2019年11月10日特別公開講座『パラスポーツの世界』

公開日:

11/10特別講演会「パラスポーツの世界」チラシ

-「ともにささえ、ともに生きる」社会の創生について一緒に考えてみませんか-

東京2020オリンピック・パラリンピックを控え、今まさに多様性ある共生社会が求められています。本公開講座では、元チェアスキー日本代表のパラリンピアン野島 弘氏、メディアで活躍している中嶋 涼子氏、脊髄損傷専門トレーニングジムを展開している伊佐 拓哲氏をお迎えします。前半は、野島氏から、「スポーツの力」というテーマで、ご自身のリハビリテーションのご経験やアスリートとしてのご活躍、また、未来に輝く子供たちを支援する活動するお立場としてご講演いただきます。その後、中嶋氏、伊佐氏を交えて、トークセッションを開催!リハビリテーション看護の先にある未来と、「ともにささえ、ともに生きる」社会の創生について一緒に考えてみませんか。

【日 時】11月10日(日)13:00~14:40
     13:00-13:40 講演「スポーツの力」
     13:40-14:40 トークディスカッション
【会 場】上智大学四谷キャンパス6号館101教室
【対 象】日本リハビリテーション看護学会員の方、一般の方、
     本学教職員・学生(事前申込不要/入場無料)
【主 催】NPO法人日本リハビリテーション看護学会
【共 催】ソフィア オリンピック・パラリンピック プロジェクト

※登壇者のプロフィールなどはチラシをご覧ください。⇒ こちら(PDF)
※本講座は日本リハビリテーション看護学会 第31回学術大会のプログラムの一つですが、どなたでも受講が可能です。同日のその他のプログラムは事前申込が必要となります。  
 日本リハビリテーション看護学会第31回学術大会ウェブサイト(外部リンク)