ドイツ文学科とは

総合的なドイツ語能力を習得しながら、ドイツ語圏の文学と文化を学びます。専門科目を通じて、ドイツ・オーストリア・スイス・チェコなどヨーロッパ中央域の、多様で複雑な歴史と文化に関する理解を深めるとともに、テクストの読解に必要な論理的思考能力、想像力を育みます。異なる文化について考察することは、現在の日本と自分自身のあり方を問い直すきっかけにもなるでしょう。本学科では、ドイツ語の学習とドイツ語圏の文学・文化の研究を通じて、世界と人間に対する柔軟かつ鋭い洞察力を培い、高度な言語表現力を身に付けた人材を育成することを目指しています。

カリキュラムの特徴・履修科目

1〜2年次は、ドイツ語の学習に多くの時間をかけ、「読む・書く・聞く・話す」力を総合的に身に付けると同時に、ドイツ文学の基礎的な知識・考え方を学びます。3〜4年次には、「文献演習」(学科科目A群)を通して詩、小説、演劇等の文学作品を講読します。また学科科目B群「ドイツ文学研究」「ドイツ文化研究」「ドイツ語学研究」において、ドイツ語圏の文学、文化、言語について体系的かつ多面的に学びます。さらに、学科科目C群では関連する他学科の科目を学びます。4年次には、それまで積み上げてきた語学力とドイツ文学・文化の知識や研究方法を活用し、卒業論文を作成します。

科目紹介

ドイツ文学入門(1年次)

中世から現代まで、ドイツ文学がどのような変遷をたどってきたかを、歴史的文化的背景を踏まえながら具体的な作品に即して学びます。

ドイツ文学研究基礎(2年次)

ドイツ文学・文化研究を行うのに必要な基礎的知識、テクスト解釈のテクニック、レポートや論文の作成方法などを実践的に学びます。

ドイツ文化・思想史(34年次)

ドイツ語圏の文化・思想の歴史的変遷を、ヨーロッパ全体を視野に入れつつ概観します。哲学・文学・美術・音楽・映画、また日常生活など、さまざまな文化現象をネイティヴ教員のもとで具体的に学んでいきます。

ドイツ文学研究系列(34年次)

中世から現代までのドイツ文学を、個別の作家、特定のテーマに即して具体的に学んでいきます。この系列に属する授業を複数履修することによって、ドイツの精神文化の特質に迫ると同時に、文学研究に対する問題意識を養います。

ドイツ文化研究系列(34年次)

演劇・音楽・美術・映画など、文学以外の芸術領域、またスイスやオーストリアの歴史や文化、日独比較文化論について学びます。この科目群を通じてドイツ語圏文化の多様性と深さに触れることができます。

ドイツ語学研究系列(24年次)

会話・作文の演習によってドイツ語の運用能力をさらに高め、翻訳・通訳などの異言語間交流について実践的に学びながら、異文化理解を深めていきます。ドイツ語の教職課程に必要な科目も含まれています。

ドイツ現代文化論(3年次)

現代のドイツについてのさまざまな問題を、ドイツ語ネイティヴの教員とともに考えながら、ドイツ語によるプレゼンテーション能力を身につけます。また日・独両国文化の共通点と相違点を見極め、相互理解に資するための理論的・実践的基盤を構築します。

文献演習(34年次)

詩・小説・戯曲・エッセイなどさまざまなジャンルの文学テクストをドイツ語で読みながら、文学的言語表現の豊かさを味わいます。作品が生まれた歴史的・文化的背景を学び、またどのような作品解釈の可能性があるかをゼミ形式で探求していきます。

教員・研究分野

教授 佐藤 朋之 ロマン主義の文学と芸術、同時代の自然科学
教授 高橋 明彦 ゲーテ、ニーチェなどの研究を通じ、ドイツ文学の古典的作品を読解
教授 メヒティルド・ドゥッペル 日独比較文学・文化
教授 中井 真之 ゲーテにおけるスピノザ主義・ヤコービおよびドイツの文芸論史
教授 中村 朝子 20世紀を中心としたドイツ叙情詩
教授 三輪 玲子 ドイツ現代演劇
准教授 クリスティアン・ツェムザウアー ドイツおよびオーストリアの現代文学・文化

Topics

 ドイツ文学科の3〜4年次専門科目群「ドイツ文化研究系列」では、文学と密接な関係にある演劇、映画、音楽、美術など、ドイツ語圏の芸術について深く掘り下げます。たとえば演劇の授業では、ドイツ語圏の戯曲の原作を読み、その来日公演や邦訳の舞台を鑑賞します。演劇は戯曲という文学作品と舞台表現の総合芸術ですから、1〜2年次で鍛えたドイツ語力で原文を読み解きながら、ライブ・パフォーマンスを体験、あるいは舞台上演の映像資料を鑑賞することによって、演劇作品の芸術性を理性と感性でとらえていくことができます。また、原語のドイツ語の響きで味わう本場の舞台と、翻訳されて「日本」というフィルターを通して舞台化される作品とでは、おのずと解釈や演出も異なることから、双方の文化・社会背景の相違点に気づかされることも少なくありません。 ドイツ語を学ぶことは、ドイツ語圏のあらゆる文化表現の理解へと通じているのです。

 

FAQ

Q1: 今までドイツ語の勉強をしたことがないのですが。
A1: 入学時にドイツ語の知識は全く必要ありません。1・2年次ともに日本人教員とネイティブ教員が協力して週9時間徹底的に指導し、ドイツ語の基礎的な運用能力を総合的に身に付けます。ドイツ語既習者には、その人に合った履修指導を個別に行います。
Q2: ドイツ文学科とドイツ語学科はどのように違いますか。
A2: ドイツ文学科が対象とする研究領域は文学・思想・文化・芸術で、それを歴史的・時間的な視点のもとにとらえます。ドイツ語学科では文化や社会構造を、主として同時代的な視点から考察していきます。

 

Copyright (C) 2012 Sophia University. All Rights Reserved.