HOME > 調査・研究助成

調査・研究助成

 

国際関係論専攻では助成金制度があります。

助成金は国際関係論専攻に所属する大学院生が、調査研究を行う際の旅費交通費や資料費について
助成をするものです。

<助成対象>
国際関係論専攻博士前期課程・後期課程の2年生以下の学生

<助成金額>
1件あたり20万円を上限とし、書類審査にて決定する


<申請方法>
専攻事務室まで申請書類を請求またはこちらよりダウンロードし、提出。


<選考課程>
研究目的、研究計画、研究予算の妥当性と合目的性を重視して選考を行う。
助成の対象には、書籍資料に基づく研究や調査地でのデータ取得のための調査などが含まれる。

<受給者の義務>
調査・研究終了後、すみやかに以下のものを提出すること。
経費(旅費、宿泊費、書籍資料購入費、複写費など)の領収書。
博物館、資料館、図書館等を利用した場合は、その利用を証明する書類など。
調査・研究の記録書類。資料収集した場合、収集した資料の明細。インタビューなどは、その記録。
調査・研究終了後3ヶ月以内にA4デフォルト2枚以内の調査・研究報告書
(調査・研究によって、何をどこまで明らかにしたかを記すこと)。

さらに、グローバル・スタディーズ研究科でも、研究科による助成金制度があります。

(グローバル・スタディーズ研究科研究助成金)
http://dept.sophia.ac.jp/g/gs/study_resource/research_support_cat/gsgs/

また上智大学の奨学金制度につきましては、上智大学公式HPをご参照ください。
(上智大学 奨学金情報)
http://www.sophia.ac.jp/jpn/studentlife/scholarship