HOME > 留学制度 > 留学体験記 > Vol.5 李 磨美さん ドイツ語留学体験記

学科紹介

留学体験記

李 磨美さん(ドイツ)

 私はテュービンゲン大学に一年間留学しました。留学生との交流や農業ボランティア等の活動の中で、自分の語学力のなさに苦しむこともありましたが、その悔しさをバネに毎日の予習・復習を欠かさず、地道な努力を重ねたことで、ドイツ語力は大きく伸びました。最後には正規のドイツ人学生と同じテストで単位を修得することができ、大きな自信につながりました。このように飛躍できたのは、留学前にドイツ語の基礎をきちんと身につけておいたからです。ドイツ語学科の先生方の熱心なご指導に心から感謝しています。また、留学によってドイツ語が上達したのみならず、社会を見る新しい目も養われました。様々な国の人々と出会い、多様な価値観に触れたことで、世界の情勢が他人事ではなくなると共に自分が“日本人”であることを強く意識するようになりました。留学で成長した自分を社会に還元し、将来は“日本人”という立場から世界の人々に貢献できるような仕事に就きたいと考えています。

↑このページのTOPへ