紀要(Journal)

Journal #12 (1994)

論文/Article

Takayuki Tatsumi “Literacy, Literality, Literature: The Rise of Cultural Aristocracy in “The Murder in the Rue Morgue”)
(巽 孝之 「識字・字義・文学-「モルグ街の殺人」における文化貴族の形成」)


Tunde Adeleke “Primacy of ‘Condition': The Moral Suasion Debate among Afro-Americans in the 1830s”
(タンデ・アデレーケ 「はじめに「経済状態」ありき-1830年代におけるアフリカ系アメリカ人の間での道義的説得をめぐる論争」)


Richard A. Hawkins “The Hawaiian Economy in the 1930s: The Successful Adjustment of an American Territory to the Great Depression”
(リチャード・A・ホーキンス 「1930年代のハワイ経済-ある『アメリカ領』による大恐慌への対応の成功例-」)


Haruya Anami Thirteen Days Thirty Years After: ‘Robert Kennedy and the Cuban Missile Crisis’ Revisited”
(阿南 東也 「30年目の『13日間』-「ロバート・ケネディとキューバ・ミサイル危機」再訪」)


Nobuaki Suyama “State Autonomy and Canadian Immigration Policy”
(陶山 宣明 「国家の自律性とカナダの移民政策」)

CiNii

CiNii