教員紹介

  • 和泉 伸一

    Untitled 2
    ・『第2言語習得と母語習得から「言葉の学び」を考える~より良い英語学習と英語教育へのヒント~』アルク(2016)  ・『CLIL(内容言語統合型学習):上智大学外国語教育の新たなる挑戦–第3巻 授業と教材』 池田真、渡部良典との編著、上智大学出版(2016) ・『フォーカス・オン・フォームとCLILの英語授業』アルク (2016)・『CLIL(内容言語統一型学習):上智大学外国語教育の新たなる挑戦–第2巻 実践と応用』池田真、渡部良典との編著、上智大学出版 (2012)・『CLIL(内容言語統合型学習):上智大学外国語教育の新たなる挑戦–第1巻 原理と方法』 渡部良典、池田真との編著、上智大学出版(2011)・『「フォーカス・オン・フォーム」を取り入れた新しい英語教育』大修館書店(2009)・NHKテレビ「3ヶ月トピック英会話:一日丸ごと英語で話そう~意外に知らない日常表現~」(2005年4-6月号、2006年7月-9月号)NHK出版協会・その他、日本語、及び英語論文多数。                                          <続きを読む>
  • Michael Jacques (マイケル ジャックス)

    Exif_JPEG_PICTURE
    ・“Two lonely countries on the edge of Asia: Australia and Japan.” Australian Cultural History. 2010. Vol. 28/2-3. pp. 299-312. ・“Reviving Area Studies via Australian Studies: Looking out from Japanese Universities to a Globalising World.” Thinking Australian Studies. University of Queensland Press, 2004. pp. 116-135.<続きを読む>
  • Kenneth G. Okimoto (ケネス オキモト)

    オキモト ケネス
    ・New Horizon 1, New Horizon 2, New Horizon 3 東京書籍・ジュニアプログレッシブ英和辞典 小学館・ジュニアプログレッシブ和英辞典 小学館・Various papers on filmmakers and contemporary American writers<続きを読む>
  • 小塩 和人

    小塩 和人
    個人用ウェブサイトhttp://pweb.cc.sophia.ac.jp/oshio/ 主な著書・『水の環境史』玉川大学出版部、2003年(日本生命財団出版助成、日本アメリカ学会清水博賞)・『豊かさと環境』(共編)ミネルヴァ書房、2006年・『アメリカ・カナダ』(共編)朝倉書店、2006年・『アメリカ史研究入門』(共著)山川出版社、2009年・『越境する60年代』(共著)彩流社、2012年・『アメリカ環境史』上智大学出版、2014年<続きを読む>
  • 坂本 光代

    Sakamoto2018
    ・坂本光代 (2011).「カナダにおける外国籍児童生徒の就学への対応:在トロント日系新移住者を事例として」 江原裕美(編)『国際移動と教育』(302-318頁) 東京:明石出版.・Sakamoto, M. & Taylor, S. K. (eds.) (2009). Special Issue: Overcoming micro (school-based) and macro (societal) level constraints in the development of bilingualism and multilingualism. International Journal of Bilingual Education and Bilingualism 12 (3). ・Sakamoto, M. (2006). “Balancing L1 maintenance and L2 learning: Experiential narratives of Japanese immigrant families in Canada.” In K. Kondo-Brown (ed.) Heritage Language Development: Focus on East Asian Immigrants (pp. 33-56), John Benjamin Blackwell.  <続きを読む>
  • 東郷 公德

    東郷 公德
    ・『シェイクスピアは楽しい』(上智大学出版、2005)<続きを読む>
  • John Williams (ジョン ウィリアムズ)

    ウィリアムズ ジョン
    個人用ウェブサイト等/Otherswww.100meterfilms.com 主な著書、他/PublicationsFeature films: as Writer and Director・Firefly Dreams (Ichiban Utsukushi Natsu) 2001・Starfish Hotel 2006 ・Sado Tempest 2012  Feature Films and Shorts: as Producer・Megumi, documentary, Dir. Mirjam Van Veelen, 2005・Miyagino, Feature Film, Dir. Tatsuji Yamazaki, 2006・Otosan no Tabako, Short Film, Director Shohei Shiozaki, 2007・Akane Iro no Yakusoku, Feature Film, Director Shohei Shiozaki, 2012<続きを読む>
  • Lisa Fairbrother (リサ フェアブラザー)

    フェアブラザー リサ
    個人用ウェブサイト等/Othershttp://sophia.academia.edu/LisaFairbrother 主な著書/Publications Fairbrother, L., M. Sloboda & J. Nekvapil (Eds.) (2018). The language management approach: A special focus on research methodology. Frankfurt am Main: Peter Lang. Fairbrother, L. (2015). The ‘multiform’ linguistic, sociolinguistic and sociocultural practices of plurilingual employees in European multinationals in Japan. The Japanese Journal of Language in Society, 18(1), 162-175. Fairbrother, L. (2015). Language management in the Japanese workplace. In W. Davis & E. Ziegler (Eds.), Language planning and microlinguistics: From policy to interaction and vice versa (pp. 186-203). Basingstoke: Palgrave Macmillan. Fairbrother, L. (2015). The management of language and power in intercultural contact situations in Japan. The International Journal of the Sociology of Language, 232, 59-78. <続きを読む>
  • 北原真冬

    self-redhat (1)
    『音声学を学ぶ人のためのPraat入門』(田嶋圭一氏、田中邦佳氏と共著) ひつじ書房(2017) Voicing Effect on Vowel Duration: Corpus Analyses of Japanese Infants and Adults, and Production Data of English Learners”, Journal of the Phonetic Society of Japan, 18-1, pp.30-39, (2014) 「音韻論」鈴木良次 (編)『言語科学の百科事典』1-4章, pp. 69-90, 東京:丸善 (2006) Category structure and function of pitch accent in Tokyo Japanese, インディアナ大学ブルーミントン校 博士論文 (2001) Other:上智大学国際言語情報研究所 音声学研究室 室長<続きを読む>
  • 小川 公代

    小川 公代
    ・「『フランケンシュタイン』の幽霊ー伝承バラッドの再話として」『幻想と怪奇の英文学 2 増殖進化編』東雅夫,下楠昌哉編,(春風社,2016年) ・『文学理論をひらく』(共著、北樹社、2014年)・「アン・ラドクリフ『イタリアの惨劇』における幻想性と怪異感」、『幻想と怪奇の英文学』、下楠昌哉編、(春風社、2014年)・『イギリス文学入門』、石塚久郎責任編集、(分担執筆、三修社、2014年)・「観相学から骨相学へ―『フランケンシュタイン』における身体性」、『病と身体の英文学』(英宝社、2005年) ・”Cross-Channel Discourses of Sensibility: Madeleine de Scudery, Charlotte Lennox’s The Female Quixote (1752), and their Romantic Inheritors.” in British Romanticism in European Perspective: Into the Eurozone. Ed. Stephen Clark, Tristanne Connolly. (Palgrave Macmillan, 2015)・“Embodying Disinterest: William Godwin and Hazlitt” in Grasmere, 2013. In Selected Papers from the Wordsworth Summer Conference at Rydal Hall. Ed. Richard Gravil. (The Wordsworth Conference Foundation, 2013)<続きを読む>