教員紹介

  • アメリカの大学生と本学で合同ゼミを行いました

    IMG_6684
    7月16日と7月19日、イリノイ州立大学シカゴ校の学生11名と教員2名(Professors Karen Su, Laura Fugikawa)を本学に招いて、石井ゼミの学生16名と北米研究の合同ゼミを行いました。 テーマは「歴史の記憶」と「東アジアの安全保障」です。あらかじめ共通文献を読み、準備を行った上で、日米両国における第二次世界大戦の記憶についてディスカッションを行いました。合同ゼミに先立ち、7月14日には一緒に靖国神社の御霊祭りに行き、親睦を図りました。ディスカッションを通して、双方ともに日米両国における第二次世界大戦の記憶の差異について新たな発見がありました。記憶の形成過程を議論した上で、果たしてその差を縮めることができるのか、意見を交わしました。本学の学生にとって「プチ留学」のような密度の濃い時間となりました。  (英語学科教授 石井紀子)<続きを読む>
  • 恒例の三大学研究交流会

    7月12日(土)台風一過、恒例の三大学研究交流会が上智大学にて開かれまし た。静岡県立大学(奈倉ゼミ)愛知県立大学(渡会ゼミ)上智大学(飯島・小塩ゼ ミ) の3・4年生が研究発表を行ないました。<続きを読む>
  • Our last World Cup hopes (4)

    US football supporter
      Go USA and The Netherlands!                                                           Lisa Fairbrother    July 1st 2014 The World Cup group stage has finished and although 3 of our teams made it through to the last 16 (Nigeria, The USA and The Netherlands), Nigeria’s defeat to France leaves us with just two teams left to support: the USA and the Netherlands (the English department’s adopted team because of their high TOEFL scores, remember). Even if the Netherlands don’t make it to the final, their fans definitely deserve their own World Cup for creative headwear! Check out these outfits! I particularly like the cow on the shoulder look in this one.    And the milkmaid look here.   And <続きを読む>
  • ロヨラメリマウント大学から23名の学生が本学を訪れました!

    去る6月27日(金)、国際交流基金と米日カウンシルの招きで、ロヨラメリマウント大学から23名の学生が本学を訪れました。 杉村美紀副学長の歓迎を受けた後、本学の学生たちと昼食を共にし、少人数のグループに分かれてキャンパスツアーを体験しました。その後、米史概説や米国史特講の授業に参加し、夕方は筝曲部が歓迎の演奏、Sophia Volunteer Networkが活動発表「被災地支援」を行い、引率のカーチス・ルックス先生にる講演「Asian American Multiracial Identity and Diversity」(本学アメリカ・カナダ研究所主催)で一日を締めくくりました。  <続きを読む>
  • England already a World Cup loser (3)

    depressed England fan imagesAZ9VSFXC
    England were actually fighting two battles Lisa Fairbrother   June 24th 2014 Despite the hopes of everyone supporting them, England is now officially out of the World Cup. Even though they still have one match left to play against the leaders of Group D, Costa Rica, they have absolutely no chance of qualifying for the next stage. Although this is sad, before the tournament even began, the British press was already pretty sure that England would struggle to make it through the group stage. Why would they be so pessimistic about the chances of a team ranked 10th in the world? Why would they doubt a team that has consistently made it <続きを読む>
  • World Cup Rankings (2)

    Which department’s teams have the best chance of winning the World Cup?   Lisa Fairbrother   June 17th 2014 The World Cup is now well underway and I’m sure a lot of people around the world are already missing a good few hours’ sleep! Based on the languages spoken in the countries represented at the World Cup, I thought it might be fun to compare the departments in the Faculty of Foreign Studies and look at each department’s chances of winning. Rather than paying attention to the FIFA rankings, football fans in the UK are more likely to trust the predictions of the bookmakers (the betting shops that set the odds of <続きを読む>
  • The World Cup Begins! (1)

    Which football (soccer) teams should the English Department be supporting in the 2014 World Cup? I’m Lisa Fairbrother, Associate Professor in the Department of English Studies, and during the next month I’m going to be sharing my thoughts with you about this year’s World Cup. I’m sure some of you might be wondering why on earth I’ve been chosen as the blogger for the English Department but I assure you I have great credentials : ). Firstly, I like watching football (albeit from the comfort of my sofa at home) and, as I’m sure my husband will agree (with a sigh), I’m a very enthusiastic and vocal supporter. Secondly, I <続きを読む>
  • Go Global Japan Expoで英語学科について紹介しました!

