本専攻の理念は各自の個別研究を通して、ドイツ語圏の文学が持つ豊かな思想性、内面性を、ヨーロッパの歴史的、文化的な文脈の中で理解し、流動化する現代の諸事情の中で生き抜いていく指針を見いだすことです。

この理念に従って研究に従事することで、柔軟な知性と幅広い人格を備え、社会・文化の発展に貢献しうる人材を養成することが本専攻の目指すところです。博士前期課程では、大学院 での学習・研究活動の基本要件である高度なドイツ語力、歴史を視野に入れた専門知識、学問的方法論の修得を目指します。各指導教授と相談しながら修士論文に向けて研究テーマを決め、中間発表会での発表を経て、修士論文を執筆します。なお、在学初年度に卒業論文を短くまとめたもの、あるいは修士論文に向けての研究の一部を院生自身の編集による機関誌『STUFE』に発表することができます。

博士後期課程では各自が設定したテーマを指導教授の指導のもとで研究し、自立した研究者になるために必要な力を養います。研究成果を披露し、さまざまな批評や助言を得るために、雑誌『STUFE』を発行しています。この『STUFE』には、在学初年度に修士論文を短くまとめたものを掲載し、後期在学中に再度、新たなテーマで論文を発表することになっています。また各種学会で積極的に研究発表を行うなど、研究者としての力を涵養しながら、課程博士論文(後期課程修了後3年以内)を書くことを目指します。そのために修了時には、今後の研究課題について修了報告を行うことが義務付けられています。





ドイツ語圏への留学

博士前期課程在学中に交換留学制度を利用したり、奨学金などを得て留学する大学院生も多く、ドイツ語圏での学問の方法を積極的に吸収しています。ワイマール古典主義財団の奨学金でワイマールに2カ月間研究滞在できる制度もあります。




ヨーロッパ研究所と連携

ヨーロッパ研究所では、講演会、自作朗読会、映画上映、さまざまなテーマに関するシンポジウムなどが開催され、大学院生たちは、それらの催しに参加することで、学問上の刺激を得ることができます。




諸分野での活躍の可能性

最近は博士前期課程を修了し、就職する人が大部分ですが、大学院で得た学識を生かし、公務員、教員、コンピューター関連の会社、出版社、民間の研究所、調査機関などさまざまな分野で活躍しています。また博士課程後期を修了した人たちの多くは、ドイツ文学研究、ドイツ語教育の分野で活躍しています。
※「大学院修了生15人の今」(2018年版)


他の大学院との連携

早稲田大学大学院文学研究科ドイツ語ドイツ文学コースの授業科目を履修し、単位を取得することができます。


修了生の最近の主な研究テーマ

■『ファウスト』におけるメフィストフェレスの機能
■ J.G. ヘルダーにおける感覚論と芸術論の融合
■ ワーグナー『ニーベルングの指輪』における神々と〈愛の欠如〉の関係
■ E.T.A. ホフマンの作品における現実認識の多重性
■ リルケの芸術事物とその閉じた構造
■ シーボルトの日本人像
■ エリアス・カネッティの『眩暈』における小説批判
■ ミヒャエル・エンデにおける著者・作品・読者の関係
■ 現代ドイツ児童演劇における多様性教育について
■ ファウスト・モチーフの映画への受容


教員・研究分野

教授 佐藤 朋之[ ドイツ・ロマン派]授業や研究指導のテーマとしては、ロマン派の文学・思想と音楽、舞台芸術(バレエ、オペラ)、美術との結びつき、メルヒェン(ノヴァーリス、ティーク、E.T.A. ホフマン、グリム兄弟)、近代自然科学の成立、大学やミュージアムなど知識の制度化など
教授 髙橋 明彦[ゲーテからニーチェへ] 『ファウスト』もしくは『ツァラトゥストラ』に関する最新の研究文献を読みながら、現代における受容を考察する。演習テーマ例:ゲーテとヴァレリーのファウスト像
教授 メヒティルド・ドゥッペル[日独比較文学・文化] 文学に描かれているカルチャー・コンタクト(文化接触)を主な研究テーマとし、インターカルチュラル文学や文芸批評、文学賞について考察
教授 中井 真之[ 18世紀文学 ]ゲーテ、ヘルダー、F.H. ヤコービなどの18 世紀ドイツ文学・思想。スピノザ主義の当時における受容を主要な研究対象とする
教授 中村 朝子[ ドイツ語現代詩]P・ツェランら20世紀を中心としたドイツ語叙情詩を深く読み込むことで、その今日的意義について考察する。演習テーマ例:リルケの『オルフォイスによせるソネット』
教授 三輪 玲子[演劇学](文化交渉学専攻) 日独演劇学、ドラマトゥルギー、文化交渉学により動態としての文化を考察する
准教授 クリスティアン・ツェムザウアー[オーストリア現代文学] 20世紀のオーストリアにおける文学と政治の関係、文学における言葉の新たな形成などの問題を考察

