成果公開

東文研セミナー "Oriental Studies in Bosnia-Herzegovina"

 NIHU地域研究推進事業「現代中東地域研究」イスラーム研究センター拠点では、東洋文化研究所班研究「ペルシア語文化圏研究」との共催で、サライエヴォ大学のAhmed Zildzic先生を講師にお招きし、東文研セミナーを開催します。
 オスマン帝国下で多言語的・多宗教的な文化空間が栄えたサライェヴォの地で、その遺産と向き合いながら、どのような形で"Oriental Studies"が展開されているかをお話しいただきます。
 オスマン帝国研究、ペルシア語文化圏研究、そしてZildzic先生がイブン・アラビー学派研究(ボスナヴィー)で数々の業績をお持ちであることからイスラーム神秘主義・神秘哲学などに関心をお持ちの多くの方にとって興味深い会になるものと思われます。また、今後のサライェヴォの同僚との共同研究企画のよい機会になるかとも思われます。皆さまのご参加をお待ちしています。

【日時】2018年4月13日(金)17:30-19:00
【場所】東京大学東洋文化研究所第一会議室(304号室)(東京都文京区本郷)
【プログラム】
17:30-19:00 Ahmed Zildzic (Associate Professor, University of Sarajevo)
“Constants and Variables in Contemporary Oriental Studies in Bosnia-Herzegovina” (in English)
【要旨】
Established in the middle of XX century, two primary institutions for scholarly research in the fields of Oriental Philology and Ottoman History, namely Oriental Institute in Sarajevo and Faculty of Philosophy of Sarajevo University are approaching their seventieth anniversary. The presenter will offer an overview of their academic position and significance within former Yugoslavia and present-day Bosnia and Herzegovina scholarly tradition, their past and present achievements, the challenges they face, current research trends, and share thoughts about prospect research developments.


参加自由、事前登録不要。
連絡先:森本一夫(東京大学 東洋文化研究所准教授/「現代中東地域研究」上智大学拠点 研究分担者)
morikazu@ioc.u-tokyo.ac.jp※スパムメール対策のため、アットマークを全角にしてあります。

【主催】
NIHU地域研究推進事業「現代中東地域研究」上智大学イスラーム研究センター拠点
NIHU地域研究推進事業「現代中東地域研究」京都大学イスラーム地域研究センター拠点
東洋文化研究所班研究「ペルシア語文化圏研究」
科学研究費補助金(基盤研究(B))「地中海周辺域における聖者・聖遺物崇敬の人類学的研究」
上智大学学術研究特別推進費(重点領域研究)「イスラームとキリスト教他諸宗教の対立・交流・融和の地域間比較研究」
Association for the Study of Persianate Societies, Japan Office (Gilas Lecture Series) 

成果公開

  • 上智大学・早稲田大学共同研究 アジア・アフリカにおける諸宗教の関係の歴史と現状
  • 上智大学 イスラーム地域研究(2015)
  • 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
  • 国立民族学博物館現代中東地域研究拠点
  • 東京外国語大学拠点
  • 京都大学拠点
  • 秋田大学拠点
  • 早稲田大学 イスラーム地域研究機構
ページのトップへ戻る