    P1030215
    海外留学を応援するGo Global Japan Expoというイベントが12月15日に行われ、そこで上智大学もブースを設けて海外留学に関する取り組みを紹介しました。上智大学のグローバル教育センターのポスドクの上村威(うえむら・たけし)さんも大活躍!上村さんは英語学科出身で、在学中も1年間アメリカへの留学経験があります。そのおかげで英語圏に留学を希望する上智生のために良き留学相談相手となってくれています。 今回は日本全国からこのイベントに参加した高校生たちに、上智大学の留学制度の魅力を熱く語ってくれました。上村さん、本当に一日お疲れ様でした!!おかげさまで、300人近くの人たちが上智大学のブースに寄ってくださいました。 上智大学は昔からグローバル人材を育成したきた大学ですので、海外に協定校もたくさんあります!留学で世界中にお友達を作りたい、英語がもっと話せるようになりたい、国際的なフィールドの仕事に就きたい、など、夢がたくさんある人はぜひ上智大学に来てくださいね!<続きを読む>
  • 石井 紀子

    石井先生
      ・”Difficult Conversation across Religions, Race and Empires: American Women Missionaries and Japanese Christian Women during the 1930s and 1940,” The Journal of American-East Asian Relations 24:4 (2017): 373-401.・「伝道」アメリカ学会編『アメリカ文化事典』(分担執筆、丸善書店、2018年)・「東アジアのアメリカ女性宣教師とグローバル・ヒストリー」『グローバル・ヒストリーズーー「ナショナル」を越えて』(上智大学出版、2018年):217-42.・「女性宣教師と女子教育」『立教アメリカンスタディーズ』第39号(2017):103-17.・”Thoughts on Positionality,” in Trans-Pacific Japanese American Studies: Coversations on Race and Racializations, edited by Yasuko Takezawa and Gary Y. Okihiro (Honolulu: University of Hawai’i Press, 2016): 372-77.・「アメリカとカナダにおける女性史ー比較のすすめ」『北米研究入門ー「ナショナル」を問い直す』(上智大学出版、2015年):143-74.・American Women Missionaries at Kobe College, 1873-1909: New Dimentions in Gender (New York and London: Routledge, 2004).・『キリスト教のアメリカ的展開――継承と変容』(分担執筆、上智大学出版、2011年)・『女性の目からみたアメリカ史』(共訳、明石書店、2009年)・“Crossing Boundaries of Womanhood: Professionalization and American Women Missionaries’ Quest for Higher Education in Meiji Japan,” The Journal of American and Canadian Studies 19 (2001): 85-122.  <続きを読む>
  • 和泉 伸一

    Untitled 2
    ・『第2言語習得と母語習得から「言葉の学び」を考える~より良い英語学習と英語教育へのヒント~』アルク(2016)  ・『CLIL(内容言語統合型学習):上智大学外国語教育の新たなる挑戦–第3巻 授業と教材』 池田真、渡部良典との編著、上智大学出版(2016) ・『フォーカス・オン・フォームとCLILの英語授業』アルク (2016)・『CLIL(内容言語統一型学習):上智大学外国語教育の新たなる挑戦–第2巻 実践と応用』池田真、渡部良典との編著、上智大学出版 (2012)・『CLIL(内容言語統合型学習):上智大学外国語教育の新たなる挑戦–第1巻 原理と方法』 渡部良典、池田真との編著、上智大学出版(2011)・『「フォーカス・オン・フォーム」を取り入れた新しい英語教育』大修館書店(2009)・NHKテレビ「3ヶ月トピック英会話:一日丸ごと英語で話そう~意外に知らない日常表現~」(2005年4-6月号、2006年7月-9月号)NHK出版協会・その他、日本語、及び英語論文多数。                                          <続きを読む>