上智大学 大学院 グローバル・スタディーズ研究科地域研究専攻(SGPAS) Sophia University, Graduate Program in Area Studies, Graduate School of Global Studies

他の言語 お問い合わせ
  • 地域研究のアプローチ
  • 院生フィールドレポート
  • SGPAS Alumniからのメッセージ

概要 「地域」の視点からグローバル・イシューに挑む。

 上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科地域研究専攻は、「地域」の視点から、「グローバル・イシュー」と呼ばれる地球規模の諸課題——国際協力、貧困、開発、宗教、紛争、テロリズム、難民、地球環境問題など——に取り組む研究を目指しています。特定の一地域の事情通になるのではなく、学際的な幅広い視野と、複数の言語によるコミュニケーション力を活かし、グローバル・イシューに取り組むフィールドワーカーを養成します。
 2013年度より新たにアフリカ地域、ヨーロッパ地域のスタッフを加え、従来の中東・イスラーム地域、東南アジア・南アジア地域、ラテンアメリカ地域を専門とあわせて18名のスタッフが所属しています。

お知らせ・更新情報一覧

  
大学院 地域研究専攻 入試事前説明会 お知らせNEW
2018年度春入学 2月入試に関するお知らせ
文科省事業として本学の取り組み「アフリカ地域研究文献集成」が採択されました。
2017年度大学院入学試験について(博士前期課程・後期課程) 
2016年度フィールドワーク・サポートのお知らせ
修了後の進路 更新しました。ご覧ください。
グローバル・スタディーズ研究科  2016年度春入学 2月入試に関するお知らせ 
(10月23日)地域研究専攻 主催シンポジウム 「地域研究から見る難民問題 -ビルマ(ミャンマー)の事例から-」のお知らせ 
グローバル・スタディーズ研究科 入試に関するお知らせ 
(7月1、8、15日)地域研究専攻主催ワークショップ「フィールドワークの写真術」のご案内
(7月7日)グローバル・スタディーズ研究科 入試説明会のお知らせ 
本専攻院生がFacebookをはじめました!
(6月16日)講演会「「イスラーム国」伸長の原因と展望」(講師:高岡豊氏)のお知らせ 
2015年度フィールドワーク・サポートのお知らせ 
ホームページをリニューアルしました。

過去のサイト

PAGE TOP