Sophia University. All Rights Reserved.

イスパニア語学科生の第一主専攻

イスパニア語学科の学生は、第一主専攻必修科目として、
①イスパニア語を習得するための語学科目と、②イスパニア語圏に関する基礎知識を学ぶイスパニア語圏基礎科目を履修します。

①イスパニア語語学科目

1年次

「基礎イスパニア語I」(計6単位)は、基礎的な文法を学びつつ「読む」「書く」能力の養成を中心とした「基礎イスパニア語I A-1」(春学期)「基礎イスパニア語I A-2」(秋学期)(週4コマ、4単位)と、「聞く」「話す」力を身につけることに主眼を置いた「基礎イスパニア語I B-1」(春学期)「基礎イスパニア語I B-2」(秋学期)(週2コマ、2単位)とに分かれて開講されています。両方に合格すると「基礎イスパニア語II」に進むことができます。

2年次

「基礎イスパニア語II」は、文法事項をより詳しく学びつつ、より高度な「読む」「書く」力を養成する「基礎イスパニア語II A-1」(春学期)「基礎イスパニア語II A-2」(秋学期)(週4コマ、4単位)と、より自由にイスパニア語で「聞く」「話す」ことができるようになることを目指す「基礎イスパニア語II B-1」(春学期)「基礎イスパニア語II B-2」(秋学期)(週2コマ、2単位)とに分かれています。両方に合格すると「総合イスパニア語」に進むことができます。

34年次

「話す・聞く」「読む」「読む・話す」「書く」「読む・書く」といったスキル別に毎学期7科目開講されている「総合イスパニア語」(各1単位)から、2年間で8単位を修得します。各自が強化したい分野を選択して履修し、イスパニア語の運用能力をさらに高めます。卒業するまで常にイスパニア語に触れていてほしいという考えから、4年次で最低2単位を履修するという条件があります。

②イスパニア語圏基礎科目

イスパニア語が話されている地域について知るための科目群です。「イスパニア語圏研究入門」では、イスパニア語圏についての基礎知識を得るとともに、大学で学習、研究を進めていく上で必要なリテラシー、スキルを身につけます。「西米概史」「西概史」では、どの研究コースを選択するとしても、すべての研究の前提となるイスパノアメリカとスペインの歴史を学びます。「西・西米文学史」については、なぜ文学史?と疑問に思うかもしれません。しかし、スペイン、イスパノアメリカの文学は、イスパニア語圏の文化、社会、政治などあらゆるものを写し出す鏡であることから、イスパニア語学科では伝統的に文学史の授業を必修としています。

  1年次 2年次
春学期 イスパニア語圏研究入門 西概史*
秋学期 西米概史* 西・西米文学史

*のついた科目は、イスパニア語学科生は研究コース科目として履修することはできません。