1-4 上智大学 グローバル

データで見る上智

上智大学 グローバル

1-4-1 スーパーグローバル大学創成支援事業 進捗状況

2014年、本学は文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援事業(タイプB)」に採択された。「多層的ハブ機能を有するグローバルキャンパスの創成と支援ガバナンスの確立」を構想に掲げ、これまでの実績を基に、新たな教育プログラムの開発や学生交流の促進、内なる国際化の推進、ガバナンス改革における先導的試行への挑戦を通じて、他の大学、ひいては日本社会のグローバル化を牽引できる存在となることを目指している。本構想計画の多くは、本学の長期計画「グランド・レイアウト」で推進するグローバル化やガバナンス改革の具体的なアクションプランと重なるものである。
本事業の成果指標には、全採択大学共通の指標と各大学が個別に設定する指標がある。共通指標には教職員のグローバル化に関わる数値、留学生の派遣・受入数、外国語による授業数などがあり、大学独自の指標にはダブル・ディグリー、海外大学院特別進学制度の締結数、海外の高校との連携校(海外指定校)数などがある。
主な数値の進捗状況は以下のとおり。
※以下のグラフにおいて、2023年度の数値は本事業構想における目標値。

・外国籍、外国大学学位取得、在外教育研究歴を有する教員数
学部学科・研究科では長期計画「グランド・レイアウト」に則った中期的な人事計画に基づき、外国籍教員、海外で学位を取得した、あるいは海外で一定期間の教育研究歴を有する日本人教員の採用を積極的に行っており、研究・教育にかかわる国際的な実績、評価を考慮した採用の必要性について、全学的な共通認識が定着している。2019年度の実績値(割合)では既に最終年度の目標値を上回っており、順調に推移している。

・外国語による授業科目数・割合(通年)
最終目標値を科目数では上回り、割合でも近い数値となっており、順調に推移している。単なる語学力だけでなく、外国語で思考し表現することができる人材の育成を目指す考え方が学内に広く浸透し、且つこれらの科目を積極的に受講する学生が着実に増加している。

・日本人学生に占める留学経験者の割合(通年)
本事業採択以降、実施している留学カウンセリングや、交換留学協定校の着実な増加、海外短期プログラムやインターンシップ科目の拡充によって数値は増えており、2019年度は1,000人となった。今後は2019年度から導入したセメスター・クォーター併用制も活用し、外部機関によるプログラムを適切に単位認定できる制度の構築や、これまで留学に関心のなかった学生層を取り込むプログラムの検討などが課題となっている。
※日本国籍を有している正規学生数(全学生数)のうち、単位取得を伴う留学を経験した学生の数を示す(留学期間は問わない)。

・全学生に占める外国人留学生の割合(通年)
交換留学協定校の拡充のほか、本事業採択以降に改編したサマーセッション・プログラムや、中国・太平洋州を主な対象とした短期受入プログラム、日本の最新情勢、環境問題等を扱うカスタマイズ型プログラムの拡充を進めた結果、年間を通じた留学生の受入数は高い水準を維持している。
※外国人留学生のうち、在留資格が「留学」の数に加え、「留学」の在留資格を有さない短期留学生等の数も含む。

・大学間協定に基づく留学生数
交換留学協定校は毎年約20校のペースで拡大しており、2019年度末までに59カ国322校に達した。受入数は2019年度の中間目標値を大きく上回り、派遣数はやや下回ったものの順調に推移している。協定校の地域別内訳は欧米が約7割を占めるが、その他の地域も増えており、これにしたがって学生交流の地域も多様化している。

1-4-2 派遣交換留学生数

本学が協定を締結している海外の大学への派遣留学生数および地域別の推移を示している。2019年度、派遣交換留学生数は343名で、在外履修43名を加えた386名が留学した。地域ではアジアへの留学が微増となったが、各地域への派遣分布に大きな変化はない。また、従来よりも派遣学生の所属学部が多様化し、2019年度は法、経済学部の派遣が増加した。
大学の世界展開力強化事業による中南米との学生交流(LAP)での派遣は最終年度を迎え、中南米への派遣も順調に推移した。また、2015年度の外国語学部ドイツ語学科に加え、ドイツ文学科もドイツ語圏の協定校に半年間留学する在外履修制度を開始し、引き続きヨーロッパへの派遣者数が増加した。一方、北米も人気の高い留学先で、2011年度以降は毎年100人を超える学生を派遣している。
新型コロナウイルスの影響により、2019年度後半に留学を開始した学生の多くが、期間短縮を余儀なくされた。2020年度以降も渡航制限と安全管理の観点から、留学への影響が予想される。

1-4-3 協定校からの受入留学生数

本学が協定を締結している海外の大学からの受入留学生数および地域別の推移を示している。協定校数の増加に比例して、受入留学生数も年々増加している(2011年の落ち込みは同年3月の東日本大震災による影響)。特に、2015年度に外国語学部ドイツ語学科で開始された在外履修制度により、ドイツ語圏からの受入が拡大している他、東欧や中欧を中心に新規協定校が増えていることから、ヨーロッパからの受入学生数の増加が著しい。また、文部科学省補助事業「大学の世界展開力強化事業」に採択されたSAIMS(ASEAN 地域 、2013年度採択)、LAP(中南米、2015年度採択)による交流促進の効果もあり、これらの地域からの留学生受入が継続している他、アフリカや中近東等、これまで受入のなかった多様な地域からの学生受入を実現している。

