page_title_europe

Technische Universität Berlin

Berlin, Germany

TUB-Hauptgebäude07.07.2010創立: 1770年
学生数:約33.000 (2014年)
学年歴:4月~9月、10月~3月(二学期制)
専攻分野:Humanities、Mathematics and Natural Sciences、Process Sciences、Electrical Engineering and Computer Science、Transport and Mechanical Systems、Planning – Building – Environment、Economics and Management
講義の言語:ドイツ語、英語

ベルリン工科大学は、約40の研究所を持ち、ドイツで最大の規模を誇るとともに、世界に名だたる工科大学の内の一つに数えられています。
研究と教育における目を見張る成果と、数多くの優秀な卒業生の輩出、近代的なサービス重視の運営体制がこの大学を特徴付けています。
7つある学部は、工科大学にしては珍しく、自然・工学と都市計画・経済・人文社会学を組み合わせた専門分野を携えています。また、同じくベルリンにあるフンボルト大学やポツダム大学、ベルリン自由大学との単位互換も可能です。

ベルリンは人口約340万人のドイツ北東部にある国際都市。プロイセン国王のドイツ帝国建国時以来、首都として繁栄してきました。第二次世界大戦後の東西冷戦下で建設されたベルリンの壁は、1989年に崩壊するまで、東西ドイツ分断の象徴となっていました。1990年に東西ドイツが統一され、ベルリンはドイツ連邦共和国の首都として新たな歴史を刻んでいます。市内にはポツダム広場や国会議事堂など多くの名所があり、交通の便も良く、鉄道・トラム・バスで移動できます。
世界屈指の芸術都市で、美術館や映画館、劇場も多く、伝統文化と最先端の文化を体験できます。また、首都にもかかわらず、物価が比較的安いのも学生には嬉しいところです。

<ドイツ語講座の情報は以下のリンクでチェック!!>
在外履修生が在外履修先の大学で主として履修することになるドイツ語講座は、大学によって内容・期間等にばらつきがあります。
在外生自らがチェックし、申し込みの有無、費用の有無を含めきちんと確認しましょう。
Deutsch als Fremdsprache
*  ベルリン工科大学のドイツ語コースは別途費用がかかります。コース申し込みはOnlineにて。

MA17-4-07