調査・研究

ナイル・グリーン氏講演会 "From Sufi Establishment to Salafi Reform: Reflections on Writing a History of Sufism"(2018年12月6日(木)京都大学)

2018年度報告

イスラーム研究センターは、京都大学ケナン・リファーイー・スーフィズム研究センターと共催して、著書Sufism: A Global Historyで高名なナイル・グリーン(Nile Green)氏をアメリカ・カルフォルニア大学ロサンゼルス校よりお迎えし、講演会を開催いたします。

【日時】2018年12月6日(木)15時~17時
【場所】京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階第一講義室(AA401)
    地図: 以下のリンク先の地図をご参照ください。
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf
上のリンク先にある地図では「34」の建物が総合研究2号館になります。



発表要旨:Over the past century, the humanistic appeal of the mystical poetry and theosophical teachings of the Sufis has won them many admirers outside the dar al-islam. Yet in the same period, Sufi Islam has increasingly been rejected by Salafis and other Muslim reformists. These developments are easier to understand when we take a historical approach that takes account of the social, political and ethnographic dimensions of Sufi Islam, including the rise of Sufis to the position of a ‘religious establishment.’ Ranging from India to the Middle East, this illustrated lecture outlines basic conceptual principles that help us to understand the socio-political functions of the Sufis that contributed to their ascendancy no less than their loss of power.


なお、本講演会は京都大学ケナン・リファーイー・スーフィズム研究センター(KR)、京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)、上智大学イスラーム研究センター(SIAS)、科学研究費補助金・基盤研究(A)「イスラーム神秘主義の構造的理解-スーフィズム・タリーカ・聖者信仰複合現象の解明」、科学研究費補助金・基盤研究(B)「地中海周辺地域における聖者・聖遺物崇敬の人類学的研究」の共催により開催されます。



調査・研究

  • 上智大学・早稲田大学共同研究 アジア・アフリカにおける諸宗教の関係の歴史と現状
  • 上智大学 イスラーム地域研究(2015)
  • 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
  • 国立民族学博物館現代中東地域研究拠点
  • 東京外国語大学拠点
  • 京都大学拠点
  • 秋田大学拠点
  • 早稲田大学 イスラーム地域研究機構
ページのトップへ戻る