1-4-4 交換留学・学術交流協定校数

本学では、海外大学との交換留学・学術交流を推進するため、協定校の拡大に積極的に取り組んでおり、2012年以降、協定校数は毎年 20~30校のペースで急増している。この動きに伴い、交換留学の受入数、派遣数ともに増加傾向にあり、直近5年間では全体の9割以上の協定校と交流実績があり、年間350~500名の規模で相互に交換留学生の受入と派遣を行っている。
地域別にみると、近年では、特に、ヨーロッパとアジアで協定校が増えている。ヨーロッパ地域では、2015年度に開始した外国語学部ドイツ語学科の在外履修制度に向けてドイツ語圏で多くの新たな協定校が加わったほか、東欧や中欧など、まだ提携のない国で協定校を積極的に開拓した結果、学生にとって留学先の選択の幅が大きく広がった。また、アジアにおいては、2014年から実施している東南アジアへの 1 学期留学(SAIMS)のために協定校を増やし、さらに中国でも多くの新規協定を締結したため、大幅な増加に繋がった。

1-4-5 外国籍学生数

2011年度の東日本大震災による留学取り止めの影響により一時的な減少が見られたが、この年度を除くと増加傾向にあり、2014年度以降は前年度と比して大幅に増加している。
国籍の属する地域ごとに見ると、アジアからの留学生数は、10 年前と比較すると3倍以上に伸びている。また、アジアほど多くはないものの、ヨーロッパや中南米、アフリカからの留学生数も、この10年で大幅に増加している。

1-4-6 語学科目受講者数

2012年度に一般外国語教育センターから言語教育研究センター(CLER)に改組し、語学カリキュラムの整備を行ってきた。2014年度からは、それまでの18言語にスワヒリ語、トルコ語、ベトナム語、ヒンディー語の4言語を加えて全 22言語を開講している。
ここではカリキュラム体系の整備が落ち着いた2016年度以降のデータを示した。
英語の履修者数は入学者数に左右されるが、ここ数年、入学時点でCEFR B2レベルの学生が増加しており、必修英語を履修せず、単位換算する学生が増えたことも影響している。また2019年度のイタリア語科目の履修者の減少は、週1回科目から週2回科目へのカリキュラムの変更に伴うもので、延べ人数で比較すると、履修者は微増する。初習言語では、ドイツ語、フランス語、イスパニア語、イタリア語、中国語、コリア語の履修者が多いが、アラビア語、インドネシア語をはじめとするアジア・アフリカ諸語の受講者数が一定数いるのも特徴である。
※短期語学・集中科目除く 

1-4-7 インターンシッププログラム

上智大学では、2015年より、本学と協定を結んだ実習先でインターンシップ(就業体験)をし、事前・事後の講義受講や課題提出を行うことで単位を付与するインターンシップ科目を実施している。本科目では学生が就業体験を通して、グローバル社会の構造と実態を理解すること、社会で必要とされるコンピテンシーを向上すること、また大学における学修と実体験を結び付けることで、学びの深化と学習意欲向上に繋げることを目的としている。実習先は国内・海外にまたがり、グローバルビジネス分野(グローバル企業等)、国際協力分野(国際機関、国際協力団体など)、グローバル・メディア分野(報道機関など)、グローバル・ポリティクス分野(在日大使館、研究機関等)と多岐にわたり、実習先の数も年々拡大している。

1-4-8 海外短期プログラム参加者数

夏期・春期休暇中に行われるプログラムの参加者数推移を、全体数と地域別にまとめたものである。2019年度は、プログラム新設等により、ヨーロッパや東南アジアへの渡航人数が増加している。なお、2015年度開始のアフリカでの実践型プログラムも着実に人数が増加しており、夏にカメルーン、春に南アフリカと2回開催し、過去最大の計28名が参加した。全体としても、2019年度は過去最多の学生が海外短期プログラムに参加したが、春期休暇中(2020年2-3月)は新型コロナウイルスの影響により、一部のプログラムでキャンセルや期間短縮を余儀なくされた。2020年度以降も渡航制限と安全管理の観点から、プログラム運営への影響が予想される。
※海外短期語学講座、海外短期研修、実践型プログラムの参加者総数。
※2016年度以降は「カンボジア・エクスポージャーツアー(現「カンボジア・サービスラーニング・プログラム」参加者数を含む。
※2017年度の「イエズス会・東アジア5大学グローバルリーダーシップ・プログラム(GLP)」は本学がホスト大学となり日本にて開催された。
 6名の本学学生がプログラムに参加したが、上記には含まない。
※2018年度の「AJCU-AP サービスラーニングプログラム(SLP)」は本学がホスト大学となり日本にて開催された。9名の本学学生がプロ グラムに参加したが、上記には含まない。

1-4-9 短期受入プログラム参加者数

本学では、留学生短期受入プログラムとして50年以上にわたり「Summer Session in Asian Studies」を開講し、多くの留学生を集めてきた。2018年度より開講形態を一部変更し、「Summer Session in East Asian Studies and Japanese language」として6月と7月の2回開講している。
短期プログラム全体では10の受入プログラムに約700名の学生が参加した。

※ 2018年度より「Summer Session in Asian Studies」と「Summer Session in Japanese Studies」は 「 Summer Session in East Asian Studies and Japanese language」に変更。