2017年10月~2018年1月全学共通科目「共生社会創生論 -障がい者スポーツ・芸術を通した共生社会の実現に向けて-」

公開日:

誰もが相互に人格と個性を尊重し支え合い、人々の多様な在り方を相互に認め合える全員参加型の社会実現を目指すという「共生社会」の創生をテーマとして、障害者スポーツや障害者芸術などに関する理論と実践について学ぶ講義です。


講義概要:

開講期:2017年度秋学期 水曜日1時限(9:15-10:45)
講師:大塚 晃 教授(上智大学総合人間科学部社会福祉学科)
受講者数:66名

共生社会について学ぶ講義中の学生
総合人間学部社会福祉学科 大塚晃教授
講義資料

各回の内容

1.オリエンテーション
2.障害の理解
3.障害者スポーツ論
4.障害者スポーツとマスコミⅠ
5.障害者スポーツとマスコミⅡ
6.障害芸術活動の概要
7.障害者芸術活動の現状と課題
8.インクルーシブコミュニケーション概論
9.インクルーシブコミュニケーションの方法Ⅰ
10.インクルーシブコミュニケーションの方法Ⅱ
11.共生社会創生概論
12.共生社会創生方法論
13.共生社会創生実践論
14.共生社会創生論の可能性
15.全体の振り返りとポイントのまとめ

  • Facebookにシェア
  • LINEで送る
  • Twitterにツイート