及に励んでいます。クラスごとに作るオリジナルのテキストや、英語を使った運動会は毎年好評です。リピートしてくれる生徒さんが多く、学校の枠を超えて子供たちが英語を通じて仲を深め、成長する姿は私達の大きなやりがいです。(STP足利の活動についてはこちら)               STP下関 下関はSTPのなかで最も古く約50年続いている地域です。毎年約50人の小学校4年生から中学3年生までを対象として活動を行っています。小学生には体をつかいながら英語を楽しく学べるような授業を、中学生には英語での手紙の書き方など、学年に応じて適した授業ができるよう努力しています。 毎年たくさんの学生さんが集まってくれます STP小野田 私たち小野田は8月上旬に山口県の山陽小野田市の中学生に英語を 教えに行きます。46年の歴史があり、教育委員会に後援され、 ローカルメディアにも取り上げて頂いています。 毎年英語学科の名誉教授であるミルワード先生の同行の上、 サビエル高校の寮に宿泊します。 小野田の特徴としてSTP唯一の園児プログラムを開催し、 園児と一緒に英語で楽しく遊びます!                 ミルワード先生のサポートの元、 英語の楽しさを中心に教えています。 STPカンボジア STPカンボジアは2008年に活動を開始しました。今年で四年目を迎え、毎年吉田研作教授も現地にいらして下さいます。シェムリアップにある中学校で総勢約70名の中学生に英語を教えており、手作りのテキストでの授業の他にもサイエンスや祭りなど、英語を使いながらの実験や他国の文化に触れる体験授業もカリキュラムに組み込んでいます。 カンボジアの生徒は学ぶ意欲が高いです。 STP福岡 私たちは毎年、上智福岡中学高等学校の中学3年生を対象にティーチングを行っています。彼らのオーストラリア研修の事前準備の一貫として私たちが日常生活などで使える英語を楽しく教えています。私たちの活動を通して英語を好きになってもらえるように日々考え、活動しています。           とてもアットホームな雰囲気のなか、授業を行っています。  <続きを読む>
  • Sophia Shakespeare Company

    SSC Twelfth Night Jul2015
    ★ソフィア・シェイクスピア・カンパニー(通称SSC)とは? ⇒シェイクスピアの劇作品を原作の英語で上演する学生劇団 ★これまでの歩み 2012年5月       外国語学部英語学科教授の東郷公德の呼びかけに応じた学生たちにより創立2012年11月 旗揚げ公演 The  Winter’s Tale2013年3月  第2回公演 The Twelfth Night2013年7月  第3回公演 Much Ado About Nothing2013年12月 第4回公演 The Merchant of Venice2014年12月 第5回公演 Othello2015年7月  第6回公演 The Twelfth Night2015年12月 第7回公演 Macbeth2016年7月  第8回公演 A Midsummer Night’s Dream2016年12月 第9回公演 The Winter’s Tale 第5回目までの公演は全て上智大学1号館1階の教室で行いました。第6回目の公演からは、Art Theatre かもめ座(南阿佐ヶ谷)で上演しています。 ★お問い合わせ 興味のある方は下記まで電子メールでお問い合わせ下さい。上智大学外国語学部英語学科 東郷公德(とうごう たかのり)email hidden; JavaScript is required 第3回公演 『から騒ぎ』出演者とスタッフ一同     第4回公演 『ヴェニスの商人』出演者とスタッフ一同                           第5回公演 『オセロ』の出演者とスタッフ一同              第6回公演 『十二夜』の出演者とスタッフ一同             第7回公演 『マクベス』のチラシ           第8回公演 『真夏の夜の夢』の出演者とスタッフ一同         第9回公演 『冬物語』 役者とスタッフ      <続きを読む>
  • Angles: A Student Journal of New Writing

    Artboard 1@4x
    The Department of English Studies is excited to announce the second issue of Angles, a student journal of new writing, published in March of 2017. For close to a year, a dedicated group of student editors worked to gather material, consult with writers, and design and layout the journal for printing.  The second issue contains twenty pieces that span a variety of writing genres, including personal essays, senior thesis excerpts, as well as fiction and poetry. Angles endeavors to be a place where ideas can be explored openly, an outlet equal in spirit to the diverse range of interests and perspectives present among the students of the Department of English <続きを読む>