HOME > 留学制度 > 留学体験記 > Vol.11 増澤 麻梨奈さん ポルトガル語留学体験記

学科紹介

留学体験記

増澤 麻梨奈さん(ロシア)

 私は2012年2月から1年間サンクトペテルブルク国立文化芸術大学に留学しました。 サンクトペテルブルクは街全体が世界遺産に登録されており、大学近辺にも、エルミタージュ美術館をはじめ、夏の庭園、イサーク聖堂など観光スポットが多く存在しています。 大学では外国語学部に所属し、ロシア語文体論や、語彙論、通訳マナー、英露翻訳演習などをロシア人学生と一緒に履修しました。そのほか、留学生は週2回の個人レッスンが必修で、ロシア語を勉強するには良い環境だったと思います。 留学中は、2年生までに身につけたロシア語のレベルアップを第一目標とし、その手段として、ロシア語能力試験第三レベルの合格を目指しました。語学習得以外にも、ロシア文学の古典を読む、オペラ・バレエを鑑賞するなどして、ロシア文化にできるだけ触れる機会を持つように努め、また、友人の紹介により演劇のワークショップに参加したり、映画のエキストラに出演したりするユニークな体験をしました。 留学を終えて、すべての面において、自分が以前より積極的に物事に取り組めるようになったと感じています。つまり、環境が何かを与えてくれるのを待つのではなく、自分から行動を起こせば、状況を自分の理想に近づけることができると考えるようになりました。これから留学する方々も、ぜひ、いろいろなことに挑戦してほしいと思います。

↑このページのTOPへ