page_title_europe

Universität Erfurt

Erfurt, Thüringen, Germany

University Entrance設立年:1392年
学生数:約5,700人(2013年)
学部構成:哲学部(文学科、言語学科もこの中に含まれる)、国家学部(政治・経済)、教育学部、神学部(カトリック系)

ハイデルベルク大学、ケルン大学に次いでドイツで3番目に古く、歴史と伝統を誇る大学。かのマルティン・ルターもこの大学で自由七学芸や法学を学びました。2001年にリニューアルされた図書館は、PCルームを6室備え、清潔で読書や勉強がしやすく、蔵書は60万冊にものぼり、本好きにはたまらない環境です。キャンパスには広大な芝生が広がり、夏には日光浴をする学生の姿も多くみかけられます。東京のコンクリートジャングルからは考えられないのどかさですが、S-Bahnを使えば中央駅から10分という立地の良さも魅力です。

学生寮はキャンパス内に3つ、市内に7つあります。値段や設備により様々なタイプがあり、希望を申し出れば学生局でアドバイスをしてくれます。寮を利用した場合の生活費は、1ヶ月約€500。タンデムパートナー(二つの違う母国語を話すもの同士がお互いの言語を学び助け合う)を紹介してもらえば、学生同士の交流もさらに広がり、実りの多い留学生活が送れそうです。

留学生向けドイツ語コースも充実しており、留学生は学期前に3週間の語学授業つき準備コースをとることができます。また、様々な分野の専門科目が英語で開講されているので、ドイツ語と並行して専門科目も学ぶことができます。

エアフルト(テューリンゲン州の州都)は、ドイツ語学科A先生もおススメの美しい街。物価は近年上昇傾向にありますが、ドイツはもともと比較的物価が安く、中でもエアフルトはドイツで最も住みやすい街のひとつです。この街に来てまず目に入るのが、威容を誇る荘厳な大聖堂。広々とした石畳の広場に立てば、「ドイツに来た!」と感動することでしょう。クリスマスシーズンには大聖堂を中心にクリスマスマーケットが開かれ、ひときわ美しくにぎわいます。マーケットを周りながらテューリンゲン名物のソーセージThüringerを食べるのが定番。エアフルトは、ドイツのほぼ中央に位置しているので旅行にも便利です。ゲーテやシラーが活躍したワイマール、J・S・バッハの生家や、ルターがかくまわれたヴァルトブルク城があるアイゼナハにも近く、ドイツ文学やロマン派の音楽の勉強にも格好の街です。

<ドイツ語講座の情報は以下のリンクでチェック!!>
在外履修生が在外履修先の大学で主として履修することになるドイツ語講座は、大学によって内容・期間等にばらつきがあります。
在外生自らがチェックし、申し込みの有無、費用の有無を含めきちんと確認しましょう。
Sprachzentrum

Dom und Severi