成果公開

 

<人類学・歴史学班>「スーフィズム・聖者信仰研究会」 のお知らせ(2019年3月17日(日)上智大学)

 イスラーム研究センターは、以下の通り、2019年3月17日、「スーフィズム・聖者信仰研究会」を行います。

 本研究会は、科学研究費補助金・基盤研究(B)「地中海周辺地域における聖者・聖遺物崇敬の人類学的研究」 、科学研究費補助金・基盤研究(A)「イスラーム神秘主義の構造的理解-スーフィズム・タリーカ・聖者信仰複合現象の解明」、 上智大学イスラーム研究センター(「現代中東地域研究」上智大学拠点) 、京都大学イスラーム地域研究センター(「現代中東地域研究」京都大学拠点、) 、京都大学ケナン・リファーイー・スーフィズム研究センターの主催によるものです。

 

【日時】2019年3月17日(日)13:00-18:00
【場所】上智大学四谷キャンパス 2号館6階2-603(総合グローバル学部会議室)
【発表者】井上貴恵、今松泰、高橋圭、中西竜也、丸山大介

【プログラム】
13:00-13:10 丸山大介(防衛大学校)「趣旨説明―タリーカ論構築に向けた覚書―」
13:10-13:50 井上貴恵(お茶の水女子大学)「スーフィー教団における教義の敬称―霊的継承者の役割について―」
13:50-14:30 今松泰(京都大学)「オスマン朝下のタリーカ」
14:30-14:45 休憩
14:45-15:25 中西竜也(京都大学)「中国のタリーカ概念」
15:25-16:05 高橋圭(上智大学)「近現代における『教団』としてのタリーカ―民衆性・社会性に注目しながら」
16:05-16:45 丸山大介「スーダンにおけるタリーカ概念」
16:45-17:00 休憩
17:00-18:00 総合討論

なお、研究会終了後に2019年度の研究展開、各研究プロジェクトの相互連携について議論する時間を取る予定です。

 

成果公開

  • ジャウィ文書研究会アーカイブ
  • 上智大学・早稲田大学共同研究 アジア・アフリカにおける諸宗教の関係の歴史と現状
  • 上智大学 イスラーム地域研究(2015)
  • 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
  • 国立民族学博物館現代中東地域研究拠点
  • 東京外国語大学拠点
  • 京都大学拠点
  • 秋田大学拠点
  • 早稲田大学 イスラーム地域研究機構
ページのトップへ戻る