5月14日、5月17日OBS(オリンピック放送機構)「Broadcast Training Programme」説明会

公開日:

OBSによる「BTP」説明会の様子(6号館101教室)
OBSによる「BTP」説明会

5月14日、17日の二日間にわたり、スペインのマドリッドにあるOBS(オリンピック放送機構)から3名をお迎えして、上智大学6号館101教室にて、BTP(Broadcasting Training Programme)説明会を開催しました。

OBSは、国際オリンピック委員会(IOC)設立のオリンピック・パラリンピックの公式報道機関。大会に係わる映像やコンテンツは、このOBSから各国の報道機関に配信されています。

OBSと本学は、2019年1月に2020東京オリンピック・パラリンピックを機に教育的レガシーを残すことでMoUを取り交わしました。

OBSとのMoU締結記念写真(中央左から:学長、学生総務担当副学長、学生センター長)
OBSとのMoU締結(中央左から:学長、学生総務担当副学長、学生センター長)

その一環でもあるBTP(Broadcasting Training Programme)は、世界の報道のプロフェッショナルからハイレベルな知識・技術を習得できるプログラムとなっており、その後の選抜を経て、OBSスタッフ(有償)としてオリンピック大会に携わるチャンスも設けられています。

600名収容の大教室での説明風景
OBSの事業概要と意義を解説

日本語での愛嬌のある挨拶の後、OBSの事業やその意義について、動画等を交えての説明からスタート。

世界各国から集まる報道機関のスタッフと連携しつつ、競技や選手インタビュー等の放送コンテンツを配信し、オリンピックのムーブメントを盛り上げていくこと。それらは、学生の皆さんの貴重な体験になるだけでなく、オリンピックのレガシーを創り上げることにも繋がっていくと、語りかけました。

BTPへの登録方法を説明し参加を呼び掛けるOBS女性スタッフ
BTP登録方法を案内

続いて、学生スタッフが携わる多様な職種についての解説を兼ねて、実際にリオ・オリンピックで活動した学生の様子を動画で紹介。

最後は、今後の流れや選考方法等について説明。必ずしもメディアを専攻している必要はないとの補足があり、「みなさんの積極的な参加をたのしみにしています!」と呼びかけました。

説明終了後には、多くの参加学生が質問に訪れました。
OBSからは、参加者に貴重なピンバッジが提供されました。


○当日の説明資料の一部を、OBSの許可を得て公開します。


【日 時】2019年5月14日(火)・17日(金)17:20~19:00
【会 場】四谷キャンパス6号館101教室

OBS(オリンピック放送機構)ウェブサイト
  https://www.obs.tv/btp/home (外部リンク)

BTP
 https://www.obs.tv/btp/ (外部リンク)

BTP APPLICATIONS
  www.obs.tv/BTP/apply (外部リンク)