教育方針

アドミッションポリシー

[博士前期課程]

本課程では、戦争を防止し、自由で民主的なグローバル社会を築き、ますます悪化する地球環境において、地球の安全と人々の安全を実現しようとする確固たる研究関心、ならびにグローバル貢献の強い意志をもつ学生を求めています。

[博士後期課程]

本課程では、グローバル化が進展する今日、グローバル社会、グローバル政治、そしてグローバル経済の諸問題の研究をとおして、今日の国際社会が直面する諸問題の解決に積極的に貢献できるような研究能力と学識をもつ学生を求めています。

カリキュラムポリシー

[博士前期課程]

本課程では,ディプロマ・ポリシーの達成を目的とした二つの科目群により,以下の趣旨を盛り込んだ科目によってカリキュラムを編成しています。

1.     本課程では,学際的視点と比較の視点を修得すべく,国際政治・比較政治系と国際社会・国際協力系の履修群を二本柱とし,各群から一定の単位を修得し,国際関係論を体系的かつ幅広く研究することを目指している。

2.   国際政治・比較政治系では,国際関係論,国際政治学,比較政治学,平和研究,安全保障など国民国家の安全保障に関連する研究を行う。国際社会・国際協力系では国際経済学,国際社会学・比較社会学,国際協力論など国民国家の枠を超えて,人の安全保障に関連する研究を行う。

3. 国際関係論の理論や先行研究理解を踏まえ,独自の問題関心にしたがい,国際社会が直面する諸問題に関する問題意識が明確かつテーマ設定が適切で,国際関係論およびその関連領域の知識の向上に寄与できるような修士論文の作成に取り組ませる。

4. 修士課程での研究の発展を促すために,1人の学生を主指導教員と副指導教員の複数指導体制によって研究指導を行う。複数の教員の指導によって幅広い知識と視野を得て,学生が独自の研究を円滑に進めることが出来る指導体制とする。

[博士後期課程]

本課程では,ディプロマ・ポリシーに沿って,個別研究の独創性と学術的貢献についての認識を深め,学術上の研究成果をあげるよう,以下の趣旨を盛り込んだ科目によってカリキュラムを編成しています。

1. 指導教員と作成した独自のカリキュラムによって研究を進め,学会での発表や学術誌への投稿を行う。そのことで専門的な知識をえるだけでなく,高度な独創性をもった独自の研究を深めていく。

2. 本課程では,学際的な研究を遂行できるように複数の専門領域を学ぶことを学生に期待しており,博士論文の第一段階は,国際関係論で開設されている二科目を選択して受験する「博士論文資格試験」に合格することにより,この試験を経ることによって,複数の専門科目に関する幅広い知識と視野を得ることを目指す。

3. 博士論文の第二段階は,「博士論文計画書」を作成する。指導教員の指導によって独自に計画書の作成を進め学会での報告や学会誌への投稿を行うが,それらの研究成果に基づく具体的で体系的な博士論文の執筆計画を提出し審査される。「博士論文計画書」によって,博士論文作成は最終執筆の段階に至る。

ディプロマポリシー

[博士前期課程]

本課程では,世界平和と世界正義問題に積極的に取り組み,戦争を防止し,多様で自由な国際社会を築けるような問題関心を持ち,今日の国際社会が直面する諸問題の解決に積極的に貢献できるような研究者や専門家を養成することを目的とし,学生が修了時に身につけるべき能力や知識を次のように定めています。修了要件を満たし論文審査に合格すれば,これらを身につけた者と認め,学位を授与します。

1. 安全保障・紛争,貧困・開発,移民・難民,国際協力の在り方など国際社会が直面する諸問題に関する問題意識が明確かつテーマ設定が適切で,国際関係論およびその関連領域の知識の向上に寄与する力

2. 国際関係論およびその関連領域の知識を理解し,現代の国際関係の事象またはグローバル・イシューを鋭利な問題意識と批判的精神で分析し,問題解決に向けて提言する力

3. 地球環境・国際社会について幅広い問題関心を持ち,国際関係の理解に,国際政治学,国際経済学,国際社会学・比較社会学,国際協力論といった学際的な視点と,国家や社会や地域に関する比較の視点からアプローチする力

[博士後期課程]

本課程では,世界における平和と正義の問題に積極的に取り組み,戦争を防止し,多様で自由なグローバル社会を築けるような問題関心を持ち,今日の国際社会が直面する諸問題の解決に積極的に貢献できるような研究者や専門家を養成することを目的とし,学生が修了時に身につけるべき能力や知識を次のように定めています。修了要件を満たし論文審査に合格すれば,これらを身につけた者と認め,学位を授与します。

1. 問題意識が明確で,テーマ設定が適切であり,対象分野に関する新しい知見の発見,ないしは既存の知見に対する新しい解釈が提示する力

2. 自ら選んだ専攻分野における独創的かつ先端的な研究であり,自立的研究者として研究を遂行することができる能力

3.  論文の主要部分が学術雑誌などに出版,あるいは提出されている能力



学位論文審査基準

[博士前期課程]

1)   問題意識が明確で,テーマ設定が適切であり,国際関係論およびその関連領域の知識の向上に寄与していること。

2)   先行研究が十分に検討・吟味されており,出典記載や引用が適切になされていること。

3)   論文構成が的確で,論理展開に整合性と一貫性があること。

4)   論文の言語表現が的確で,目次・註・付録(図表・資料・参考文献表など)に関する体裁が整っていること。

[博士後期課程]

1)   問題意識が明確で,テーマ設定が適切であり,対象分野に関する新しい知見の発見,ないしは既存の知見に対する新しい解釈が提示されていること。

2)   先行研究が網羅的に検討・吟味されており,出典記載や引用が適切になされていること。

3)   論文構成が的確で,論理展開に整合性と一貫性があること。

4)   論文の言語表現が的確で,目次・註・付録(図表・資料・参考文献表など)に関する体裁が整っていること。

5)   論文の主要部分が学術雑誌などに出版されているか,あるいは掲載される水準であること。

6)   当該分野における独創的かつ先端的な研究であり,執筆者が自立的研究者として研究を遂行する能力があることを証明する研究であること。
なお,博士論文の提出については,「博士の学位授与に関する国際関係論専攻内規」を参照すること。