成果公開

研究発表

WOCMES Seville 2018(Fifth World Congress for Middle Eastern Studies)での研究発表(2018年7月16日(月)~22日(日)セビーリャ)

 イスラーム研究センターは、スペインのセビーリャ大学で開催されるWOCMES Seville 2018(Fifth World Congress for Middle Eastern Studies)において、以下の三つのセッションを組織し、拠点構成員等が研究発表を行います。

《PA-187》 Religious Practices Using Commodities in Consumer Societies.
【オーガナイザー】二ツ山 達朗(平安女学院大学)
【日時】2018年7月18日(水)17時00分~19時00分
【場所】セビーリャ大学111室
【座長】二ツ山 達朗(平安女学院大学)
【研究発表】
近藤文哉(上智大学):Mawlids and “Mawlid Sweets” in Contemporary Egypt: Festivities beyond a Specific Time and Space.
二ツ山達朗(平安女学院大学):Qur’ānic Commodities in Ordinary Muslims’Space: Focusing on Interior Ornaments and Calendars in Tunisia'
小牧幸代(高崎経済大学):The Cult of Islamic Relics and the Religious Goods in Contemporary India
藤原久仁子(甲子園大学):Holy Water for a Subtle Flavor in Cooking and Relationships: Dimensions of Daily Consumption of Religious Materials in Catholic Malta

《PA-241》 Visits to Saintly Places in the Age of Globalization
【オーガナイザー】赤堀雅幸(上智大学)
【日時】2018年7月19日(木)14時30分~16時30分
【場所】セビーリャ大学120室
【座長】安田慎(高崎経済大学)
【研究発表】
山本健介(京都大学):Revitalizing Holy Places and Urban Society in Nostalgia: Collective Pilgrimage Campaign to Al-Aqsa Mosque and Socio-economic Dynamics of Jerusalem
東長靖(京都大学):Theoretical Basis for the Visit to the Saints’ Places in the Islamic Thought
安田慎(高崎経済大学):Remembrance at Holy Places: Religious Capital and Shi’ite Religious Places in Syria in the Era of Crisis
三代川寛子(東京外国語大学):The Discovery of the Pilgrim City of Abu Mena and the Revival of St Menas Veneration


《上記2つのパネル発表は、下記の研究事業の成果としてなされます》

・NIHU地域研究推進事業「現代中東地域研究」上智大学・京都大学拠点
・科学研究費補助金(基盤研究(B))「地中海周辺域における聖者・聖遺物崇敬の人類学的研究」
・科学研究費補助金(基盤研究(A))「イスラーム神秘主義の構造的理解-スーフィズム・タリーカ・聖者信仰複合現象の解明」
・京都大学ケナン・リファーイー・スーフィズム研究センター
・上智大学学術研究特別推進費(重点領域研究)「イスラームとキリスト教他諸宗教の対立・交流・融和の地域間比較研究」


《PA-339》 A Reconsideration of Public Spheres from a Grass-root Perspective– Historical and Contemporary Approaches
【オーガナイザー】岩崎えり奈(上智大学)
【日時】2018年7月20日(金)17時00分~19時00分
【場所】セビーリャ大学111室
【座長】岩崎えり奈(上智大学)
【研究発表】
稲葉奈々子(上智大学):Post-colonial Social movements in France
吉村武典(大東文化大学):The Urban Life, Public Sphere and Its Concept in the Muslim Cities: an Analysis of Sabir-Kuttabs in Historic Cairo
私市正年(上智大学):The Zawiya as an Asylum in Medieval Maghreb – A Reconsideration of the Public Sphere within an Islamic Context
北澤義之(京都産業大学):Diwan as a Public Space in Jordan, Case Sstudy in Northern Jordan
岡戸真幸(上智大学):Upper Egyptian Migrant Workers in the City Making Their Own Place in a Traditional Coffee Shop
深見奈緒子(日本学術振興会カイロ研究連絡センター):Changing Borders of Public and Private Spaces in Cairo - The Case of Souq al-Silah

《上記のパネル発表は、下記の研究事業の成果としてなされます》

・NIHU地域研究推進事業「現代中東地域研究」上智大学拠点
・上智大学学術研究特別推進費(重点領域研究)「イスラームとキリスト教他諸宗教の対立・交流・融和の地域間比較研究」




成果公開

  • 上智大学・早稲田大学共同研究 アジア・アフリカにおける諸宗教の関係の歴史と現状
  • 上智大学 イスラーム地域研究(2015)
  • 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
  • 国立民族学博物館現代中東地域研究拠点
  • 東京外国語大学拠点
  • 京都大学拠点
  • 秋田大学拠点
  • 早稲田大学 イスラーム地域研究機構
ページのトップへ戻る