公開講座
EXTENSION COURSES

国際公務員養成英語コース(春期・秋期開講)

このコースは、週2回(火曜日・土曜日)、6週間の計12回セッションで構成される集中講座です。将来国際公務員を志す学生や一般社会人を対象とし、国連が扱うグローバルな問題に関する英語による理解力の向上、ライティングやコミュニケーション・スキルの向上を目指し、特にライティング・スキルでは、ノート・テイキング、ドラフティング、サマリー・ライティング、レポート・ライティング、国連部署間のメモランダム&レター・ライティングなどを扱います。ミーティング・スキルやプレゼンテーション・スキルなども学びます。

コーディネーター・講師

植木 安弘
(上智大学 大学院グローバル・スタディーズ研究科教授、
 上智大学 国際協力人材育成センター所長、元国連広報官)

講師

Anne-Marie Ibanez
During her career at the United Nations, Ms. Ibanez (British/American) worked in Conference Services, Peacekeeping, the Secretary-General’s Office, Public Information and Political Affairs.

受講料

・一般の方 72,000円
・上智大学学部生・大学院生、上智大学短期大学部生、助産学専攻科生
 ※研究生、科目等履修生、聴講生は除く 36,000円
・学校法人上智学院が設置する学校の卒業生 64,800円
・上智大学及び上智大学短期大学部後援会会員と
 当該学生の2親等内の親族 57,600円
・その他:当センター主催の公開講座(2020年度以降)の受講歴がある方、
 2講座以上同時受講の方にも10%の割引が適用されます。
※2講座同時受講の場合は、どちらか一方のみ割引の対象とします。
 2つ以上の割引を適用することはできません。

定員

20名

受講に必要な英語力

必要な英語力について、厳密な基準スコアは設けないが、TOEFL iBT 80、TOEIC750、英検準1級程度の英語力を有することが望ましい。

受講者のコメント

  • タイムリーなトピックスを中心に国連で使用される実務的な英語を知ることができたため有益でした。
  • 国連の内部に入らないと知ることができないような文章の書き方を学ぶことができました。ついていくのは大変でしたが、得るものが非常に多く充実した講座でした。
  • 国連の仕組みや国際的な時事問題に詳しくなくても、Ibanez先生によるクラスの導入や、実際の国連の活動に即したテーマ選びのおかげで楽しく学ぶことが出来ました。先生から指導いただいたライティングスキルはどれも実用的でどの分野でも自身の役に立つと確信しています。また社会人のクラスメイトが多く、共に国連を目指す同志として励みになりました。
  • 国連の仕組みについて学びながら、国連関係における英語のライティングを学ぶことができて大変良かったと思います。グループワークなどでSGの立場でトーキングポイントを書いたり、ステイトメントを書いたりより実践的な内容に取り組めたので良かったと思います。私の英語レベルでは、本当は受講が難しいレベルだったと思いますが、講師や参加者に助けられ、何とか最後まで受講できたことに感謝するとともに、自分の自信につながりました。こんなコースはほかには絶対ないコースだと思うので、続けていってほしいと思います。

※現在、新型コロナウィルス感染症の影響によりオンラインでの講座実施となっております。講座における詳細については、募集期間中にホームページ内「新着情報」でご案内しておりますので内容をご確認ください。

  • 講師: Anne-Marie Ibanez

2022年度春期「国際公務員養成英語コース」のご案内 (オンライン)

◆開講期間: 4月12日(火)~ 5月28日(土) ※4月30日、5月3日は休講
◆募集期間: 2022年2月11日(金)~3月21日(月)
◆結果通知日: 2022年3月25日(金)
◆コース概要(英語)はこちらから

PAGE TOP