成果公開

講演

上智大学研究機構イスラーム研究センター主催連続講演会
「イスラームおよびキリスト教における崇敬の人類学:一神教の聖者たち、聖人たち」
(Sophia Open Research Weeks 2020連携) 一斉再配信 2月1日~21日 終了

poster

ウェブ上で実施した本連続講演会は、上智大学研究機構の下にある研究所、センター、研究プロジェクトなどがその研究成果を広く学生や学外の方々に向けて公開する催しであるSORW (Sophia Open Research Weeks)の企画の一環として、上智大学イスラーム研究センター(SIAS)が推進する研究プロジェクトの研究分担者が担当して、その研究の一端をお伝えするべく、2020年11月16日から12月21日まで5回の講演動画を順次公開しました。

おかげさまで、開催期間中に2,000を上回るアクセス(IPアドレスにより判定したユーザ数750余)が本ページに対してあり、国内の他、エジプト、チュニジア、トルコ、米独などなど9ヵ国からもご覧いただけたようです。その後、動画の見逃し配信の御希望が複数寄せられましたので、各講演者のご了解を得て、 2021年2月1日から21日 まで全動画の一斉公開を実施いたします。

【プログラム】   【お問い合わせ先】

イスラームおよびキリスト教における崇敬の人類学:一神教の聖者たち、聖人たち
Four (+ One) Lectures on Anthropology of Saint Veneration in Islam and Christianity

【プログラム】
各回の動画のサムネイル(縮小写真)のみ参考までに残しています。

第0回 赤堀雅幸(上智大学総合グローバル学部教授/イスラーム研究センター長)
「イスラームおよびキリスト教の聖者・聖人崇敬概説」
〈参考〉第0回「イスラームおよびキリスト教の聖者・聖人崇敬概説」読書案内
〈質問と回答〉

第1回 二ツ山達朗(香川大学経済学部准教授)
「神とムスリムを介する聖者・聖遺物・聖木:チュニジアの事例から」
〈質問と回答〉

第2回 赤堀雅幸
「聖者の末裔部族:エジプト西部砂漠における聖性外来の論理」
〈質問と回答〉

第3回 藤原久仁子(甲子園大学栄養学部准教授)
「聖像も外出禁止:ロックダウン下におけるマルタ島カトリックの新たな日常」
〈質問と回答〉

第4回 12月14日(月) 安田慎(高崎経済大学地域政策学部准教授)
「聖者に仮託する人生:シリアにおけるサイイダ・ザイナブ廟とカルバラーの人びと」
〈質問と回答〉


【お問い合わせ先】
上智大学イスラーム研究センター:ias-iac@sophia.ac.jp
(スパムメール対策のために@を全角表記しています。ご了承ください。)
*本講演会は、大学共同利用機関法人 人間文化研究機構ネットワーク型基幹研究プロジェクト地域研究推進事業「現代中東地域研究」、科学研究費補助金(基盤研究(A))「イスラームおよびキリスト教の聖者・聖遺物崇敬の人類学的研究」[JSPS科研費 JP19H00564]および私立大学等経常費補助金特別補助大学間連携等による共同研究「アジア・アフリカにおける諸宗教の関係の歴史と現状」の研究成果です。

成果公開

  • ジャウィ文書研究会アーカイブ
  • 上智大学・早稲田大学共同研究 アジア・アフリカにおける諸宗教の関係の歴史と現状
  • 上智大学 イスラーム地域研究(2015)
  • 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
  • 国立民族学博物館現代中東地域研究拠点
  • 東京外国語大学拠点
  • 京都大学拠点
  • 秋田大学拠点
  • 早稲田大学 イスラーム地域研究機構
ページのトップへ戻る