調査・研究

<人類学・歴史学班>「スーフィズム・聖者信仰研究会」(2019年7月7日(日)上智大学)

 イスラーム研究センターは、以下の通り、2019年7月7日、「スーフィズム・聖者信仰研究会」を行います。

 本研究会は、科学研究費補助金・基盤研究(A)「イスラーム神秘主義の構造的理解-スーフィズム・タリーカ・聖者信仰複合現象の解明」、科学研究費補助金・基盤研究(A)「イスラームおよびキリスト教の聖者・聖遺物崇敬の人類学的研究」、京都大学イスラーム地域研究センター(「現代中東地域研究」京都大学拠点)、上智大学イスラーム研究センター(「現代中東地域研究」上智大学拠点)、京都大学ケナン・リファーイー・スーフィズム研究センターの主催によるものです。

 

【日時】2019年7月7日(日) 13:30~17:30
【場所】上智大学四谷キャンパス 2号館6階2-603(総合グローバル学部会議室)
【プログラム】
発表者 (発表題仮題):
赤堀雅幸(上智大学) 「趣旨説明」
私市正年(順天堂大学) 「イスラーム聖者の概念の多様性と展開:マグリブ史の文脈から」
赤堀雅幸(上智大学) 「イスラームにおける聖者崇敬研究理論化への見通し」
小牧幸代(高崎経済大学) 「イスラームにおける聖遺物崇敬研究の理論化に向けて」
藤原久仁子(甲子園大学) 「カトリックにおける聖人崇敬研究の射程」


ページのトップへ戻る