 


Subjects

大学院生も発表できる学術雑誌

文学研究科ドイツ文学専攻では研究業績を大学院STUFE刊行委員会が発行する『STUFE』 に前期課程院生は1回、後期課程院生は2回以上発表することを推奨しています。


FAQ
ドイツ文学専攻の大学院入試説明会はこちら をご覧ください。(随時更新)

 Q 上智大学大学院のドイツ文学専攻にはどんな特色がありますか?

A 本専攻科の教育カリキュラムは、文学作品を徹底的に読み込むことを主眼としています。EU圏においていよいよ重要度を高めているドイツ語ですが、今日、ヨーロッパの政治や経済、そして文化のあらゆる局面で、語られ、読まれているテキスト群は、ドイツの豊かな言語文化の伝統を背景にしています。ドイツ語圏のみならずヨーロッパの〈教養〉の根幹を形作るドイツ文学を専門的に研究することは、現代の多様な社会・文化現象を深く理解するための、歴史的視野を獲得することにつながります。創立以来、ドイツ語圏の大学や研究機関と密接な関係をもつ本専攻科は、大学院生に対して、授業以外でもさまざまな形で、ドイツ語圏の文化現象に親しみ、これを学ぶ可能性を提供しています。また、文学のみならず、ドイツの音楽や美術に関しても深く学ぶことができるよう、カリキュラムが組み立てられています。

Q 大学院でドイツ文学を学ぶことにはどんな意味がありますか?

A 大学に入学後ドイツ語を学び始めた学生の場合、せっかく習得した語学力を十分に開花させる前に卒業を迎えることがしばしばです。大学院に進学することではじめて、ドイツ語・ドイツ文学の精髄に触れることができるといっても過言ではありません。大学院では、さまざまな時代の文学あるいは芸術分野の専門研究者である教員、そして、他の大学院生との交わりをとおして、単に語学力を高め、多様な知識を獲得するに留まらず、〈学問〉をするという優れて創造的な精神態度を体得することができるでしょう。

Q 入学後はどのように勉強をするのですか?

A 博士前期課程では、専任およぶ非常勤スタッフが開講している「原典・専門文献研究」の受講がカリキュラムの中心となります(大学院開講科目のシラバスは こちら をご覧下さい)。また、学部や他専攻科の開講科目の履修によって、広範な専門知識を習得することができます。そして入学後に各自の関心領域にしたがって決定される指導教員と密接に連絡をとりながら、2年から3年をかけて「修士論文」を執筆します。論文の審査に合格すると、「修士(文学)」の学位が与えられます。博士後期課程では、各自がさらに研究を深化させ、「博士論文」の執筆の準備を行います。その過程では、学内外の学会・研究会に参加し、他の若い研究者たちと切磋琢磨しながら、次世代を担うゲルマニストとしての研鑽を積んでいくことになります。

Q 入学試験はどういう形式で行われますか? 過去問は入手できますか?

A 一般入試の場合、ドイツ語の読解と作文の能力、英語の基本的な読解力、そしてドイツ文学史の知識を問う筆記試験が9月と2月に実施されます。これまでの出題の傾向などについては、過去の入試問題を参考にすることができます。 こちら で、過去問の入手方法をご案内しています。また筆記試験とあわせて口頭試問が行われますが、大学院入学後に自分が何を学びたいのか、関心領域を簡潔に説明できるとよいでしょう。

Q 受験にあたってはどんな準備をすればよいですか?

