new2022年3月31日プロジェクト活動報告書を作成しました

公開日:

プロジェクトの活動報告書 日本語版と英語版

活動報告書を作成しました

ソフィア オリンピック・パラリンピック プロジェクトは2016年4月に発足し、2022年3月まで活動を行いました。
活動を終了するにあたり、今までの活動履歴や取り組みについてまとめましたのでぜひお読みください。

活動報告書 2016-2022 (日本語 PDF)

Activity Report 2016-2022(English)(PDF)


【ソフィア オリンピック・パラリンピック プロジェクト 活動報告書2016-2022】

叡智が世界をつなぐ:上智大学の教育精神とオリンピック・パラリンピック精神
       学校法人上智学院 総務担当理事 総合グローバル学部 教授
       イエズス会 司祭 サリ アガスティン
ソフィア オリンピック・パラリンピック プロジェクト活動報告書の発行にあたって
       上智大学長 理工学部 教授 曄道佳明
プロジェクトの目的と概要

第1章 ソフィア オリンピック・パラリンピック プロジェクト活動履歴

第2章 パラリンピック現地視察から  学生局学生センター 髙松理沙
 リオ2016パラリンピック
 平昌2018冬季パラリンピック
 現地視察からわかったこと


第3章 プロジェクトが目指したものとそれに紐づく主な活動と考察
 オリンピック・パラリンピックを契機とした言語や文化の多様性の理解
      外国語学部ポルトガル語学科 教授 子安昭子
 オリンピック・パラリンピックを契機とした多様性の理解
 〜スポーツから考える多様性〜
      文学部保健体育研究室 教授 島 健
 インクルーシブ社会を目指すための教育への取り組み
      文学部保健体育研究室 教授 島 健
 インクルーシブ社会を目指すための心のバリアフリー推進
 (環境、意識、情報を変えていく)
      外国語学部ポルトガル語学科 教授 子安昭子
 学生プロジェクトの設立と三者協働プロジェクトで取り組む意義
      学事局入学センター 髙谷英克
 産学官協働の取り組みと社会への発信
      学生局 恒松鉄兵
第4章 寄稿
 東京2020のレガシーから伝統へ
      日本パラリンピック委員会 委員長 河合純一
 楽しんで、Go Beyond!
      東京都 オリンピックパラリンピック準備局長 延與桂
 東京2020大会と大学連携
      公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
      大学連携チーム 正野三奈子
 “ハード”だけでなく、“ハート”においても世界をリードできる国へ
 ~未来を担う上智大学の学生と創る、バリアをバリューと捉えられる

 社会の実現に向けて~
      株式会社ミライロ 代表取締役社長 垣内俊哉
 オリンピック・パラリンピックを契機とした上智学院との産学連携・協業の道標
      あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
      経営企画部次長兼スポーツチーム統括 倉田秀道
 ソフィアンからの宝物
      毎日新聞社 前オリンピック・パラリンピック室委員 山口一朗
 東京1964大会・東京2020大会と上智大学
      上智大学名誉教授 師岡文男
 多文化共生社会研究所の設立
      多文化共生社会研究所 所長 総合人間科学部心理学科 教授 久田満
 オリンピック・パラリンピック、『忘れられない夏』を振り返って
      学事局(地球環境学研究科) 中野真希
 学生としてのソフィア オリンピック・パラリンピック プロジェクトへの
 関わりと自身の変化
      学生プロジェクト Go Beyond 初代共同代表 山本華菜子、神野帆夏

第5章 東京2020大会を終えて  学生局 学生センター 髙松理沙

おわりに   学生総務担当副学長 文学部フランス文学科 教授 永井敦子

資料編


[Sophia Olympics & Paralympics Project Activity Report 2016-2022]

Sophia Bringing the World Together:The Educational Spirit of Sophia University
and the Spirit of the Olympics & Paralympics
    Sali Augustine, Trustee for General Affairs, Sophia School Corporation,
    Professor, Faculty of Global Studies, Jesuit Priest

