公開講座
EXTENSION COURSES

バンコク国際機関実務者養成コース:国際教育開発・協力分野

【バンコク国際機関実務者養成コース】申込期間を、「11月17日(水)」まで延長しました。

【趣旨】 
 本コースは、国際機関や国際協力分野等でのキャリア形成を目指す社会人や学生を対象に、週2回の開催を基本とするオンライン集中コースです。主に東南アジア地域で展開している国際機関の職員が講師を務めます。アジア地域の発展途上国は、就学前教育から、初中等教育、高等教育、ノンフォーマル教育、生涯教育など、多岐にわたる教育段階において、包摂的で公正なアクセス、教育の質向上、カリキュラムと労働市場との関連性の改善、マネジメント強化などの様々な課題を抱えており、高度な専門性を持つ実務者の養成が望まれています。国際教育開発・協力分野は、SDGsの中でもSDG4として高い優先順位が置かれ、2030年以降も継続的な取り組みが強く求められています。

【到達目標】
1. 各国際機関の職員(元職員・現職)からブリーフィングを受け、アジア地域、特にASEAN地域が直面する様々な国際教育開発や国際教育協力の課題と解決策について学ぶ。
2. 各国際機関で働く専門家より、国際機関で働くことの意義や世界観に触れ、見識を深める。
3. 各国際機関の業務遂行に必要な実務的知識やスキルを学び、将来の国際機関や国際協力キャリア形成に役立てる。

コーディネーター

廣里恭史
(上智大学グローバル教育センター教授、Sophia GED 代表取締役社長、元アジア開発銀行首席教育専門官)

2021年度秋期講座スケジュール

2021月11月29日(月)~2022年1月20日(木)
毎週月曜日・木曜日 19:30~21:00 (JST) 全10回開講

内容 講師(予定)
11/29(月) オリエンテーション:国際機関の業務とキャリア形成とは 廣里恭史 (上智大学グローバル教育センター教授/元世界銀行特別任官・元ADB主席教育専門官)
12/2(木) 世界銀行の教育部門業務における教育経済アプローチ:ラオスとカンボジアの事例 小川啓一(神戸大学大学院国際協力研究科教授/元世界銀行教育エコノミスト)
12/6(月) アジア太平洋におけるアジア開発銀行(ADB)の戦略と教育部門政策 澤田康幸(東京大学経済学部教授/元ADBチーフ・エコノミスト兼経済調査・地域協力局長)
12/9(木) UNICEFの教育部門業務:SDG4と国別モニタリング 服部浩幸(UNICEFカンボジア事務所教育チーフ/元UNICEFニューヨーク本部)
12/13(月) JICAの高等教育・技術教育協力(広域地域協力を含む):東南アジアの事例 梅宮直樹(JICA人間開発部高等・技術教育チーム課長)
12/16(木) SDGとSDG4:持続可能な国際教育開発・協力とは? 北村友人(東京大学大学院教育学研究科教授/元UNESCOパリ本部)
12/20(月) UNESCOの教育部門業務:ベトナムの事例 松本俊之(UNESCOハノイ事務所/元UNESCOバンコク事務所)
1/13(木) ADBの教育部門プログラム/プロジェクト業務:南アジア・東アジア地域 田島英介(ADB東アジア地域局主席社会開発スペシャリスト)
1/17(月) 国際NGOによる教育協力:コロナ禍における教育支援ーネパールの事例を中心に 三宅隆史(教育協力NGOネットワーク(JNNE)事務局長/シャンティ国際ボランティア会ネパール事務所長)
1/20(木) 総括と今後の展望(国際機関の業務とキャリア形成) 廣里恭史

(※講義予定は9月29日現在。変更になる可能性があります。)

【対象】大学生、大学院生、一般

受講料

・一般の方 45,000円
・上智大学学部生・大学院生、上智大学短期大学部生、助産学専攻科生
 ※研究生、科目等履修生、聴講生は除く 23,000円
・学校法人上智学院が設置する学校の卒業生 41,000円
・上智大学及び上智大学短期大学部後援会会員及び2親等内の親族 36,000円

受講登録の流れ

受講申込期間 9月27日(月)~11月17日(水)
上記申込期間中に以下の申込サイトにて「バンコク国際機関実務者養成コース申込フォーム」に必要事項を入力し、申込を完了してください。
申込みサイト https://business.form-mailer.jp/lp/75d52e1a153825
※定員数(50人)に達した段階で募集を締め切ります。
11月10日(水)以降に受講料振込依頼書を申込書にご記載の住所あてにお送りします。所定の期限内に依頼書に記載されている受講料を本学銀行口座へお振込みください。
受講料入金の確認後に講座受講証をメールにて送付いたします。

【受講にあたってのお願い】

ホームページまたは、申込サイトに掲載されている受講規約の内容をご確認の上、お申込みください。
オンライン講座を受講する際に以下の環境が必要となりますので、ご自身でご負担ください。
機器: PC、タブレット、スマートフォン、ヘッドセットなど
ネット環境 :Wifi、スマートフォンのテザリングなど

(※お申込に際し、「受講規約」ならびに「個人情報の保護」について、以下↓(クリック)必ずご確認ください。)
「受講規約」ならびに「個人情報の保護」について

PAGE TOP