調査・研究

「アイモン・クレール氏講演会(Lecture by Prof. Aymon Kreil)」(2019年2月27日(水)上智大学)

上智大学イスラーム研究センターでは、エジプトで人類学研究を行ってきたアイモン・クレール氏(ゲント大学)をお招きし研究会を開催いたします。
2011年のエジプト革命以降の流れも踏まえ、革命の中心地となったタハリール広場他よりも、むしろそれらに隣接した周辺空間での人々の営みに目を向け、宗教間関係を含む分断や協働の構図について、お話しいただく予定です。ご関心のある皆様のご参加をお待ちしております。

【日時 Date】
2019年2月27日(水)17時30分~19時30分
27 February 2019, Wednesday 17:30-19:30
【場所 Venue】
上智大学四谷キャンパス2号館7階、730会議室
(会場の位置・経路の詳細については、以下をご参照ください)
https://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya.html
7th floor, Bulding No.2, Yotsuya Campus, Sophia University
https://www.sophia.ac.jp/eng/info/access/map/map_yotsuya.html

【研究会プログラム Programme】
講演:アイモン・クレール氏(Aymon Kreil, Ghent University)
「In the Shade of the Square: Revolutionary Cairo Out-Of-Field」

コメンテーター:竹村和朗氏(日本学術振興会/東京外国語大学)
Commentator: TAKEMURA Kazuaki, Japan Society for the Promotion of Science/Tokyo University of Foreign Studies

【言語】英語(English):通訳なし

【発表要旨 Abstract】
The 2011 uprising in Egypt and the two following years of political unrest triggered a lot of media attention. Most scrutiny went to the places where demonstrators gathered and where the main clashes occurred with the police and the military. In Cairo, Tahrir Square in 2011 and 2013 and Rabia Adawiyya Square in 2013 were the two major stages of revolutionary mobilizations. By contrast, this presentation invites to focus on what happened at the margins of the events of 2011-2013. Often, only few blocks away from huge demonstrations, people carried on with their daily tasks almost as if nothing was happening. In Gilles Deleuze’s conceptualization of the “out-of-field” (hors-champ) in cinema, on which this presentation draws, he distinguishes between “frames” (cadres) and “masks” (masques): frames build up pictures whose parameters are enclosed in themselves and refer in priority to other pictures scattered over the duration of time; masks show an image which is only a delimited parcel of the surrounding space. This presentation, echoing a research on strategies to maintain everyday routines in a narrow street of Cairo during that period, argues that the squares on which the demonstrations took place acted as frames of revolutionary history obscuring the space around them in which demands of normalization created favorable conditions for the authoritarian take-over of 2013. These findings have general methodological implication, on which this presentation concludes: that it is crucial to report on what is happening in the vicinity of violent events, whether political or sectarian, to be able to account for it.

【お問い合わせ先】ias-iac@sophia.ac.jp(@を半角に置き換えて下さい)

【主催】上智大学イスラーム研究センター
上智大学学術研究特別推進費(重点領域研究)「イスラームとキリスト教他諸宗教の対立・交流・融和の地域間比較研究」)
NIHU地域研究推進事業「現代中東地域研究」上智大学拠点
【共催】科学研究費補助金(基盤研究(A))「イスラーム・ジェンダー学構築のための基礎的総合的研究」(代表:長沢栄治)


調査・研究

  • ジャウィ文書研究会アーカイブ
  • 上智大学・早稲田大学共同研究 アジア・アフリカにおける諸宗教の関係の歴史と現状
  • 上智大学 イスラーム地域研究(2015)
  • 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
  • 国立民族学博物館現代中東地域研究拠点
  • 東京外国語大学拠点
  • 京都大学拠点
  • 秋田大学拠点
  • 早稲田大学 イスラーム地域研究機構
ページのトップへ戻る