<人類学・歴史学班>SIAS/KIAS-CNRS Joint Seminar(2021年2月19日(金) オンラインミーティング)

イスラーム研究センター人類学・歴史学班は、以下の通り、京都大学拠点(KIAS)およびフランス国立社会調査センター社会・宗教・ライシテ班との共催によるワークショップをオンラインで行いました。当該研究会はセミクローズドで実施され、KIASが主に企画を担当しました。

日時:2021年2月5日(金)18:00~20:00(仏時間10:00~12:00)
場所:オンライン開催

プログラム
Chair: Alexandre Papas (CNRS-CETOBAC/EHESS-PSL)
Presentation 1: HOMMA Ryusei (Kyoto University) “Traditionalist ʿUlamā and Sufism in Colonial South Asia: Ashraf ʿAlī Thānavī’s Conception of Waḥda al-Wujūd and his Logic of Defending Ibn ʿArabī”
Presentation 2: Muhammad TOUSEEF (CNRS-GSRL-EPHE/EHESS/CETOBAC-PSL) “Sufi Ritual of Bayʿa at the Dargah of Chishtiyya ʿUbaydiyya Silsila in Multan, Pakistan”
Presentation 3: HARA Rikuro (Kyoto University) “Ḥanbalī School and Sufism: Ibn Qayyim al-Jawzīya and His Time”
Closing Remarks: TONAGA Yasushi (Kyoto University)


*本研究会は、大学共同利用機関法人 人間文化研究機構ネットワーク型基幹研究プロジェクト地域研究推進事業「現代中東地域研究」京都大学拠点および上智大学拠点、科学研究費補助金(基盤研究(A))「イスラーム神秘主義の構造的理解:スーフィズム・タリーカ・聖者信仰複合現象の解明」[JSPS科研費 JP16H01904]、同「イスラームおよびキリスト教の聖者・聖遺物崇敬の人類学的研究」[JSPS科研費 JP19H00564]および私立大学等経常費補助金特別補助大学間連携等による共同研究「アジア・アフリカにおける諸宗教の関係の歴史と現状」の研究成果です。
ページのトップへ戻る