1836

Bem-vindos ao Departamento de Estudos Luso-Brasileiros!

上智大学外国語学部
ポルトガル語学科
ネーヴェス マウロ

 ポルトガル語学科へようこそ!

 上智大学外国語学部ポルトガル語学科は、1964年、ブラジル人のヴェンデリーノ・ローシャイタ神父が中心となり正式に設立されました。母体となったのは、ブラジルへの日本人移民に関わる人材育成のため、1959年に設立されたポルトガル・ブラジルセンター(そのセンターは、2008 年4 月に名称を変更しポルトガル語圏研究所となりました。そして翌年4 月、イベロアメリカ研究所と統合しました)です。

 多くの日本人、ポルトガル人、ブラジル人教員が学科を発展させ、努力を重ねてきました。また長い歴史の間には多くのイエスズ会の神父が教壇に立ち、キリスト教精神に基づく「他者のために、他者と共に」を理念に、人間らしく厳しく学生たちをポルトガル語の世界に誘い育ててきました。その理念は、今も受け継がれています。

 ポルトガル語圏は、ポルトガル、ブラジル、アフリカの5ヶ国、東ティモールとポルトガル人が大航海時代を通してポルトガル文化を持ち込んだその他の地域に広がっています。英語以外にポルトガル語だけが5大陸で話されている言語になっていることも、そのポルトガル人の探検魂の結果です。

 ポルトガル語学科は、2014年に発足50周年を迎えました。開設された1964年は、東京でオリンピックが開催された年です。一方、同年にはブラジルで軍部によるクーデターが起こり、21年も継続した軍政がスタートしました。更に、同年にはポルトガルが益々アフリカ(アンゴラ、モザンビーク等)における独立戦争に巻き込まれ、独裁体制が崩れ始めたとも言えます。

 あれから50年以上が経ち、世界は新型コロナウイルスのパンデミックに直面し、授業の教え方もだいぶ変わりました。今の世界におけるボーダー(国境だけではなく、様々な意味で)が地域によって厳しくコントロールされているにもかかわらず、インターネットの普及が進み、一つの国に一つの言語と一つの文化という時代ではなくなりました。そうした時代に一つの言語を学ぶということは、ただ単に言葉を学ぶだけではなく、異文化のルーツを持つ人間同士の心を一つにする橋を架けるということです。当学科で勉強するということは、その橋を架ける力になることに違いないと私たち教員全員が確信しています。

 魅力的な言葉であるポルトガル語を学んでみませんか。きっと運命(Fado)を変えるチャンスになると信じております。