A 一般入試に合格するにはドイツ語中級レベル以上の語学力が必要です。ドイツ語の勉強には、横山靖『独文解釈の秘訣──大学入試問題の徹底的研究(1・2)』(郁文堂)といったドイツ語問題集が参考になります。文学史については、ドイツ文学の大まかな流れを把握するとともに、それぞれの時代、代表的な作家とその作品、文学ジャンルなどについて簡潔に説明することのできる広範な知識が必要です。柴田翔編著『はじめて学ぶドイツ文学史』(ミネルヴァ書房)、藤本淳雄他著『ドイツ文学史』(東京大学出版会)などが参考になります。また、ドイツ語で書かれた文学史教科書(たとえばAbiturのための参考書)を手元に置き、各自が関心を持った時代や作家について、ドイツ語による記述をあわせて読むならば、語学と文学史を同時に学ぶことができるでしょう。その他、受験のための勉強の詳細についてはご相談下さい。

Q 社会人対象の入試はありますか?

A 大学卒業後、一定期間が経過しているなど、所定の条件を満たした方々には、一般入試とは別の形式・試験問題での「社会人入試」の可能性が開かれています。いったん実社会に出て活躍されたのちに、再び学問を志す方々の場合、豊富な人生経験をお持ちであり、またモチベーションが非常に高いということもあって、本専攻科としては積極的に受け入れを行っています。詳しくは こちら をご覧いただいた上、直接お問い合わせ下さい。。

Q 上智大学以外の学部学生・卒業生が、入試にあたって不利になることはありませんか?

A 上智大学の卒業生と他大学の出身者、また卒業年次を区別することは、まったくありません。

Q 大学ではドイツ文学以外の分野を専攻したのですが、入学は可能でしょうか?

A 学部(または大学院)で、ドイツ文学以外の分野を学んでこられた方は、より広い視野をもってドイツ文学にアプローチすることができることから、本専攻科ではその点を高く評価し、積極的に受け入れています。

Q 大学院で奨学金を受けることができますか?

A 大学院生の多くは、 日本学生支援機構 の奨学金(貸与)を受けています。また上智大学独自のものとして、経済的困難のある学生を対象に、学費の全額、半額、3分の1相当額のいずれかが給付される「上智大学大学院新入生奨学金」等の奨学金制度が整備されています。その他の奨学金情報とあわせて こちら をご参照下さい。

Q 大学院在学中に留学することはできますか?

A 上智大学はドイツ語圏にも多数の交換留学協定校をもち、毎年多くの留学生を派遣しています。(詳しくは こちら をご覧下さい。)ドイツおよびオーストリアの大学では、目下、私費留学生の受け入れに厳しい制限を設けている場合が多く、交換留学の制度を利用することで、スムーズに留学手続きを進めることができます。博士前期課程在学中に留学する場合、1年間、協定校に正規の大学生として在籍するのが一般的です。その期間に、文献資料を収集し、また留学先のゼミナールや講義を通じてゲルマニスティーク研究の現状を身をもって知ることで、帰国後の修士論文の執筆に備えることが望まれます。もちろん、学外の留学制度、たとえば「 ドイツ学術交流会DAAD 」の奨学金を獲得する可能性もあります。留学先で取得した単位は、一定の基準に従って、本学の単位として認定されます。

Q 修了後の進路にはどういうものがありますか?

A 多くの本学修了生が、全国各地の私立・国公立大学で、ドイツ語やドイツ文学の教職に就き、教育・研究に従事しています。しかし残念なことに、大学におけるドイツ語専門のポストは、年々少なくなっているのが現状です。また高等学校などでのドイツ語講師の職も、その数に限りがあります。そのため、大学院生の大多数は、博士前期課程の修了後、一般企業や公務員職、あるいは(英語や社会科などドイツ語以外の科目になりますが)中学校・高等学校での教職(在学中に取得可能な「教育職員専修免許状」については こちら をご参照下さい)に就き、それぞれの職場において、本専攻科で身につけた語学力や専門知識を直接的間接的に生かす道を選んでいます。もちろん、困難にもかかわらず、博士後期課程に進み、ドイツ語学・ドイツ文学の専門研究者となることを志す学生に対しては、教員はできるかぎりの支援を行っています。

Copyright (C) 2012 Sophia University. All Rights Reserved.