ドキュメンタリー映画上映会+トークの集いを開催

・上映タイトル 『テニアンからブラジルへ-二度の戦争を生き残った沖縄の移民』
・日時:2014年12月13日(土)13:30~16:30(13:00開場)
・会場:上智大学四谷キャンパス図書館8階 L-821室

<プログラム>
・開場(13:00)
・開会挨拶(琉球大学・野入直美)(13:30~35)
・監督挨拶(翁長巳酉監督)(13:35~14:00)
・上映会(14:00~15:00)
・監督+上江洲さんのトーク(15:15~16:00)
・質疑(16:00~16:30)
・閉会

・お申込み(要予約)・お問合せ先
先科研事務局:email hidden; JavaScript is required
※会場の都合上、予約制とさせていただきます。

上智大学大学院国際関係論専攻教員の蘭信三先生が代表を務める共同研究班「20世紀東アジアをめぐる人の移動と社会統合」の科学研究費補助金研究(A)の一環として、ドキュメンタリー映画「テニアンからブラジルへ-二度の戦争を生き残った沖縄の移民―」の上映会と、翁長巳酉監督・主人公の上江洲清さんのトークの集いを開催いたします。

この映画は、テニアンで生まれ、戦火の中を沖縄に引き揚げ、沖縄戦を体験し、戦後にブラジル移民をして、さらに日本にデカセギに来た上江洲清さんというひとりの男性の前半生を描いたもので、戦前、戦中、戦後のすべての時期に及ぶきわめて多岐にわたる移民と越境の経験、それらと戦争とのかかわりなどを考える上で、示唆に富んだ内容となっています。
(ただし映画そのものは前篇となっており、戦後のブラジル移民については含まれていません)

141213翁長巳酉『テニアンからブラジルへ』上映会ポスター