On the Occasion of Publication of the Activity Report of the Sophia Olympics
& Paralympics Project
    Yoshiaki Terumichi, President, Sophia University, Professor,
    Faculty of Science and Technology

Project Goals and Overview

Chapter 1 Activity history of the Sophia Olympics & Paralympics Project

Chapter 2 On-site Studies at the Paralympics
    Risa Takamatsu, Center for Student Affairs, Bureau of Student Affairs
 Rio 2016 Paralympic Games
 PyeongChang 2018 Paralympic Winter Games
 Insights Gleaned from Site Visits

Chapter 3 Main Activities and Considerations Associated with the Goal of the Project
 Understanding Linguistic and Cultural Diversity via the Olympics and Paralympics
    Akiko Koyasu, Professor, Department of Luso-Brazilian Studies
    Faculty of Foreign Studies
 Understanding Diversity via the Olympics and Paralympics: Diversity in Sports
    Takeshi Shima, Professor, Department of Health and Physical Education,
     Faculty of Humanities
 Initiatives in Education for an Inclusive Society
    Takeshi Shima, Professor, Department of Health and Physical Education
     Faculty of Humanities
 Promoting Barrier-Free Hearts for an Inclusive Society
 (Changing Surroundings, Awareness, and Information)
    Akiko Koyasu, Professor, Department of Luso-Brazilian Studies,
    Faculty of Foreign Studies
 Establishment of the Student-Led Project and the Significance of
 Three-Way Collaboration
    Hidekatsu Takaya, Admissions Office, Bureau of Academic Affairs
 Industry-University-Government Collaborative Efforts and Messages to Society
    Teppei Tsunematsu, Bureau of Student Affairs

Chapter 4 Contributions
 Making the Legacy of Tokyo 2020 into a Tradition

    Junichi Kawai, Chairperson, Japanese Paralympic Committee
 Enjoy, and Go Beyond!
    Katsura Enyo, Director General, Bureau of Tokyo 2020 Olympic and
    Paralympic Games Preparation, Tokyo Metropolitan Government
 Tokyo 2020 Games and University cooperation
    Minako Shono, Cooperation Team General Coordination Section,
    The Tokyo Organising Committee of the Olympic and Paralympic Games
 To become a country that leads the world not only in hardware, but also in heart
 -Towards the realization of a society each person’s barriers are seen as

 values,created with Sophians who will lead the future
    Toshiya Kakiuchi, President and CEO, Mirairo Inc
 Milestones and Prospects of Our Collaboration with Sophia School Corporation
 Launched on the Occasion of the Olympic and Paralympic Games
    Hidemichi Kurata, Deputy General Manager of Corporate Planning Department
    and Sports Team Manager Aioi Nissay Dowa Insurance Company, Limited
 My Treasure from the Sophians
    Ichiro Yamaguchi, Former Senior Member, Olympics/Paralympics
    Promotion Office, The Mainichi Newspapers Co., Ltd.
 The Tokyo 1964 Games, the Tokyo 2020 Games, and Sophia University
    Fumio Morooka, Professor Emeritus, Sophia University
 Establishment of the Institute of Inclusive Community (IIC)
    Mitsuru Hisata, Director of the Institute of Inclusive Community, Professor,
    Department of Psychology, Faculty of Human Sciences, Sophia University
 Looking Back on the “Unforgettable Summer” of the Olympics and Paralympics
    Maki Nakano, Graduate School of Global Environmental Studies,
    Bureau of Academic Affairs
 Our Involvement in the Sophia Olympics & Paralympics Project as
 Students and How it Changed Us
    Kanako Yamamoto, Honoka Jinno Inaugural Co-chairs of the“ Go Beyond”
    Student Project

Chapter 5 After the Tokyo 2020 Games
    Risa Takamatsu, Center for Student Affairs, Bureau of Student Affairs

Conclusion 
    Atsuko Nagai, Vice-President for Student and General Affairs
    Professor, Faculty of Humanities

Appendix