<< トップページに戻る

担当教員紹介

准教授

福武慎太郎 (ふくたけ・しんたろう)

[専門地域] 東南アジア、とくに東ティモール、インドネシア
[専門分野] 文化人類学、国際協力論、NGO研究
[担当科目] ■2014年度
アジアの環境と開発、演習(アジア研究B)1 2、卒業論文・卒業研究I II


■全学共通科目・外国語科目
東南アジア研究入門II

[プロフィール] ティモール島の南テトゥン社会という、東ティモールとインドネシアの国境をこえてひろがる母系出自・妻方居住を採用する社会での調査をおこなっています。1999年9月、東ティモールがインドネシアから正式に独立することが決まったとき、他の地域と同様、南テトゥン社会の人びとも紛争を経験し、戦火を逃れるために避難しました。この地域の人びとが東ティモールの独立をどのように経験したのか、そして難民経験や紛争後の和解の問題など、どのように経験してきたのか研究しています。
[主な出版物] 辰巳慎太郎「開発を翻訳する─東ティモールにおける住民参加型プロジェクトを事例に」信田敏宏、真崎克彦編『東南アジア・南アジア開発の人類学』明石書店、2009年

辰巳慎太郎「略奪婚─ティモール南テトゥン社会における暴力と和解に関する一考察」『文化人類学』第72巻1号、2007年

金敬黙、福武慎太郎、多田透、山田裕史編『国際協力NGOのフロンティア』明石書店、2007年