<人類学・歴史学班>「スーフィズム・聖者信仰研究会」の開催(2021年1月18日(月) オンラインミーティング)

イスラーム研究センター人類学・歴史学班は、以下の通り、「スーフィズム・聖者信仰研究会」をオンラインで行いました。当該研究会はセミクローズドで実施されました。

日時:2021年1月18日(月)10:30~12:00
場所:オンライン開催

プログラム
主題:イスラームおよびキリスト教の聖者崇敬・聖遺物信仰研究の方向性についての自由討論
出席:赤堀雅幸(上智大学総合グローバル学部教授)、新井和広(慶應義塾大学商学部教授)、私市正年(上智大学名誉教授)、小牧幸代(高崎経済大学地域政策学部教授)、寺田勇文(上智大学名誉教授)、藤原久仁子(甲子園大学栄養学部准教授)、二ツ山達朗(香川大学経済学部准教授)、三代川寛子(東京外国語大学世界言語社会教育センター特任講師)、安田慎(高崎経済大学地域政策学部准教授)

*本研究会は、大学共同利用機関法人 人間文化研究機構ネットワーク型基幹研究プロジェクト地域研究推進事業「現代中東地域研究」京都大学拠点および上智大学拠点、科学研究費補助金(基盤研究(A))「イスラーム神秘主義の構造的理解:スーフィズム・タリーカ・聖者信仰複合現象の解明」[JSPS科研費 JP16H01904]、同「イスラームおよびキリスト教の聖者・聖遺物崇敬の人類学的研究」[JSPS科研費 JP19H00564]および私立大学等経常費補助金特別補助大学間連携等による共同研究「アジア・アフリカにおける諸宗教の関係の歴史と現状」の研究成果です。
ページのトップへ戻る